セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

Veeam Cloud Connect para la Empresa

分散型エンタープライズ環境およびROBO環境向け

エンタープライズ・クラウド・バックアップとディザスタ・リカバリ

バックアップやレプリカのオフサイトやクラウドへの転送がこれまで以上に容易に
バックアップやレプリカのオフサイトやクラウドへの転送がこれまで以上に容易に

Veeam® Cloud Connect for the Enterpriseを利用することで、災害復旧(DR)のサービス・プロバイダーとして活動することが可能になり、オフサイトのバックアップとレプリケーションのサービスを内部の顧客に提供できるようになります。これにより、VPN接続の保守が必要なくなるため複雑さが軽減され、すべてのバックアップと管理のトラフィックが単一のポートにカプセル化されるため、セキュリティが強化されます。

自社の要件に最適なエンタープライズ・バックアップ及びリカバリ戦略を柔軟に設定しつつ、Veeamのバックアップとレプリカを複数の場所からプライマリ・データセンターに送信することも、このようなバックアップをパブリック・クラウドに直接アーカイブすることもできます。

評価版のダウンロード

オンプレミス、プライベート・クラウドでの導入

Azure上での評価版の展開

または、Microsoft Azureでの展開

データ主権の維持

多くの企業は規制対応と企業ガバナンス要件の対象となっていて、サードパーティのサービス・プロバイダーへの管理の委託が制限されています。こうした組織は、データの物理的な場所にかかわらず、データを一元管理して、完全に管理できる状態を維持したいと考えています。

Veeam Cloud Connect for the Enterpriseの費用対効果と柔軟性に優れたクラウド・アプローチを活用すれば、リモート・オフィスやワークステーションのバックアップを本社データセンターに保存するか、パブリック・クラウドに保存するかに関係なく、企業のバックアップ・インフラストラクチャ全体を完全に制御して、データの主導性を維持することができます。また、ソース側、転送中、転送後のエンド・ツー・エンドの暗号化により、データが保護され、管理下にあることを常に確認できます。

Microsoft AzureとVeeamの連携が実現する1つ上のレベルのデータ・アベイラビリティ

プライマリ・データセンターまたはパブリック・クラウドへのバックアップ

バックアップやレプリカをブランチ・オフィスからプライマリ・データセンターに転送
バックアップやレプリカをブランチ・オフィスからプライマリ・データセンターに転送

複数の拠点を擁し、従業員が分散している企業には、それぞれのオフィスやワークステーションにあるデータを一元的に管理して保存する手段が必要です。

Veeam Cloud Connect for the Enterpriseでは、単一のIT機能で分散型エンタープライズ企業、リモート・オフィス/ブランチ・オフィス(ROBO)環境、モバイル・ユーザー向けのバックアップとレプリケーションのサービスを一元管理し、組織のデータを完全に管理できる状態を維持することができます。

Veeam Cloud Connect for the Enterpriseは、以下に対する効率的な手段を提供します。

  • 複数の場所からプライマリ・データセンターに、仮想、物理、クラウド・サーバーのバックアップをコピー、またはレプリカを作成
  • モバイル・ユーザーが使用するワークステーションを、プライマリ・データセンターまたはパブリック・クラウドに安全かつシームレスにバックアップ
  • VM、サーバー、ワークステーションのバックアップをパブリック・クラウドに直接アーカイブ

企業従業員のワークステーションのバックアップと保護

国内全域、さらには世界中で従業員がモバイル・デバイスを使用している企業では、ユーザーの利用場所に関係なく組織のデータを保護して一元化できる必要があります。

Veeam Cloud Connect for the Enterprise は従業員のワークステーションのバックアップを可能にすることで、組織のデータを完全に管理できる状態を維持することができます。このようなワークステーションは、プライマリ・データセンターにもパブリック・クラウドにも、安全かつシームレスにバックアップすることができます。

オフサイトのエンタープライズ・バックアップをMicrosoft Azureへ

Microsoftをご利用のお客様は、Veeam Cloud Connect for the Enterpriseを使用することで、Microsoft Azureに簡単に接続しMicrosoft Azureへのバックアップ・アーカイブの移動を一元管理することができます。
Microsoftをご利用のお客様は、Veeam Cloud Connect for the Enterpriseを使用することで、Microsoft Azureに簡単に接続しMicrosoft Azureへのバックアップ・アーカイブの移動を一元管理することができます。

Veeam Cloud Connect for the Enterpriseでは、オフサイトのバックアップをMicrosoft Azureパブリック・クラウドに簡単に転送できます。Microsoft Azure Marketplaceで提供されているため、Microsoft Azureをご利用のお客様はエンタープライズ・クラウド・バックアップ・リポジトリを瞬時に展開し、オンプレミスのVeeamベースのバックアップ・アーカイブをAzureに自動的に転送できます。MicrosoftとVeeamという強力な組み合わせにより、Azureの費用対効果に優れたストレージとVeeamのきめ細かいファイルレベルのリカバリ機能を利用できます。

  • VeeamベースのバックアップをAzureに簡単に展開:1台のサーバーだけで、わずか30分でVeeam Cloud Connect for the Enterpriseの評価版をMicrosoft Azure Marketplaceから直接展開できます。
  • オフサイトのバックアップをAzureにすばやくコピーVeeamの最新のバックアップ・アーキテクチャは、永久増分バックアップ、GFS(grandfather/father/son)保持ポリシー、組み込みのジョブ・コピー機能を備えており、企業のバックアップをAzureに簡単に転送できます。

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

を今すぐお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ