デジタル医療の
アベイラビリティ

次世代患者ケアの
実現

医療組織の変革

ダウンタイム・ゼロで命を救う:アベイラビリティの6つのガイドライン

9.5 Data Availability: A Vital Statistic for the Health Care Industry

デジタル・トランスフォーメーション、データ量の増大、ランサムウェア攻撃の倍増、患者データに対する規制の強化など、医療組織が直面する主な課題への対処方法をご紹介します。

レポートをダウンロード

Always-On Enterpriseの実現

Veeamは24時間365日のデータ・アクセスの実現に向けて懸命に努力

エンタープライズ・レベルの継続性
クラウドによるデータ管理
コンプライアンスと可視化
エンタープライズ・レベルの継続性

ダウンタイム・ゼロと自動災害復旧(DR)のオーケストレーション

ダウンタイムが発生すると、投薬指示や患者のアレルギー情報など、生命にかかわるさまざまなデータにアクセスできなくなります。これは患者の安全に関するリスクの例ですが、当然ながらコスト関連のリスクも生じます。さらに、医療組織は極めて厳格なDR基準に準拠する必要があり、たとえば年1回のDRテストを継続的に実施しなければなりません。

Veeam®の最先端のバックアップ、復元、レプリケーション機能を利用することで、すべてのアプリケーションとデータを15分未満で復元するというサービス・レベル・アグリーメント(SLA)を満たし、あらゆる復元シナリオに対処することが可能になります。

DRを社内で行う場合も、信頼できるDisaster Recovery as a Service(DRaaS)プロバイダーを探す場合も、Veeamがお手伝いいたします。今では、組み込みのDRソリューションにより、莫大な額を投資しなくても、容易に実行できるようになりました。

詳細はこちら

クラウドによるデータ管理

クラウド・ベースのワークロードのモビリティ

EHR、Picture & Communications Systems(PACS)、Vendor Neutral Archives(VNAs)、その他多数の医療ITワークロードで、幅広いハードウェアおよびストレージ・ソリューションが活用されています。

Veeamでは、複雑な設定やハードウェアへの追加投資が不要でありながら、物理、仮想、クラウド・ベースのITインフラストラクチャでデータを管理、移行、復元でき、運用コストを最小限に抑えられます。

詳細はこちら

コンプライアンスと可視化

積極的な監視、レポート作成、テスト、文書化

医療機関は多数の法的要件へ対応することへの課題に直面しています。地域によって異なりますが、HIPAA、HITECH、SOX、PCIなどは、個人情報保護法とともに、組織が準拠を求められる法規制の一部にすぎません。このような各種法規制の多くはIT部門に対し、技術的な安全対策を導入してすべてのePHI(Electronic protected health information)を保護するよう求めており、その際には暗号化、アクセス制御、鍵管理、リスク管理、監査、監視について具体的に言及されています。

Veeamのリソースの最適化と設定変更の追跡機能により、インフラストラクチャのパフォーマンスを評価しやすくなり、既存の設定が既知のすべてのベストプラクティスを満たすかを確認することができます。Veeamはまた、あらかじめ定義されたDR計画、ポリシー主導のDRテスト、コンプライアンスや文書化を通じて、Veeamバックアップおよびレプリカを含むDRオーケストレーションを企業に提供します。

詳細はこちら

重要なことに注力

Veeamによる支援

短期間で表れるVeeamソリューションの導入効果、仮想化とクラウドの能力の活用、ビジネス投資の削減についてご説明します。

データのアベイラビリティの詳細

ベスト・プラクティス、リソース、業界研究

カタログ
医療業界が
長年抱える
ITの
課題

詳細はこちら
VEEAM UPマガジンの記事
病院でのアベイラビリティ。
新たな形の緊急対応

詳細はこちら
データ・シート
Veeam Availability Suite™
を医療業界で

詳細はこちら
業界の
評価
ガートナー社
Veeamをリーダーに選出

今すぐ見る

Veeamのすべての機能にアクセスできる30日間の無償評価版をIT管理者向けに提供しています。