セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

Veeam Explorer for Microsoft Active Directory

あらゆる種類のオブジェクトの検索と復元

Active Directoryの復元ツール

必要なものだけ高速に復元!

Veeam® Explorer™ for Microsoft Active Directoryは、Active Directory向けに、単一パスでエージェントレスのバックアップまたはストレージ・スナップショットからの高速で信頼性の高いオブジェクトレベルの復元を提供します。仮想マシン(VM)全体の復元やサードパーティ製ツールは必要ありません。

Veeam Backup Free Editionでは、個々のActive Directoryオブジェクトを迅速に復元して、イメージレベルのバックアップからLDIFDEユーティリティで使用できる形式にオブジェクトを直接エクスポートできます。

Veeam Backup Free Editionをダウンロードすると、            無期限でお使いいただけます (機能制限あり)

Active Directoryの高速で信頼性の高い復元

Veeam Explorer for Microsoft Active Directoryは、次の機能を提供することにより、Active Directory環境内でのオブジェクトレベルの復元を従来よりも簡素化します。

  • 個々のActive Directoryオブジェクトまたは組織単位 (OU) 全体とその属性を単一パスのイメージレベルのバックアップから迅速に復元
  • 消失したユーザーアカウントやコンピュータアカウントをパスワードと共に復元してビジネスの中断を回避
  • グループポリシーオブジェクト (GPO)、Active Directory統合Microsoft DNSレコードおよび構成パーティションオブジェクトを復元
  • ワンクリックで、Active Directoryのバックアップされた状態と本番環境の状態を、オブジェクトとオブジェクト属性の両方のレベルで簡単に比較して違いを特定し、本番環境のディレクトリを、古い変更や誤った削除が発生する前の状態に復元
  • ストレージスナップショット上にあるVMディスク内のActive Directoryデータベースをブラウズして、Active Directoryのオブジェクトおよび属性を簡単に検索可能 (テキスト形式の検索機能と高度なLDAPフィルターベースの検索機能を含む)
  • Active Directoryのオブジェクトおよびユーザー属性をバックアップからLDIFDE形式にエクスポート。または、Active Directoryオブジェクトを本番環境のActive Directoryデータベース(.DIT)に直接復元

完全な機能を提供する30日間無償の評価版を試す

 

Restore an item to its original location, other Active Directory location, or export it
アイテムを元の場所、Active Directoryの他の場所に復元またはエクスポートする

日常的な災害への対処

Veeamは、組織のユーザーやマシンにとって、Active Directory認証がいかに重要であるかを理解しています。この重要性のために、Active Directoryの復元について可能な限り短いRTOを達成することを特に重視したデータ保護ソリューションが必要です。以下に、いくつかの一般的な事例を示します。

誤って削除されたActive Directory OUを数秒で復元

極端に聞こえるかもしれませんが、Active Directory OUが誤って削除されるケースは考えられている以上に多く発生しています。この場合、OUとそのユーザーを回復できても、悪夢はそれで終わりではありません。オフィス、最悪な場合は会社全体で、新しいパスワードを作成せざるを得なくなると、大混乱になります。

Veeam Explorer for Active Directoryを使用すると、数回クリックするだけでActive Directory全体を復元することができ、そのOUをすべての属性と共に取り出すことができます。これには、暗号化されたパスワードの復元も含まれるので、ユーザーに自身のパスワードをリセットさせる必要がありません。これは、ドメインに参加したコンピューターアカウントに非常に有効であり、手動でドメインに再参加する必要がありません。

スナップショットを見る

Active Directoryユーザーおよびパスワードのシンプルで簡単な復元

Veeam Explorer for Active Directoryを使用すると、バックアップまたはレプリカから直接Active Directoryデータベースをブラウズし、数回クリックするだけで、個々のユーザーとパスワードを数秒で復元することができます。

スナップショットを見る

無償

Veeam Availability Suite 9.5

30日間機能制限なし!

Active Directoryの廃棄済みオブジェクトを復元

Active Directoryでは、オブジェクトをディレクトリから削除しても、データベースからは削除されません。代わりに、Active Directoryは、オブジェクトを削除済みとしてマークし (現在は廃棄標識と呼ばれている)、そのオブジェクトは、通常のディレクトリ操作で表示されなくなります。

Veeam Explorer for Active Directoryは、廃棄済みオブジェクトをバックアップから復元する機能を提供します。廃棄の有効期間が過ぎた場合でも、これらの廃棄状態のオブジェクトを復元することができます。これは、Veeam Explorer for Microsoft Active Directoryを使用してバックアップからNTDS.DIT (Active Directory?のデータベース) ファイルを直接開くことにより可能です。

 

Veeam Explorer for Microsoft Active Directory lets you restore individual object's attributes, the entire objects, and even the whole organizational units, along with the hierarchy.
Veeam Explorer for Microsoft Active Directoryにより、個々のオブジェクトの属性、オブジェクト全体だけでなく、組織単位全体さえも階層と共に復元

バックアップから直接Active Directoryデータベースを表示

Veeamは、使いやすく直観的なUIを提供するので、バックアップまたはレプリカから直接Active Directoryデータベースを表示し、必要なものだけをすばやく復旧することができます。Active DirectoryデータベースをVeeam Explorerの対象に追加した後、データベース オブジェクトだけでなく、その属性まで表示することができます。

さらに、簡単にActive Directory内で検索を実行したり、LDAPクエリを使用して、指定された基準と一致するアイテムを効率的に検索することもできます。Veeam Explorerは、選択されたOU内のすべてのアイテムの属性値をActive Directoryで検索したり、データベース全体を検索したりすることができます。

You can browse your Microsoft Active Directory database right from the backup or replica
Microsoft Active Directoryデータベースをバックアップまたはレプリカから直接表示可能

Active Directoryオブジェクトのエクスポート

Veeam Explorer for Active Directoryを使用すると、オブジェクト、OUおよび属性を、指定した場所にあるフォルダ (ローカルフォルダまたはネットワークドライブのいずれにかかわらず) に迅速かつ簡単にエクスポートできます。エクスポートされたすべてのオブジェクトおよびコンテナは、軽量のデータ交換フォーマット (LDIF) を使用して保存され、.LDFファイルとしてエクスポートされます。

次回のライブ製品デモに登録する

It is possible to export containers, objects, and attributes as LDF files
コンテナ、オブジェクト、および属性をLDFファイルとしてエクスポート可能

現在のニーズや長期的な戦略に対応できる柔軟なオプション

Veeamの数々の賞を獲得したソフトウェアにはさまざまなエディションがあり、VMware vSphere仮想化環境とMicrosoft Hyper-V仮想化環境のどちらにも対応できる強力なバックアップ、復元およびレプリケーション機能を提供します。Active Directoryの単一のオブジェクトだけを復元するVeeam Backup Free Editionから、複数選択の復元やActive DirectoryのコンテナおよびOUの復元を行うVeeam Backup & Replicationまで、Veeamは、どんなニーズや予算にも対応できる完璧なツールを提供します。

Veeam Backup & Replication™ lets you delegate the restore task to helpdesk administrators and even let users restore their files themselves
Veeam Backup & Replication™により、ヘルプデスク管理者への復元タスクの委任、およびユーザー自身によるファイルの復元が可能

サポートされる環境

Veeam Explorer for Microsoft Active Directoryは、Veeam Backup™ Free Editionなどのバックアップ、復元およびレプリケーション関連のすべてのVeeamソリューションに含まれており、VMware vSphereまたはMicrosoft Hyper-V上で実行される次のMicrosoft Active Directoryドメイン・コントローラーをサポートします。

  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2008
  • Microsoft Windows Server 2003 SP2

最小限サポートされるドメインおよびフォレストの機能レベルは、Windows 2003です。

製品とエディション

Veeam Explorer for Microsoft Active Directoryは、Veeam Availability Suite™、Veeam Backup & ReplicationおよびVeeam Backup Essentials™のすべてのエディションで使用することができます。これには、Veeam Backup™ Free Editionも含まれており、Veeam Endpoint Backup™ FREEと組み合わせて使用することができます。

サポートされる機能とエディションの詳細は、下記のリンクに掲載されているエディションの比較ガイドを参照してください。

エディションの比較

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

 

今すぐ体験

を今すぐお試しください

 

 

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ