無償の仮想マシン・バックアップ・ソリューション - Veeam Backup™無償版 (VeeamZIP)

新登場 Veeam Backup Free Edition 9.5

必携のvSphereおよびHyper-V向け無償VMバックアップ

Veeam Backup Free Editionに関するビデオを見る(2分間)

Veeam® Backup Free Editionは、VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-V仮想環境において、仮想マシン(VM)のアドホック・バックアップ、復元および管理のためになくてはならない無償ツールです。エージェントを展開する必要がなく、強力な復元オプションとVeeamZIP™を備えているため、重要なVMに対して柔軟性と信頼性の高いソリューションが得られます。

従来のバックアップの契約を変更できない場合や厳しい予算の中で運用している場合でも、この無償のVMバックアップ・ソフトウェアなら、日常のVM管理に役立ちます。

ダウンロード
無期限、VM 数無制限の無償版

多数の機能を備えた無償のバックアップツール

ネイティブ・テープ・サポート

NTBackupやWindows Serverバックアップ(WSB)の除外に伴い、ITツールボックスの重要な部分が失われます。

Veeam Backup Free Editionは、次のものをサポートすることにより、この機能を置き換えます。

  • 仮想テープライブラリ (VTL)
  • テープライブラリ
  • スタンドアロンのテープドライブ
  • 実行中のアプリケーションからファイルをバックアップするためのMicrosoft VSS
  • 並列処理
  • 不明のメディア・チェンジャー(ネイティブのSCSIコマンドを使用)
  • グローバル・メディア・プール
  • テープからのVMの直接復元NEW

Direct NFSアクセス

Veeam独自のNFSクライアントを使用して、ファイルベース (NFS) のプライマリストレージから直接バックアップすることにより、仮想環境に対する影響を低減してvSphereの高速バックアップを実現します。

アプリケーションアイテムの復元とE-Discovery

Veeam Backup Free Editionを使用すると、面倒な復元作業のほとんどすべてに対応できます。迅速かつ簡単に復元するために、次の機能を使用して必要なものだけを特定できます。

Veeam Explorer™ for Microsoft Active DirectoryENHANCED:個々のActive Directoryオブジェクト(ユーザー、グループ、コンピューター・アカウント、連絡先、期限切れリンクNEWなど)を迅速に復元し、LDIFDEユーティリティで使用するために、プライマリ・グループIDを含めて、Active Directoryオブジェクトをイメージレベルのバックアップから直接エクスポート

詳細はこちら

Veeam Explorer for Microsoft SharePointENHANCED:SharePoint 2010、2013および2016NEWのバックアップおよびデータベースの参照、特定のファイルの検索と迅速な復元

詳細はこちら

Veeam Explorer for Storage SnapshotsENHANCED:Hewlett Packard Enterprise(HPE)、NetApp、Dell EMCおよびNimbleNEWのスナップショット機能を活用して、ステージングや追加の作業を必要とすることなく単一のファイルまたはVM全体をストレージ・スナップショットから2分足らずで復元

詳細はこちら

Veeam Explorer for Microsoft ExchangeENHANCED:Exchange 2010、2013および2016のバックアップの可視化、高度な検索機能、個々のExchangeアイテム(電子メール、連絡先、メモなど)、オンライン・アーカイブ・メールボックス、削除フォルダのサポートNEW、物理的に削除された(完全に消失した)アイテムの迅速な復元。高度なE-Discovery機能には、詳細なエクスポート・レポートと検索基準に基づくクエリ結果サイズの推測が含まれます 

詳細はこちら

Veeam Explorer for Microsoft SQL ServerENHANCED:個々のデータベース ファイルの検索を必要とすることなくSQLデータベースを復元し、時間を節約。SQL Server 2016のサポートを含むNEW

詳細はこちら

Direct Restore to Microsoft Azure

Veeam Disaster Recovery in Microsoft Azureの一部

Direct Restore to Microsoft Azureは、Veeamバックアップにクラウドへの復元を提供することで、リソース割り当てを最適化しつつコストを最小化します。ユーザーはこの機能により、自動化されたP2VまたはV2V変換プロセスを使用して、オンプレミスのVMware VM、Hyper-V VM、物理サーバーおよびエンドポイントをクラウドに復元または移行することができます。

Direct Restore to Microsoft Azureは、Veeam PN for Microsoft AzureNEWと緊密に連携します。Veeam PN for Microsoft Azureは、軽量のsoftware-defined networking(SDN)を使用してAzure内のDRサイトのセットアップを簡易化、自動化するための無償のソリューションです。この2つのソリューションの組み合わせによりVeeam Disaster Recovery in Microsoft Azureを実現します。

詳細はこちら

vSphere vMotion不要のVM移行

Veeam Backup Free Editionを使用すると、ライブVMware VMをどんなホストまたはデータストアにも移行可能。クラスターや共有ストレージを使用しない場合でも同じ。

Quick Migration機能により、ライブVMを任意のESXiホストまたはデータストアに移行可能。クラスターや共有ストレージは不要。

Quick Migrationユーティリティは、ネイティブのVMwareテクノロジとVeeam独自のテクノロジを活用して、次のような移行シナリオにも対応。

  • ローカルのデータストアから共有ストレージへのVMの移行
  • 2つの別個のESXiホストおよびデータストア間でのVMの移行

Quick Migrationを使用すると、vSphere vMotionやStorage vMotionを利用できない場合でも、ライブVMをどんなソースからでも任意の場所に簡単に移行可能。また、VeeamのSmartSwitchテクノロジにより、ダウンタイムをわずか数秒に短縮。

Hyper‑V上でのダウンタイムのないVMのエクスポート

Hyper-Vは、VMをカプセル化してエクスポートできますが、時間がかかるだけでなく、VMを一時停止するか、または電源を落とす必要があります。VeeamZIPは、すべての仮想ハードディスクおよび構成ファイルを単一の圧縮されたバックアップにカプセル化して、別のホストに復元することができます。インポートを成功させるために、.expファイルの管理やフォルダの格納場所について心配する必要はありません。

VMとホスト・ファイルの管理

ファイルやフォルダを必要に応じてコピーするか、またはファイルコピージョブをスケジュールすることができます。

Veeam Backup Free Editionには、次の強力なファイル管理機能が含まれています。

  • VMおよびホスト・ファイルを、使い慣れたエクスプローラー形式で表示
  • データストア間でのVMおよびテンプレートのコピーや、ホスト間でのコピーなど
  • ISOファイルのホストへの送信など、ホストとWindows/Linux間でのコピー

Veeamの実証済みのテクノロジにより、高速で柔軟性のあるコピー機能を利用することができます。

VMware vCloud Directorのサポート

Veeam Backup Free Editionは、vCloud Director (vCD) インフラストラクチャの統合された可視性、VeeamZIPによるバックアップ (vAppおよびVMのメタ データと属性のバックアップを含む)、およびvCDへの直接的な復元を提供します。

vSphere、Hyper-V、およびWindows Serverのサポート

Veeam Backup Free Editionは、VMware vSphere 4.x、5.xおよび6.0プラットフォーム(62TB VMDKのサポートを含む)、ESXi 4.x、5.xおよび6.0ホスト、vCloud Director 5.5、Virtual SAN、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2 Hyper-Vおよび無償版Windows Server Hyper-V 2016と無償版Hyper-V Server 2012 R2(64TB VHDXおよびSMB 3.0ストレージ上のVMを含む)を完全にサポートします。さらに、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2およびWindows 8.1ゲストもサポートします。また、Veeam Backup Free Editionは、いずれのオペレーティング・システムに展開することもできます。

永久に無償

Veeam Backup Free Editionは、VMの管理に役立つ多数のユーティリティを無償で提供します。使用期限はなく、ホストやVMの数にも制限がありません。また、個別のVMのアドホック・バックアップを簡素化することにより、通常のバックアップ・ソフトウェアを補完します。他にも機能が必要であれば、Veeam Backup & Replication™をぜひお試しください。ライセンス・キーをインストールするだけで、Standard、EnterpriseまたはEnterprise Plusの各エディションに簡単にアップグレードできます。ここをクリックすると、30日間の評価版をすぐに入手できます。

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

評価版をお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ