ホワイトペーパー
2020年9月18日

テストはうまくいったのに…
クラウド移行・運用の落とし穴

登録して読む

登録することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

IT導入において、クラウドはいまや "当たり前の選択肢" のひとつとなっている。もちろん、クラウドにもメリット・デメリットはあり。ITのアジリティは向上したものの「日々の運用に想定以上の手間がかかる」といった声を耳にすることも少なくありません。本ホワイトペーパーでは、Veeam JapanのSEの視点よりクラウドへの実移行・実運用に潜む落とし穴とその対処法を説明しております。
  • 実移行の落とし穴:オンプレ環境の性能を長時間引き落としてしまう?
  • 運用の落とし穴:データが消失した場合の責任はユーザーにある?
  • ハイブリッドクラウド/マルチクラウド時代においてもアベイラビリティを確保し続けるために必要なこととは?