評価版

Veeam Cloud Connect for Service Providers

No.1のクラウド・バックアップとDRaaS

シームレスなDRaaSで素早く対応

ウェビナーを見るまたはスライドをダウンロードする

お客様の方針では、ダウンタイムは一切許容されません。ITチームが障害に対応するときでも、お客様は何も心配することなく、デジタル・ライフに大きな期待を抱いています。しかし、災害復旧用にセカンダリ・サイトを構築するには、非常に多くの費用がかかります。サービス・プロバイダーなら、この問題を解決できます。

30日間無料でご利用いただける、Veeam Cloud Connect Replicationをお試しください。安全なセットアップから、Veeamユーザー・インターフェイスやワークフローとのシームレスな統合まで、世界中の企業をトラブルから救うサービスを構築する機能をご利用になれます。

注:評価版の提供はVeeam Cloud & Service Provider(VCSP)のパートナー様に限らせていただきます。このプログラムに参加していない場合は、こちらをクリックしてサインアップしてください
item1_193x193_cspmsp.jpg

アナリスト・レポート:
CSPとMSP向けのVeeamの堅牢な
プラットフォーム

Frost & Sullivanのレポートで、お客様とサービス・プロバイダーにとってVeeamが優れたソリューションである理由をご確認ください。

無償レポートのダウンロード

item2_193x193_serviceproviders.jpg

Veeam Cloud Connect
リファレンス・
アーキテクチャ

展開する前に、優秀なDRaaSサービスを構築するためのこちらの詳細なガイドをご覧ください。

詳細はこちら

DRaaS定義型

Veeam Cloud Connectにより、スタンバイ仮想マシン(VM)をホスティングするためのセキュアなマルチテナント環境を簡単にセットアップし、保守することができます。さらに、Veeamを使用すれば、DRaaSで提供されるべき最高のサービスをユーザーに提供することができます。

  • 特定のVMまたはサイト全体の高速で柔軟なフェールオーバー
  • 合理化フェールバックによるデータ消失の回避とユーザーの最小限の中断
  • レプリカとフェールオーバーのテスト、およびサイト間での本番切り替えなど、復元の保証
  • Veeamのユーザーインターフェイス、ワークフローおよびデータ収集とのシームレスな統合
draas_defined.jpg

動作のしくみ

Veeam Cloud Connectでは、ユーザーは、VMをレプリケートできる「クラウド・ホスト」を利用できます。

  • ユーザーは、Veeamコンソールで[Add service provider (サービス プロバイダーの追加) ]をクリックし、プロバイダーから提供された認証情報を入力するだけで済みます。
  • クラウドホストは、Veeamインフラストラクチャ内に表示されます。
  • レプリカは、単一ポートを使用してSSL/TLS接続経由で安全に転送されます。

それだけです。VPNも専用のコンソールも必要ありません。クラウド・ホストは、ユーザーがオンデマンドでホストをプロビジョニングすることを除き、セカンド・サイトを保守することなく、他のレプリケーション先と同様に機能します。

シンプルになったネットワーク

自動のネットワーク再構成により、DRのテストや完全または部分フェールオーバーのためのネットワークの再構成に伴う多額のコストや手間を省くことができます。Veeamのネットワーク拡張アプライアンスは、場所を問わず、実行中のVMとの通信およびVM間の通信を維持します。

また、多くのテナントは、NSXが提供する高度なネットワーク・サービスの選択肢を求めています。VMware NSX Edgeのサポートにより、サービス・プロバイダーは、テナントが求める高度なネットワーク・サービスを提供できます。

VMware NSX Edgeを活用した高度なネットワーク
VMware NSX Edgeを活用した高度なネットワーク

帯域幅の消費量が少ない機能

組み込みのWANアクセラレーションやBitLooker™、シード処理などにより、速度が遅いWAN接続や信頼性のないWAN接続を使用しているユーザーや、大量のVMを使用しているユーザーに、DRaaSを提供することができます。Veeam Cloud Connect Backupのクラウド・リポジトリに保存されるバックアップからレプリケーションを実行することも可能で、WANを介して転送するデータをさらに低減することができます。

VMware vCloud Directorを使用している場合、DRaasは非常に簡単

VMware vCloud Directorでフェールオーバーの計画を実行
VMware vCloud Directorでフェールオーバーの計画を実行

VMwareの業界をリードするクラウド管理プラットフォームのユーザーの場合、一から作り直す必要がないため、Veeam製品を使用したDRaaSサービスを簡単に作ることができます。既存のハードウェアやネットワーク、セルフサービス・スキーマを再利用するツールを使用して、次のことが可能になるCloud Connect Replicationサービスを構築できます。

  • コンピューティング、ストレージ、ネットワーク用のvCloud Director仮想データセンター・リソースを使用して、DRaaSサービスを簡単に設計
  • vCloud Directorユーザーおよびグループ認証メカニズムへの統合によって、DRaaS顧客管理を自動化
  • vCloud Director HTML Tenant UIを活用して、フェールオーバー時の環境への影響を顧客側で制御
  • VMware NSX Edge統合で高度なレベルのネットワーク

Veeamとの提携により新たなビジネス・チャンスを切り開きましょう

Veeamとの提携により新たなビジネス・チャンスを
切り開きましょう

価格体系、ライセンスなどについて

サービス・プロバイダーのスペシャリストによるアドバイス

サービス・プロバイダー向けの他のVeeamソリューションの確認