https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvbmV3cy9kZW1hbmQtZm9yLXZlZWFtLWJhY2t1cC1mb3ItbWljcm9zb2Z0LW9mZmljZS0zNjUtYWNjZWxlcmF0ZXMtYXMtZW50ZXJwcmlzZXMtbW92ZS10by10aGUtY2xvdWQuaHRtbCIsImhhc2giOiI2ZTBiNWIxNS1kMDM3LTQ0YzItYjBjZS00OTRiMGEwNjQ5MmQifQ

Veeam Backup for Microsoft Office 365の販売が急拡大 クラウド環境でのデータ保護への認識が高まる

  • 2万5,000社以上(230万メールボックスに相当)が、データ保護ソリューションとしてVeeam Backup for Microsoft Office 365をダウンロード
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365の2017年第4四半期における売上は、前四半期比327%増
  • Veeamのクラウド事業全体が急拡大した中、2017年のVeeam Backup for Microsoft Office 365の売上は前年比50%増を達成。またVeeam Cloud & Service Providersパートナーは1万8,000社に増加

 

Availability for Always-On Enterprise™を実現するソリューションの革新的プロバイダーであるVeeam® Software(本社:スイス、バール。以下、Veeam)は本日、Veeam Backup for Microsoft Office 365が、発売以来加速度的に売上を伸ばしていると発表しました。これまで2万5,000社以上がダウンロードしており、推定で230万人を超えるMicrosoft Office 365ユーザーが、Veeam Backup for Microsoft Office 365を利用しています。2017年第3四半期に、Veeam Backup for Microsoft Office 365の売上は前四半期比83%上昇しました。

 

2017年第4四半期には、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v1.5のリリースに伴い、売上は前四半期比327%とさらに急拡大しました。4四半期連続の大幅な伸長により、Veeamは、Office 365向けデータ保護ソリューションのマーケット・リーダーとしての地位を確立しました。

 

Microsoft Office 365が急速に普及する中、そのデータをバックアップするソリューションへのニーズが高まっています。Veeam Backup for Microsoft Office 365により、企業はMicrosoft Office 365のデータを常に管理でき、Exchange Onlineのメール・データを保護できます。加えて、企業内のメール保持に求められるコンプライアンスへの準拠も容易になります。基幹業務のクラウドへの移行を検討する企業が増加する中、クラウド環境でデータ保護とアベイラビリティを提供できるベンダーにはビジネス・チャンスが到来しており、Veeamはそのトップ・ベンダーとなっています。

 

Veeamのグローバル・クラウド・グループ担当副社長であるポール・マッテス(Paul Mattes)は次のように述べています。「クラウドならアベイラビリティとデータ保護は心配ない、と考えるのは、大きな間違いです。Microsoft Office 365をはじめとするクラウド・アプリケーションの導入が拡大する中、バックアップの責任を誰が負うのかを、ユーザー企業は明確に把握しておく必要があります。クラウド・インフラとアプリケーションのアベイラビリティに責任を負うのはSaaS事業者ですが、プラットフォーム内のデータを管理・保護するのはユーザー企業の責任です。そしてVeeamのソリューションは、ユーザーのためにあります。」

 

Veeamはマイクロソフト社の重要なパートナーとして認められているほか、Azure Stackのローンチ・パートナーにも選定されています。Veeam Backup for Microsoft Office 365により、ユーザー企業のデータ管理、エンド・ユーザーのアベイラビリティ確保、法令順守への対応を実現し、急拡大する市場が求める機能をいち早く提供しています。

 

さらに、最新のVeeam Backup for Microsoft Office 365 v1.5でマルチ・リポジトリ、マルチ・テナントといった拡張性を強化するアーキテクチャを導入したことで、大規模なOffice 365環境を一元的に保護できるようになりました。Vodafone Espana、Los Angeles County Metropolitan Transportation Authority、Fresno County Sheriff Department IT team、College Success Foundation、the City of Mairie de Versaillesはいずれも、拡張性と信頼性に優れたVeeamソリューションを活用しています。また、1万8,000社にのぼるVeeam Cloud & Service Provider(VCSP)パートナーが、サイバー攻撃、ヒューマン・エラー、停電などに備え顧客の重要なメール・データを保護するMicrosoft Office 365バックアップ・サービスを提供できるようになりました。

 

Veeamのソリューションは、ハイブリッド・メール環境でも広く利用されています。Microsoft Office 365のメール・データとオンプレミスのExchangeデータを同じソリューションでバックアップでき、保管場所もMicrosoft Azureなどのパブリック・クラウド環境とオンプレミス環境を選択できます。また、Veeam Backup for Microsoft Office 365はハイブリッド・メール環境の管理ができ、Microsoft Office 365とオンプレミスのExchangeの間でのメールボックス・データやユーザーの移動が容易になりました。

 

Veeam Backup for Microsoft Office 365は1年契約でご利用いただけるほか、割引価格が適用される2~5年の複数年契約もお選びいただけます。契約形態はユーザー1人につき1ライセンス(最低10ライセンスご購入いただく必要があります)となり、24時間365日のサポートをご利用いただけます。

 

さらに詳しい情報を、下記サイトからご入手いただけます。

Veeamエグゼクティブ・ブログ

サイバー攻撃に備えたMicrosoft Office 365のバックアップ -被害の最小化と回復の迅速化

Office 365のデータ・バックアップが必要な6つの理由

 

Veeamのグローバル・クラウド・グループ アジア太平洋および日本担当上級ディレクターであるアサンガ・ワニガタンガ(Asanga Wanigatunga)は、次のように述べています。「企業は主要なビジネス・アプリケーションをSaaSベースのプラットフォーム上へ移行しており、Microsoft Office 365の急速な普及は、この傾向を裏付けています。SaaSプラットフォームはアプリケーションと一部のインフラストラクチャについて稼動責任を負うのに対して、アプリケーション・プラットフォーム内のデータの管理と保護はユーザー企業の責任であり、Veeamのソリューションがここで役立ちます。企業は悪意や操作ミスによる重要なデータの削除を防止でき、法令順守にも対応できます。」

 

お客さまからのコメント

「Veeamによって、Microsoft Office 365データのローカルでのバックアップと復元に、24時間365日いつでも対応できます。おかげで、自社のデータを常に管理でき、法令順守の面でも安心していられます。」

Columbia Power & Water Systems社、ITマネージャーのカレン・セント・クレア(Karen St. Clair)氏

 

「Microsoftは高いアベイラビリティを実現しているものの、メールボックスの破損や消去といった事態でのデータの復元性は保証されず、不安を抱えていました。Veeam Backup for Office 365によって、ローカルでバックアップをとれるようになり、今では安心していられます。また、当社はすでに導入していたVeeamのソリューションにVeeam Backup for Microsoft Office 365を追加しましたが、何の支障もありませんでした。」

– Noble Conservation Solutions社、システム・エンジニアのジャスティン・デュラント(Justin Durrant)氏

 

「この製品を使い始めるまでは、自分のメールはたぶん安全だろうと思っていました。今は、間違いなく安全であると確信しています」

– Egelim Lojistik A.S.社、ITマネージャーのハー・タネル(Hur Taner)氏

 

パートナー(VCSP)からのコメント

「クラウドへの移行が進む中で、SaaSアプリケーションにはデータ保護が備わっていないのがふつうだということを、お客様に知っていただく必要があります。また、データ消失の恐れはこれまでと変わりませんし、そこへSaaS特有なセキュリティ上の脅威が加わります。こうした中で、さまざまなインフラやアプリを対象に、本当に必要とされるデータ保護サービスを提供するビジネス・チャンスが急拡大しており、当社はVeeam Backup for Microsoft Office 365に大いに期待しています」

– Adista社(Veeam Cloud and Service Providerパートナー)、クラウド・ソリューション・マネージャーのティエリー・シャール(Thierry Schaal)氏

 

「当社では、Microsoft Office 365ユーザーに向けたマネージド・バックアップ・サービスを、事業拡大のまたとない機会ととらえています。オンプレミス環境からクラウド環境への移行が進むにつれ、データを確実にバックアップしたいというニーズもさらに高まっています。データ保護サービスを当社が提供することで、お客様には本業に集中して取り組んでいただくことができます」

– phoenixNAP Global IT Services社(Veeam Cloud and Service Providerパートナー)、製品担当副社長のウィリアム・ベル(William Bell)氏

 

パートナー(ディストリビュータ)からのコメント

「Microsoft Office 365のデータ保護の需要は日本でも高まりつつありますが、自身が持つ機能だけではどうしても埋められない部分がでてきてしまいます。例えば、クラウドサービスであるがゆえにデータ自体を社内で管理できないことや長期保存が挙げられます。Veeam Backup for Microsoft Office 365を導入することでこれらを実現できるだけでなくコンプライアンス対策としても活用できます。

 

まだ日本では馴染みが薄くはありますがVeeam Backup for Microsoft Office 365は次期バージョンではさらにExchange Online以外のサービスのデータ保護にもいち早く拡張を予定しておりOffice 365における最先端の重要なディザスタ・リカバリ・ソリューションとなることを確信しております。

 

当社は、Veeam製品ならびにMicrosoft製品のディストリビューターとして、普及と啓蒙に努めてまいります。またVeeam製品と、Microsoftのクラウド・ソリューション・プロバイダー(CSP)プログラムを通じてMicrosoft Azure・Office365などのクラウドサービスを組み合わせた提案を行ってまいります。」

-株式会社ネットワールド、マーケティング本部長の黒川 拓生氏

 

Veeam Softwareについて

世界中の企業が、Always-On Enterprise™ すなわち24時間365日止まらないビジネス環境を実現しようとした場合に、多くの課題に直面します。Veeam®では、Availability for the Always-On Enterprise™という新たな市場を開拓し、「迅速な復元」、「データ損失の予防」、「検証済みの高い復元率」、「データの活用」、「詳細な可視性」という機能を備えた新しいソリューション、Veeam Availability Suite™により、すべてのアプリケーションおよびデータについて15分未満のRTPO™(Recovery Time and Point Objectives、目標復旧時間および目標復旧時点)の達成を可能にしました。Veeam Backup & Replication™が含まれるこのソリューションは、仮想化、ストレージ、およびクラウドといった技術を活用して最先端のデータセンター構築を可能にすると共に、時間の節約、リスクの軽減、および投資コストや運用コストの大幅な削減を両立し実現することで、Veeamのお客様の現在と将来にわたるビジネス目標達成を常にサポートします。

Veeamは2006年に設立され、現在は世界中に53,000社以上のProPartnerと282,000社を超える顧客を擁しています。スイスのバールにグローバル本社を置き、世界30か国以上に支社を開設しています。

詳細は、https://www.veeam.com/jp/またはhttps://twitter.com/veeam_japanをご参照ください。