ホワイトペーパー
2021年5月11日

VMwareバックアップの10ベストプラクティス

登録して読む

登録することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

VMwareバックアップの10ベストプラクティス
2021年の現在も、VMwareは仮想化市場のリーダーであり、Veeam®のお客様もその多くが、望ましい仮想化プラットフォームとしてVMware vSphereを利用しています。バックアップはあらゆるデータ保護戦略の基礎であり、復元力の入り口です。そのため、有事に備えて常にバックアップの準備をしておくことが大切です。

「VMware vSphereバックアップのベストプラクティス 10」のホワイトペーパーでは、Veeam Backup & Replication™ v11とVMware vSphereを使用したベストプラクティスについて説明します。内容は次のとおりです。
  • いつでも対応できるよう、データ復元を事前に計画する
  • バックアップソフトウェアのアップデートを確認し、バックアップツールを常に最新の状態に保つ
  • 継続的データ保護をディザスタリカバリ計画に組み込む
  • その他多数

コミュニティの知見:経験豊富なコミュニティメンバーのヒントや評価から、VMwareのバックアップについて同業者の見解を得られます。