https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvbmV3cy9uZXctdmVlYW0tYXZhaWxhYmlsaXR5LXN1aXRlLTktNS1pbmNsdWRlcy1mdWxsLWludGVncmF0aW9uLXdpdGgtd2luZG93cy1zZXJ2ZXItMjAxNi1hbmQtaHlwZXItdi5odG1sIiwiaGFzaCI6IjIyMDA2NTI0LWIyODQtNDc4ZC04YzRhLTI1NzFkNzg0NDUwNCJ9

マイクロソフトWindows Server 2016およびHyper-Vと完全統合する アベイラビリティ・ソリューション「Veeam Availability Suite 9.5」を発表

Veeamのアベイラビリティ・ソリューションは、 最新のマイクロソフトWindows Server、Hyper-V、そしてエンタープライズ・アプリケーションと 完全統合し、企業のセキュリティ強化と複雑性の低減を実現します

24時間365日止まらないビジネス環境(Availability for the Always-On Enterprise™)を実現するソフトウェアを提供するVeeam® Software(本社:スイス、以下Veeam)は本日、今年後半に発表予定のVeeam Availability Suite™ 9.5が、データセンターで活用されるWindows Server 2016とHyper-Vに完全統合することを発表しました。

Veeamの製品戦略担当バイスプレジデントであるダグ・ヘイゼルマン(Doug Hazelman)は次のように述べています。「Veeamは、Windows Server 2016とHyper-V 2016に対応した、初のアベイラビリティ・ソリューションの1つであると同時に、最も包括的にサポートが提供できることを目指しています。最新版Veeam Availability Suiteによってユーザーは、最新のMicrosoftテクノロジーを利用することができ、また、エンタープライズ規模のセキュリティ対策と複雑性の低減といった利益を享受することができます。Veeamとマイクロソフトは、協調することで24時間365日止まらないビジネス環境を実現させるため、仮想化と高速リカバリの最適な組み合わせを提供していきます。」

最新版Veeam Availability Suite 9.5では約100にも及ぶ新機能や強化が追加されています。この新たなWindows Server 2016とHyper-V 2016との統合は、Veeamが直接行っている世界トップクラスの基本ソフトであるハイパーバイザーや企業で幅広く使用されているアプリケーションの統合をサポートする持続的な取り組みの一環です。

マイクロソフトのクラウド・プラットフォーム・マーケティング ディレクターであるクリス・ヴァン・ウェセップ氏(Chris Van Wesep)は次のように述べています。「Veeamは、規模にかかわらず、何千という企業のHyper-V環境のバックアップおよび保護を実現しています。Veeamとの協力関係が強化されたことで、企業のIT部門が必要としている効率的なバックアップ管理、高速リカバリ、そして事業継続といった新たな選択肢を提供することができます。これらの対策により、ビジネスの高い生産性と保護された環境が維持されていくでしょう。」

Windows Server 2016とHyper-Vに完全統合されたVeeam Availability Suite 9.5の主なサービス内容は以下の通りです。

  • Windows Server 2016: Veeam Backup & Replication™コンポーネントのインストールおよび保護対象となる仮想マシン(ゲストOS)のサポート。ゲストOSとの対話機能であるPowerShell Directも対象。
  • Windows Server 2016 Hyper-V: RCT(Resilient Change Tracking)統合を含んだバックアップおよびリストア。またHyper-VホストがインストールされたNano ServerとStorage Spaces Direct(S2D:記憶域スペースダイレクト)のサポート。
  • 最新のMicrosoft Exchange, Microsoft SharePoint, Active DirectoryおよびSQL Serverを対象に、アプリケーション認識処理とアイテムレベルのリカバリを行うVeeam Explorers™が15分未満という迅速なRTO(目標復旧時間)を実現。

米調査会社451Research のリサーチ・ディレクターであるヘンリー・バルタザール氏(Henry Baltazar)は次のように述べています。「弊社が行った最近の調査によると、企業がストレージ関連に投資する最大の目的はバックアップとDRの改善であることがわかりました。顧客はダウンタイムに対し、とうてい我慢できず、万が一発生した場合、迅速な復旧が全ての組織において重要な目標になっています。

止まることが許されない現在のビジネス環境において競争力を維持する必要があるマイクロソフトのユーザーは、強化されたVeeamの製品によって迅速なリカバリと事業継続が促進されることでしょう。」

以上

Veeam Softwareについて

世界中の企業が、Always-On Enterprise™ すなわち24時間365日止まらないビジネス環境を実現しようとした場合に、多くの課題に直面します

Veeam®ではこの課題を解決するために、Availability for the Always-On Enterprise™という新たな市場を開拓し、「高速リカバリ」、「データ損失の予防」、「検証済みの高い復元率」、「データの活用」、「詳細な可視性」という機能を備えたまったく新しいタイプのソリューション、Veeam Availability Suite™により、すべてのアプリケーションおよびデータについて15分未満のRTPO™(目標復旧時間および目標復旧時点)の達成を可能にしました。

Veeam Backup & Replication™が含まれるこのソリューションは、仮想化、ストレージ、およびクラウドといった技術を活用して最先端のデータセンター構築を可能にすると共に、時間の節約、リスクの軽減、および投資コストや運用コストの大幅な削減を両立し実現することで、Veeamのお客様の現在と将来にわたるビジネス目標達成を常にサポートします。

Veeamは2006年に設立され、現在は世界中に39,000社のProPartnerと193,000社を超える顧客数を擁しています。スイスのバールにグローバル本社を置き、世界各地に支社を開設しています。

詳細については、http://www.veeam.com/jp をご参照してください。