Azureのバックアップと復元

シンプルでスケーラブル、投資対効果とセキュリティにも優れた
Azureネイティブのバックアップと復元

今すぐ無料で導入

Azure VM 10台を無償でバックアップ

Azureネイティブのバックアップと復元

Microsoft Azureは、今どきのアプリについて、アジャイルかつスケーラブルな構築、テスト、導入を可能にする、信頼性の高いクラウド・コンピューティング・プラットフォームです。このインフラストラクチャに対する責任はMicrosoftが負っていますが、ここで使用されるデータは利用者のものであり、そのデータを保護するのは利用者の責任であると、Microsoftの責任共有モデルで明示されています。

新登場のVeeam® Backup for Microsoft Azure v3なら、Azureネイティブな完全自動型のバックアップと復元で、Azureデータ全体の保護と管理を簡単に行えます。ネイティブのスナップショット、複数のオブジェクトストレージクラスへのバックアップ、柔軟な復元オプションを利用することで、コストを大幅に抑えながら、全てのAzureデータに対して、たとえ大規模環境であっても、データ消失のリスクを取り除くことが可能です。

No.1のAzureバックアップと復元

設定したらあとはおまかせ

ネイティブのスナップショットとバックアップをポリシーベースで自動化することで、Azureバックアップがシンプルに。

高速で柔軟性のある復元

インスタンス全体から個々のファイルやフォルダまで、ほぼゼロのRTOを実現。

低コストのバックアップ

クラウドのコストをコントロールしながら、保持やコンプライアンスの目標にも対応。

優れたセキュリティとコンプライアンス

Azureのベストプラクティスに対応。ランサムウェアやサイバー脅威から大切なデータを保護します。

ワンプラットフォーム

Azureバックアップを、他のクラウド、仮想、物理、SaaS、Kubernetesの環境と一元管理。

クラウドモビリティ

クラウド、仮想、物理の環境をまたいだ
バックアップ、復元、移行。

ネイティブ、高い投資対効果、安全、ハイブリッド対応

Azureネイティブ

ネイティブのスナップショットを利用することで、エージェントがなくても驚くほど低いRPOを実現します。

Azure SQLのバックアップ

柔軟性の高いポリシーベースの自動化で、Azure SQLデータベースのバックアップと復元も簡単。

シンプルなセットアップ

Azure Marketplaceから直接展開でき、データ保護をすぐに導入できます。

完全な自動化

ポリシーベースの自動化とラベルで、大規模なデータも全て難なく保護できます。

迅速な復元

復元は柔軟性に優れており、インスタンスレベル、ボリュームレベル、ファイルレベルで可能。どんなデータ消失も迅速に解決します。

コスト計算

業界初のコスト計算ツールで、クラウドに係るコストの超過を防ぎつつもSLOを達成します。

低コストの階層化

スナップショットを低コストのストレージクラスに自動で階層化することで、保持とコンプライアンスの対応も可能。

サブスクリプション間、リージョン間のバックアップ

本番環境からバックアップを分離することで、組織内外の脅威からデータを安全に守ります。

マルチサブスクリプション対応

Azureサブスクリプション全体の、全ワークロードの保護を手軽に拡張および管理できます。

RESTful API

Azureのバックアップをほかのワークフローやアプリと統合して自動化します。

アプリやデータのモビリティ

制限のないデータポータビリティで、Azureやオンプレミス、その他パブリッククラウドの間を自由に移動できます。

ワンプラットフォーム

ほかのワークロードと共にAzureのバックアップも1つのプラットフォームで一元管理。

最新リリース

Azure SQLのバックアップと復元

柔軟性の高いポリシーベースの自動化で、Azure SQLデータベースのバックアップと復元も簡単。

低コストのアーカイブストレージ

AzureネイティブのバックアップをAzure Blobアーカイブ層に自動で階層化。低コストの保持が可能に。

複数サブスクリプ
ション対応

複数のサブスクリプションにまたがるAzureワークロード全体を保護。使いやすさも向上し、より強固なセキュリティを実現。

強化されたセキュリティとアクセス制御

特定のユーザーへのロールや権限の委任も安全に。Azure Key Vaultサポートでバックアップを暗号化します。

動作のしくみ

  • スナップショットとバックアップ
  • Azure内での復元
  • Azure外での復元
  1. ポリシーベースによるスナップショットの自動化
  2. スナップショットをAzure Blobストレージ(ホットまたはコールド)に階層化
  1. スナップショットからAzure VM全体またはボリューム全体の復元がインプレースまたはアウトオブプレースで実行されます
  2. オブジェクトストレージのバックアップからAzure VM全体またはボリューム全体の復元がインプレースまたはアウトオブプレースで実行されます
  3. スナップショットからファイルレベルの復元が実行されます
  4. オブジェクトストレージのバックアップからファイルレベルの復元が実行されます
  1. オンプレミスのバックアップリポジトリへのバックアップコピーのジョブ
  2. インスタントVMリカバリ
  3. オンプレミスのVMに復元
  4. AWSに直接リストア

柔軟なパッケージと価格であらゆる環境に適合

  Veeam Backup for Microsoft Azure
Veeam Backup & Replication™
  Azure内のみのAzureワークロードをバックアップ・復元するスタンドアロンソリューション ハイブリッド/マルチクラウド環境のデータの保護と管理を統合する、No.1のバックアップと復元ソリューション

Azureのバックアップと復元

   
コスト管理    
セキュリティとコンプライアンス    
無制限のデータポータビリティ    
ハイブリッド/マルチクラウド管理    
Veeam Backup for Microsoft Azureは仮想マシン(VM)サービスとして、無償版とBYOL版がAzure Marketplaceから独占的に提供されています。

AWSのバックアップと復元を他のワークロードと統合

Veeam Backup & Replication

Azureバックアップを、他のクラウド、仮想、物理、SaaS、Kubernetesの環境と一元管理。

Azureデータ向けのBackup as a Service(BaaS)

FAQ

Azureのクラウドをバックアップするには、どのような方法がありますか?

Microsoftの責任共有モデルによれば、Azureデータのバックアップと復元について戦略を策定し、導入する責任はユーザーが負います。Azureの仮想マシン(VM)をバックアップできるネイティブのサービスは存在していて、Microsoft Azureのバックアップとオンプレミスのワークロードを対象としたエージェントベースのアプローチについては、数多くのベンダーが提供しています。しかし、クラウドでのデータ保護は必ずしも簡単ではないため、機能が限られているバックアップやレガシーバックアップを利用した場合、特定の問題が生じる可能性もあります。

まず、Azure VMのスナップショットは実質的なバックアップではないため、長期にわたるデータの保持や復元には利用できません。古いスナップショットは、Azureでの保持期間が数日間を超える場合、コストも高くなります。スクリプトを手動で作成して、Azure VMのネイティブスナップショットを自動的に取得するという手法は、特に大規模な環境の場合、短期間できわめて複雑なものになる可能性があります。

次に、エージェントベースのアプローチでMicrosoft Azureをバックアップするという選択肢も、最善とは言えません。エージェントの場合はリソース集約型の環境が必要になり、適切にスケーリングすることが難しく、VM領域も追加的に占有するためです。

Veeam Backup for Microsoft Azureなどのクラウドネイティブのバックアップソリューションを利用すると、選択したバックアップポリシーに基づいて、イメージベースのバックアップがAzure VMのネイティブスナップショットから自動的に作成されます。この方法では、毎日のデータ保護操作とポリシーの導入に関する制御および管理が強化されるだけでなく、アプリケーション認識処理が改善され、Azure VMの復元も迅速になります。

Azureのバックアップは、どのように行われるのでしょうか?

詳細については、こちらの製品デモをご覧ください。

要点のみ説明すると、Veeam Backup for Microsoft Azureでは、Azure VMに加えて(管理対象および管理対象外のVHDを含む)、VMの設定についてもスナップショットとバックアップを自動的に作成し、管理できます。バックアップチェーンは、イメージレベルのバックアップ、またはスナップショットで作成できます。イメージレベルのバックアップには、フルバックアップと増分バックアップを含めることが可能です。クラウドネイティブのスナップショットには、ポイントインタイムスナップショットが含まれます。復元は、全体レベルまたはファイルレベルで実行して、数秒で完了できます。

  1. Veeam Backup for Microsoft Azureでは、専用のクラウドネイティブツールを使用して、スナップショットまたはバックアップを通じてAzure VM上のデータを保護できます。スナップショットとバックアップの両方を組み合わせると、特定のファイル、いくつかのテスト用VM、大規模な本番環境など、様々な状況に応じて、Azureのデータを保護するための最適なオプションを柔軟に選択できるようになります。スナップショットは、特定のポイントインタイムにすばやくロールバックしなければならない事態もあり得る、テストやアップグレードの場合に最適です。これに対して、保持期間が長い場合や、本格的な復元が目的である場合、Azureデータを保護するための手段としてはバックアップが適しています。バックアップファイルはMicrosoft Azure Blobに保存されるので、クール・ストレージ・オプションを選択することでコストを削減できます。
  2. Azure VMのスナップショットに基づいてバックアップファイルを作成する場合、またはそのイメージベースのバックアップファイルから復元を実行する場合は、ワーカーと呼ばれる一時的なインスタンスが導入されます。このインスタンスがAzureアカウントに導入されるのは、スナップショットからのバックアップの作成、またはリストアの作成が必要な場合のみです。
    • ワーカーを導入したいAzureリージョンごとに具体的な設定を作成できます。この処理をVeeamで自動的に実行すると、リージョンごとに設定する必要はなくなります。
  3. Azure VMのイメージベースのバックアップファイルが作成された後は、必要なデータ保持ポリシーに応じて、ホットストレージ階層またはクールストレージ階層に保存できます。
  4. 複数あるポリシーオプションの中から、任意に選択します。バックアップの対象となるMicrosoft Azureアカウントを各リージョン内で定義し、個別のAzure VMをバックアップするか、タグベースのポリシーを使用するかを選択できます。タグベースのポリシーでは、新しいVMをAzureバックアップポリシーに手動で個別に追加せずに済みます。
  5. Azureスナップショット(1時間あたり60スナップショットまで)とバックアップの両方について、スケジュールオプションを複数の中から選択し、最も厳しいSLAであっても達成されるようにします。Azureのデータについて、スナップショットとバックアップの保持期間を定義します。
    • スケジュールオプションを使用すると、Azureのスナップショットまたはバックアップを保持する場所も指定できます。Azure Blobで使用するホット・ストレージ・オプションまたはクール・ストレージ・オプションを選択してください。Azureのバックアップファイルについては、ストレージのコストが大幅に削減されるクールストレージ階層オプションを使用することをお勧めします。
  6. Veeam Backup for Microsoft Azureには、Microsoft Azureのデータについて設定したバックアップポリシーの費用を自動的に見積もる計算ツールが組み込まれています。これらの計算は、Azureのバックアップポリシーを設定した時点で事前に実行され、Azure Blobストレージの月ごとの費用に分類されて、リージョン間での移動に応じて料金が課されるトラフィック、さらにAzure Blobストレージ内外へのバックアップデータの移動に伴う概算の料金と共に示されます。
  7. 最後に、バックアップされたAzureデータのリストアオプションを複数の中から選択できます。Azure VM全体、仮想ディスク、または特定の個別ファイルを迅速にリストアすることが可能です。Azureのバックアッププロセスに合わせてワーカーが導入され、特定のポイントインタイムに接続されます。次に、Veeam Backup for Microsoft AzureのインターフェイスでURLを取得します。このURLを別のタブで開くと、リストアの対象となるデータを参照できます。

手順の全体的な概略としては、Azure Marketplaceを出発点として、Veeam Backup for Microsoft Azureアプライアンスをアカウントに接続し、バックアップポリシーを設定すると使用できる状態になります。作業は15分以内で済みます。

なぜ、Azureクラウドデータをバックアップする必要があるのですか?

Microsoftでは、データのバックアップは行っていません。データの安全性と保護状態の確保については、IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)のいずれを利用するかに応じて、Microsoftの責任共有モデルに従い、お客様が責任を負います。

Microsoftの責任共有モデルによれば、Microsoft Azureのデータのバックアップと復元も、エンドユーザーの責任です。バックアップと復元がなければ、アプリケーションやデータをリストアすることができず、意図せぬ削除やサイバーセキュリティの脅威、ランサムウェア、停電などによるデータ消失に対応できなくなります。Veeamは、投資対効果とセキュリティに優れたエンタープライズクラスのAzureバックアップと復元で、あらゆるクラウドデータの消失を防ぎます。

Microsoft Azureのバックアップについては、どのタイプのバックアップを使用できますか?

詳細については、Veeam Backup for Microsoft Azureユーザーガイドをご確認ください。

Veeam Backup for Microsoft Azureでは、Azure VMのネイティブスナップショットからイメージレベルのバックアップチェーンを作成できます。

以下のチェーンに、フル・バックアップ・ファイルと増分バックアップファイルが収められます。

  • フル:Azure VMイメージ全体のコピーが含まれているフル・バックアップ・ファイル。
  • 増分:Azure VMイメージの変更が増分として保持されている増分バックアップファイル。

Microsoft Azure VMのバックアップチェーンの作成には、永久増分バックアップ方法を採用しています。つまり、最初のバックアップセッションでは、コピーされたAzure VMイメージに基づいて、バックアップリポジトリ内にフルバックアップファイルが作成されます。これがバックアップチェーンの始点であり、Veeam Backup for Microsoft Azureでは、以後に変更が生じたデータブロックのみがコピーされます。

フルバックアップファイルと増分バックアップファイルのどちらも、Microsoft Azureバックアップのリストアポイントとして機能し、任意の時点に簡単にロールバックできます。 

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます