Hyper-Vの信頼性の高い
バックアップと復元

評価版をダウンロード

Veeam Backup & Replication
全ての機能を30日間無償で

最高のMicrosoft Hyper-Vバックアップ

Veeam®がNo.1のHyper-Vバックアップおよびディザスタ・リカバリ・ソリューションであるのは、Hyper-V環境をバックアップできる機能だけが理由ではありません。Veeamの高速で柔軟性の高い、機能豊富なリストア機能のおかげでもあります。Veeamのリストアでは、必要なものを必要なときに正確に復元することができます。Hyper-V VM全体を数分でリストアし、Hyper-Vバックアップ内にある個別のファイルやアプリケーションアイテムをシンプルな検索およびリストアで復元します。 
Product Launch - v11 - VBR - Overview video - Backup Capability
バックアップ機能

復元目標に対応

Microsoft Hyper-V環境の最も厳しい復元目標も達成できる柔軟性を提供します。

毎日得られる自信

個別のファイルから完全なDRに及ぶ全範囲の復元に自信を持って対応できます。

ディザスタリカバリへの万全な備え

バックアップのオフサイトへの移動が自動化された高速レプリケーションでDRに備えます。

アベイラビリティ、シンプルさ、拡張性を実現

アプリケーション整合性バックアップ

Veeam Backup & Replication™は、VSS対応アプリケーションに対するシングルパスのイメージレベルのバックアップで、真のアプリケーション認識処理を提供します。これは、アプリケーションで必要となる柔軟な復元を実現するために必要な保護レベルです。
Product launch v11 - VBR - Full-Spectrum Recovery
全面的な復元

次世代のインスタント・リカバリ・エンジン

Veeam Backup & Replicationでは、どんなに大規模な復元にも対応できるスピードと信頼性が1つのインスタント・リカバリ・エンジンに統合。シングルパスのイメージレベルのバックアップからのファイルの復元や複数VMの復元により、インスタントVMリカバリ®を超えた多数の柔軟な復元方法を利用できます。
Product launch v11 - VBR - Instant Recovery
インスタントリカバリ

バックアップをソースとしたレプリケーション

バックアップのコピーをレプリケーションソースとして利用することで、本番環境にあるHyper-V VMの読み取りI/O操作の負荷を軽減。組み込みのWANアクセラレーション機能で、高速リンクと低速リンクのどちらの速度も同じように向上します。
Product launch v11 - VBR - Reliable Built-in Replication
信頼性に優れた組み込みのレプリケーション

変更追跡による高速
バックアップ

前回のバックアップからの変更分のみを保護することで、バックアップをスピードアップし、Hyper-Vバックアップのフットプリントを削減します。Veeam Backup & Replicationでは、変更ブロック追跡テクノロジーにより増分バックアップのスピードと効率を高め、極めて厳しいバックアップウィンドウにも対応できるようにします。

データを活用してさらに多くを実行

Veeam DataLabs™ On-Demand Sandbox™を使用すれば、Hyper-Vバックアップのコピー内にある大量の本番データをオンデマンドの分離された仮想サンドボックスに送信することにより、導入やテストで簡単に使用できます。

ディザスタリカバリへの
万全の備え

Veeam Backup & Replicationはレプリケートされた全てのVMに対し、完全なレプリカとリストア・ポイント・チェーンを作成します。何らかの理由で元のVMに障害が発生した場合には、数分で、最新のリストアポイントかそれ以前のポイントに一時的または永続的にフェイルオーバーできます。

Hyper-V、クラウド、物理環境などを保護

Veeamユニバーサルライセンス(VUL)のシンプルさと柔軟性を活用することで、ライセンスに関する作業ではなくバックアップに集中できます。

製品の価格とライセンスを確認する

FAQ

Hyper-Vをバックアップするには、どうすればよいですか?

Hyper-Vのバックアップ(Hyper-V VMのバックアップを含む)を適切に行うためには、少なくともホストレベルで保護し、全てのHyper-V VM、そのストレージ、データ、構成をキャプチャする必要があります。これらの操作を簡素化するために、Veeam Backup & Replicationなどのバックアップソフトウェアがお客様に代わってプロセスを調整し、Microsoft VSSとネイティブにやりとりしてバックアップ用のHyper-V環境を準備します。この統合された調整によって一貫性のあるHyper-Vバックアップが確実に行われ、バックアップ中に全てのデータがキャプチャされることになるため、お客様の復元目標に合わせてあらゆる種類の復元オプションを自由に使用することができます。

  • この一貫性を実現するために、Veeam Backup Managerはバックアップの前に、VMおよび仮想化ホストに関する情報をMicrosoft Hyper-Vから問い合わせます。
  • Veeam Backup & Replicationは、Microsoft Hyper-V VSSに、バックアップ用のVMの統合されたポイントインタイムコピーの作成を要求します。Microsoft Hyper-V VSSは、ハイパーバイザーのバージョンに応じて、ボリュームスナップショットまたはVMチェックポイントを作成します。

  • Hyper-Vバックアップを管理可能な状態で維持するために、Veeam Backup & Replicationは変更ブロック追跡(CBT)を使用して、直前のジョブセッション後に変更されたデータブロックのみを取得します。 

  • バックアッププロキシがVMデータの読み取りを終了すると、Veeam Backup & ReplicationはMicrosoft Hyper-V VSSにクリーンアップ操作の実行を要求します。

Hyper-Vのレプリケーションとは何ですか?

VMバックアップに加え、復元目的で使用できるHyper-V VMレプリカも作成することができます。

  • Hyper-Vのレプリケーションでは、すぐに起動できる状態のVMの正確なコピーを利用できるため、最短の目標復旧時間(RTO)値が得られます。 

  • Hyper-V VMをレプリケートすると、Veeam Backup & ReplicationではVMの正確なコピーがMicrosoft Hyper-Vのネイティブフォーマットで利用可能なスペアホスト上に作成され、このコピーが元のVMと同期して保持されます。

  • Veeam Backup & Replicationでは、ハイアベイラビリティ(HA)シナリオを目的としたオンサイトでのHyper-Vレプリケーション、または災害復旧(DR)シナリオに備えたリモート(オフサイト)でのレプリケーションのどちらで実行するかを選択できます。WANまたは低速の接続を介したHyper-Vレプリケーションを容易に行うために、Veeam Backup & Replicationはトラフィック送信を最適化し、データの移動を高速化します。 

災害発生時にHyper-V VMを復元するにはどうすればよいですか?

Hyper-Vの災害復旧計画には、災害復旧(DR)およびHAの目的で、同じVMに対してバックアップとレプリケートの両方が必要になることがよくあります。多くの場合、これによって仮想インフラストラクチャのワークロードが増加するだけでなく、互いに独立した2つのVMスナップショットを作成し、本番サイトからVMデータを2回転送する必要があるために追加の作業が発生します。

  • Veeamの差別化要因はここにあります。Veeamではオンサイトやオフサイトでの柔軟な復元方法に加え、バックアップオプションからレプリカを使用することで、本番環境のワークロードを削減できます。 

  • 他のソリューションとは異なり、Veeam Backup & ReplicationはVMデータの読み取り先に、本番環境のホストとストレージを使用しないため、本番環境への影響が軽減されます。バックアップリポジトリに既に存在するバックアップがデータのソースとして使用されます。

  • フェイルオーバーの間に、目的のリストアポイントにVMレプリカが復元され、全てのI/Oプロセスが元のVMからそのレプリカにシフトされます。その結果、完全に機能するVMを秒単位で復元することができます。

Hyper-Vのバックアップにはどのような種類がありますか?
  • ホストレベルのバックアップ:Hyper-Vバックアップを動的に実行するうえで最も望ましい方法は、Hyper-Vホストレベルでバックアップを実行することです。Hyper-Vをホストレベルで保護することで、Hyper-Vのコア構成だけでなく、その全てのVM、仮想ディスク、仮想インフラストラクチャを保護できます。これにより、VMの追加や削除といった操作に合わせて、動的に保護したりスキップしたりすることができます。

  • ゲストレベルのバックアップ:バックアップソリューションの技術力によっては、Hyper-V VMのゲストレベルのバックアップも実行しなければならない場合があります。Hyper-Vホストレベルのバックアップと比較した場合、このレベルは通常、各Hyper-V VMを個別に開いて保護することに伴う追加のオーバーヘッドが発生するため、あまり望ましくありません。

  • オンラインバックアップ:Hyper-Vバックアップをオンライン状態で実行すると、アプリケーションをオフラインにすることなく、Microsoftアプリケーションとそのデータを含むワークロードをキャプチャできるため、ビジネスに影響を及ぼします。Microsoft VSSを活用することで、バックアップに使用できるスナップショットを作成するのに十分な時間だけ、アプリケーションを適切に「静止」または一時停止できます。完了すると、バックアップソリューションとVSSは、バックアップ後に必要なクリーンアップやログのフラッシュを実行します。

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。

Veeamの製品に関心をお寄せいただき、
ありがとうございます。

以下のメールアドレスに確認メールを送信いたしました:
 
次のステップに進み、製品の利用を開始しましょう
  1. 製品のダウンロード
  2. ライセンスキーの有効化

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.

カスタムデモを申し込む

送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.