https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvc2hhcmVwb2ludC1hZC1zcWwtZXhjaGFuZ2UtcmVjb3ZlcnktZXhwbG9yZXIuaHRtbCIsImhhc2giOiJhYWM4ZmFhYS05ZDVmLTQ1MDgtYjFiNS0xY2VhOWZmZDdlN2QifQ

製品機能

Veeam Explorer for Microsoft

評価版をダウンロード

全ての機能を30日間使用可能

誰でも手軽に使えるきめ細かな復元

1週間に発行されるアイテムレベルのリストア要求において、その大半を占めるのは、通常、SQL、Exchange、Active Directory、SharePointなどのMicrosoftアプリケーションです。データベース全体をリストアしてアイテムを1つ戻す、という従来のアプリケーションベースの方法では、復元SLAに悪影響を与えるだけです。Veeam®は、日々のリストア要求を高速化する、シンプルで使いやすいエクスプローラを内蔵しているため、負担が軽減されます。Microsoftアプリケーションアイテムの検出と復元について推量に頼る必要性を排除し、SLAの達成を可能にします。

復元SLAを向上

主要なMicrosoftアプリケーションの復元を統合したシンプルなエクスプローラ画面で、使用頻度の高いアイテムなどを高速で復元します。

検出を簡単に

クイックブラウズとライブテキスト検索機能により、バックアップを直接確認できるので、復元が必要なアプリケーションアイテムを簡単に見つけることができます。

DBAでなくても可能

アイテムレベルの復元を、専門的なトレーニングやツールがなくてもバックアップ管理者やヘルプデスク担当者で実行できるようにします。

Exchange、SharePoint、SQL、Active Directoryの復元戦略

Veeam Explorer for Microsoft SQL ServerによるSQLの復元

Microsoft SQL Serverのデータベースやテーブル、トランザクションに対して、ポイントインタイムリストアを迅速に実行できるため、急いでいる時にも時間を節約できます。

  • データベースを簡単に復元:ワンクリックでMicrosoft SQLバックアップの元の場所にリストアします。
  • 柔軟な復元オプション:データベース全体から個々のトランザクションやテーブルまで復元可能です。
  • SQLトランザクションログのバックアップとリプレイ:シンプルなスライダースタイルのインターフェイスで、ポイントインタイムリストアにより特定のトランザクションや時間まで復元します。
  • SQLデータベースのエクスポート:バックアップからデータベースを現在の状態、または特定の時点やトランザクションに直接エクスポートします。

Veeam Explorer for Microsoft ExchangeによるExchangeの復元

Exchangeバックアップを瞬時に可視化することで、データベース全体をリストアすることなく、簡単できめ細かな検索、個々のオブジェクトの迅速な復元などが可能になります。

  • アプリケーションアイテムの復元:全てをリストアする必要はありません。メールボックスのアイテムの復元では、メールボックスのバックアップの内容を確認できるため、復元したいものを参照、検索してリストアすることができます。
  • ポイントインタイムの復元:Exchangeメールボックス全体を任意の時点から.pstファイルにアーカイブし、時間ベースのイベントに基づいてアーカイブを簡単に保持できます。
  • 高度な機能によるきめ細かな復元:物理的に削除され、完全に消失したと思われるアイテムも復元。ヘルプデスク担当者による、Webベースのメールボックスアイテムの復元も可能になります。
  • eDiscoveryを簡素化:内部または外部の調査に必要なExchangeアイテムだけに絞り込んで、eDiscoveryの要求を簡単に実行できます。

Veeam Explorer for Microsoft Active DirectoryによるActive Directoryの復元

単一パスのバックアップまたはストレージスナップショットから、Active Directoryのオブジェクトレベルの高速復元が可能です。その他のツールやマシン全体のリストアは必要ありません。

  • オブジェクトレベルの復元:組織単位(OU)全体を含む個々のActive Directoryオブジェクトと属性を、単一のバックアップから迅速に復元します。
  • Active Directoryバックアップの参照:Active Directoryをバックアップから直接参照して、使いやすく直感的なUIで必要なものだけを素早く復元します。
  • Active Directoryオブジェクトのエクスポート:軽量のデータ交換フォーマット(LDIF)を使用して、ユーザーが一括操作できるようオブジェクト、OU、属性を簡単にエクスポートできます。
  • 廃棄済みオブジェクトのリストア:バックアップから直接Active Directoryデータベースファイルを開くことができるため、期限切れのオブジェクトをはじめとした廃棄済みオブジェクトを確実にリストアできます。

Veeam Explorer for Microsoft SharePointによるSharePointの復元

SharePointバックアップの詳細な可視性により、SharePointオブジェクトの高速かつシンプルなリストアが可能。必要なものは何でも数回クリックするだけで迅速に復元できます。

  • あらゆるアイテムを短時間でリストア:個々のSharePointアイテムや権限を復元することで、頻度の高いリストア要求に対して低RTOを達成します。
  • SharePointデータベースの参照:データの抽出やインポートをしなくても、バックアップから直接SharePointを開くことができるため、時間とストレージを節約できます。
  • フルテキスト検索の活用:完全一致や前方一致、条件項目など、フルテキスト検索機能を活用できます。
  • 復元されたアイテムのエクスポート:復元したSharePointアイテムやリストをXML形式でエクスポートして、他のSharePointサーバーやファームに簡単にインポートできます。

FAQ

Veeam Backup & Replicationでは、どのような仕組みでActive Directory、SharePoint、Exchange、SQL Serverをバックアップしますか?

Veeam® Backup & Replication™は、Microsoft SQL、Exchange、Active Directory、SharePointに対して、VSSを利用してアプリケーション整合性のあるイメージレベルのバックアップを作成し、ビジネスに不可欠なアプリケーションやサービスが確実に復元されるようにしながら、アプリケーション固有のリストアシナリオも可能にします。 

Microsoftの制限事項によると、アプリケーションを60秒以上(Microsoft Exchangeの場合は20秒以上)フリーズさせたままにしておくことはできません。Microsoft VSS Writerがアプリケーションデータを規定時間よりも長くフリーズしたままにしておくと、VSS処理のタイムアウトが発生し、Veeam Backup & Replicationではトランザクションの整合性を維持したVMのバックアップ作成に失敗します。VSS処理のタイムアウトは、Microsoft Exchangeなどのトランザクション量の多いアプリケーションによくある問題です。 

この制限に対応するため、Veeam Backup & Replicationでは、Microsoft Exchange VMのバックアップに永続的なVSSスナップショット技術を使用しています。Microsoft Exchangeを規定時間よりも長くフリーズしておく必要がある場合、Veeam Backup & Replicationは、永続的なVSSスナップショットメカニズムに自動的にフェイルオーバーします。 

Veeam Backup & Replicationでは、Active Directory、SharePoint、Exchange、SQL Serverに対してどのようなタイプのデータ復元が可能ですか?

Veeamは、複雑なアプリケーションやアプリケーションアイテムの復元にかかる負担を軽減するために、手軽に操作できるVeeam Explorer™を各種ご用意しています。

  • Veeam Explorer for Microsoft SQL Server:Veeam Backup & Replicationで作成されたバックアップから、Microsoft SQLデータベースとスキーマオブジェクトをリストアおよびエクスポートできます。 
  • Veeam Explorer for Microsoft Exchange:Veeam Backup & ReplicationおよびVeeam Backup for Microsoft Office 365で作成したバックアップからMicrosoft Exchangeオブジェクトをリストアおよびエクスポートすることができます。 
  • Veeam Explorer for Microsoft Active Directory:Veeam Backup & Replicationで作成したバックアップからActive Directoryとスキーマオブジェクトをリストアおよびエクスポートできます。 
  • Veeam Explorer for Microsoft SharePoint:Veeam Backup & ReplicationおよびVeeam Backup for Microsoft Office 365で作成したバックアップからMicrosoft SharePointオブジェクトをリストアおよびエクスポートできます。 
Veeam Backup & Replicationでは、Microsoft SQL Serverのデータベースとログのバックアップはできますか?

Veeam Backup & Replicationは、SQLストレージを正常に保ち、最適に稼働させるために必要なMicrosoft SQLデータベースログのバックアップと切り捨て操作を実行することができます。

トランザクションログのバックアップを実行するため、Veeam Backup & Replicationにより、VMゲストOSにVeeam Guest SQL Log Shipperランタイムコンポーネントがインストールされます。 

このコンポーネントは、トランザクションログのバックアップ・ジョブ・セッション中に動作し、トランザクションログのバックアップが必要なデータベースに関する情報を収集します。また、バックアップリポジトリに直接ログを送信することが可能かどうか、またはVeeam Backup & Replicationがログ転送サーバーを使用する必要があるかどうかも確認します。トランザクションログのバックアップ・ジョブ・セッションが終了すると、コンポーネントは停止し、VMゲストOSから削除されます。新しいセッションが開始すると、コンポーネントは再びVMゲストOSにインストールされます。 

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
英数字と特殊文字(&+-._!'`())のみを使用してください。
送信することにより、Veeamがお客様の個人情報をプライバシーポリシーに従って管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やサービス、イベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人データの管理をすることに同意したことになります。

Veeamの製品に関心をお寄せいただき、
ありがとうございます。

以下のメールアドレスに確認メールを送信いたしました:
 
次のステップに進み、製品の利用を開始しましょう
  1. 製品のダウンロード
  2. ライセンスキーの有効化

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.