評価版

仮想環境のための強力な予測・計画機能を提供するVeeam Management Pack for System Center 2012を新規リリース

Veeam MP v6に新しく組み込まれたキャパシティ プランニング レポートとパフォーマンス ダッシュボードにより、Microsoft System Center 2012内で現在および将来のVMwareインフラストラクチャを把握できるようになりました

シンガポール、2013年4月5日

クリックしてTweet:System CenterでVMwareの予測と計画を可能にする新しいVeeam Management Pack v6

ニュース内容:

  • Windows Server Hyper-V および VMware向けのバックアップ、レプリケーション、および仮想化管理ソリューションを提供している革新的プロバイダVeeam Softwareは本日、Veeam Management Pack™ (MP) v6 for VMwareの発売開始を発表しました。Veeam MP v6 for VMwareは、Microsoft System Centerを使用する大中企業のIT組織に、VMware環境の管理を効率化するための強力な予測・計画機能を提供します。
  • Veeam MPは、VMwareに関する詳細な監視、管理およびキャパシティ プランニング機能を提供することにより、System Centerの機能を拡張し、物理および仮想の両方のインフラストラクチャとアプリケーションを1つのコンソールに統一された方法で表示します。Veeam MPの主な機能は次のとおりです。
    • 仮想マシン、VMware vSphere、そこで稼働しているリソースなど、VMwareインフラストラクチャを詳細に表示
    • 将来必要な容量を効果的に計画
    • 問題を迅速に解決してサービス レベル要件を達成
    • データセンターの効率を継続的に向上
  • Veeam MPのこの新しいリリースには、ホスト障害のモデリング、データストアのパフォーマンス予測、vSphereクラスのパフォーマンス予測、およびVMキャパシティ予測に関する新しいVMwareキャパシティ プランニング レポートが用意されています。これらのレポートにより、IT担当者は、潜在的なキャパシティ問題がトラブルの原因となるずっと以前に、それらについて注意を向けることができます。また、仮想インフラストラクチャに対する特定の変更がパフォーマンスにどのような影響を与えるかを把握するのに役立つ強力なwhat-ifモデリングも含まれます。
  • Veeam MP v6を使用することにより、IT担当者は、「このホストが故障したらパフォーマンスはどうなるのだろう」や「このVMに使用可能なストレージ容量がなくなるまで何日あるのだろう」というような疑問を簡単に解決することができます。
  • Veeam MPには、さらに次のような機能も含まれています。
    • 新しいストレージ、ネットワーク、および計算トポロジー ビュー:ストレージ トポロジおよびネットワーク トポロジでは、VMに、ストレージ、およびVMが使用しているソフトウェア定義ネットワーク コンポーネントをそれぞれ割り当てます。計算トポロジでは、IT担当者は、ホスト、その物理ハードウェア、論理ハイパーバイザー コンポーネント、それらが実行するVMを表示できます。
    • 30の新しいSystem Center 2012ダッシュボード:新しいSystem Center 2012 Operations Managerダッシュボード ウィジットを利用して、クリティカルなvSphereシステムのリアルタイム ビューを表示します。ダッシュボードには、「クラスタあたりのCPU使用量が最も高い上位10のホスト」や「データストアあたりのディスクI/Oが最も多い上位10のVM」などがあります。
    • 新しいvSphere分析レポート:vSphereインフラストラクチャ内の一般的な問題に関する使いやすいレポートが新たに用意されました。これには、次のものがあります。
      • データストア スペース ヒートマップおよびデータストア パフォーマンス ヒートマップ:カラー コードは、データストアごとのVMのスペース使用率と増大率を一方のレポートに表示し、データストアごとのVMのIOPSおよび待ち時間をもう一方のレポートに表示します。
      • VMの稼働時間:VMの可用性を追跡し、サービス レベル目標を確実に達成できるようにします。
      • 上位トラブルメーカー:環境内で最も問題が多く、最も多くのアラートを生成するvSphereオブジェクトをリストします。
      • 大きすぎるVMと小さすぎるVM:データセンターをより効率的に運営するために、適切なサイズのVMリソースに関するガイダンスを提供します。
      • ゾンビVM:リソースを無駄にしているアイドル状態のVMや電源が切られているVMを特定します。
    • ユニークなパフォーマンス分析モニタと相関モニタ:これらの種類のモニタは、アラートの説明内に動的な相関データを表示します。他のVMwareモニタリング ソリューションと異なり、これらのモニタは、複数のパフォーマンス メトリックス データを受け入れ、他のvSphereオブジェクトから相関データを収集するため、問題を短時間で解決するのに役立ちます。例えば、ホストCPU使用率アラートは、そのホスト上でCPUを最も使用している上位5つのVMに関する情報を提供します。
  • Veeam MP v6は、Microsoft Windows Server 2012、Microsoft System Center 2012 SP1、およびVMware vSphere 5.1をサポートします。
  • Veeam MP v6は、Windows Server 2012認定を取得しています。
  • Veeamは、2012年Microsoft Management and Virtualization Partner of the Yearを受賞しました。
  • Veeam MPは、Monitoring Management & Performance部門のVirtualisationAdmin.com Readers' Choice Award 賞を受賞しました。

関係各社の談話:

Microsoft社Server and Tools Marketing部門ディレクターBrian Hillger氏

「相互運用性に対するMicrosoftのコミットメントに従い、Veeam MPは、Microsoft System Centerの能力を拡張し、企業のIT担当者にvSphere環境の詳細な可視性を提供します。System Centerは、異種環境でも、IT担当者が物理インフラストラクチャと仮想インフラストラクチャの両方を管理できる単一のコンソールを提供します。System Centerの機能拡張を重視したVeeamが、2012年Microsoft Management and Virtualization Partner of the Yearを受賞したのは当然です。」

BEarena社上級コンサルタントDerek Hennessy氏

「Veeam MPのおかげで、環境の状況を『1枚のガラス窓』に詳細に表示できるようになりました。Veeam MP v6に新しく組み込まれた機能により、以前よりもはるかに短時間で問題の根本的な原因を見つけ出すことができ、解決に要する時間を短縮されるようになりました。また、新しいキャパシティ プランニング機能により、オペレーターは、よりプロアクティブに、かつ効率的に問題を解決できます。物理および仮想の両方のコンポーネントを一度にまとめて表示できるため、環境全体を総合的に把握できます。Veeam MPは間違いなく、市販されているVMware仮想環境用監視ツールの中で最も優れたツールであり、事業を新たな高みへと成長させるのに役立っています。もう一度言いますが、Veeamは、時代を先取りしています。」

Enterprise Strategy Group社上級アナリストJason Buffington氏

「Veeamは、長い間、早い段階でVMware特有のバックアップ問題を解決した革新者として知られており、そのノウハウをHyper-Vのユーザーに提供してきました。今、Veeamは、その洞察をVMwareのモニタリング シナリオに提供しています。Microsoft System Centerで管理され、VMwareハイパーバイザー上で仮想化されるWindowsサーバーの巨大なベースがあります。System Centerは、Windows環境のための幅広いモニタリングおよび管理機能を適用しますが、Microsoftのプライベート クラウド管理のビジョンを完全に実現するには、vSphereインストルメンテーションの可視性を向上する必要があります。そのギャップを埋めるVeeam MP v6は、必ずやSystem Centerの管理者やパートナーを満足させるはずです。」

Veeam Software、APAC技術ディレクターCharles Clarke氏

「仮想化は今や、最先端のデータセンターにおいて主流となっている環境です。そのため、企業の健全性を維持するには、仮想化を効果的に管理することが絶対的に必要不可欠です。Veeam MP v6を使用すれば、組織は、すでに熟知している管理フレームワーク、すなわち、Microsoft System Centerを使用して仮想VMware環境を制御することができます。」

新規お客様の特典

Microsoft System Centerをすでに配備しているか、またはその予定があり、新規にVeeam MPをご使用いただくお客様に限り、10ソケット分のVeeam MPと1年間の保守を無償でご利用いただけます。このライセンスは無期限で、完全な機能が含まれます。詳細については、http://www.veeam.com/jp/freempを参照してください。

出荷時期

Veeam Management Pack v6は販売が開始されました。

Veeam Softwareについて

Veeam® Softwareは、VMwareバックアップHyper-Vバックアップおよび仮想化管理のための革新的なソリューションを開発しています。Veeam Backup & Replication™は、No.1のVMバックアップ ソリューションです。Veeam ONE™は、単一でVMwareとHyper-Vの両方に対応したリアルタイム モニタリング、リソース最適化、および管理レポート作成の機能を提供するソリューションです。Veeam Management Pack™ (MP)およびSmart Plug-in™ (SPI)は、VMwareのエンタープライズ モニタリングをMicrosoft System CenterおよびHP Operations Managerに拡張します。Veeamはさらに、無償の仮想化ツールも提供しています。詳細については、http://www.veeam.com/jp/を参照してください。