https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvbmV3cy92ZWVhbS1hcHBvaW50cy1qaW0ta3J1Z2VyLWFzLWNoaWVmLW1hcmtldGluZy1vZmZpY2VyLmh0bWwiLCJoYXNoIjoiYTU2ZDM0OTMtYzU2MS00MDQwLWFjMTQtZWY2NjljZTFjMjllIn0

Veeam、ジム・クルーガーを最高マーケティング責任者(CMO)に任命

25年以上にわたる経験をもとにマーケティング組織を統括 クラウド・データ・マネジメント市場における成長を牽引

抄訳※スイス 10月30日発表。クラウド・データ・マネジメントを提供するバックアップソリューションのリーダー企業であるVeeam® Software(本社:スイス、バール 以下 Veeam)は、ジム・クルーガー(Jim Kruger)を最高マーケティング責任者(CMO)に任命したことを発表しました。クルーガーは製品&ソリューションマーケティング担当シニアバイスプレジデント(SVP)から昇進し、Veeamのグローバルマーケティングの指揮を執ります。これにより、クラウド・データ・マネジメントを実現するバックアップソリューションのトップ企業としての地位を強化します。

ジム・クルーガーは、Veeamの共同創業者兼セールス&マーケティング担当エグゼクティブ・バイスプレジデント(EVP) であるラトミア・ティマシェフ(Ratmir Timashev)は、の直属となります。

ラトミア・ティマシェフは、次のように述べています。「2017年の入社以来、ジム・クルーガーは組織の大幅な補強をけん引しています。Veeamのメッセージを発展させながら、市場開拓プログラムの転換に尽力し、市場におけるリーダーシップ強化に貢献してきました。非常に競争の激しい市場において未来を見据える中で、私たちは会社をあらゆる領域にわたって刷新し、進化するお客様の需要に応えていかなければなりません。ジム・クルーガーの指揮のもと、既に業界トップを誇るVeeamのマーケティング組織をさらに強化できるものと確信しています」

ジム・クルーガーは、次のように述べています。「ビジネスとデータとの関わり方は変化しています。企業はあらゆる場所にあるデータを管理するために、分かりやすく柔軟性および信頼性の高いマルチクラウドソリューションの採用が増えています。Veeamは市場で最も堅牢なクラウド・データ・マネジメントソリューションを提供しています。これにより、あらゆる規模の企業があらゆる環境でデータを管理、保護することを可能にします。ガートナー社のマジック・クアドラントのデータセンターバックアップおよびリカバリソリューション部門で3回連続リーダーに選出されたVeeamの一員でいることはすばらしいことです。次の10年の成長において、市場シェアを拡大しブランド認知度を高めていけることを楽しみにしています」

クルーガーは25年以上にわたり、あらゆるマーケティング活動を率いてきました。Veeamではこれまで、製品&ソリューションマーケティング担当シニアバイスプレジデントとして、製品およびアライアンスソリューションのマーケティング全般に加え、競合対策、調査、売上促進を統括しました。Veeam以前は、小規模企業向けのユニファイド コミュニケーション サービスを提供するIntermediaのCMOを務めました。Polycom(現Poly)では16年にわたり、エグゼクティブ・バイスプレジデント兼CEOとして音声部門の主力製品のマーケティングおよび製品管理を担当したほか、副社長兼ジェネラルマネージャーとして2億ドル規模の事業を統括するなど、様々な要職を歴任しました。Polycom入社以前は、GTE wireless(現Verizon)およびPalmにて複数のマーケティング上級職を務めました。カリフォルニア州立大学イーストベイにて経営学修士号、カリフォルニア大学バークレー校にて文学士号を取得しています。