データ回復力におけるNo.1 グローバルリーダー

Veeam、ソフォスと戦略的パートナーシップを締結  ビジネスクリティカルなバックアップに対する高度なセキュリティを提供

Veeamとソフォスのテクノロジーを統合し、データの迅速なリカバリを実現。サイバーセキュリティに対する脅威検出、適切な対応策定、重要な情報をリアルタイムに交換

2023年10月24日 米国オハイオ発 抄訳 - データ保護とランサムウェアリカバリソリューションのリーダー企業であるVeeam® Software(以下、Veeam)は、本日、サイバーセキュリティ分野において革新的なサービスを提供するグローバルリーダー企業であるソフォスと戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。

本提携により、「Veeam Data Platform」と「Sophos Managed Detection and Response(MDR)」は統合され、脅威検出機能の向上と対応が追加されます。それにより、ランサムウェア攻撃者が身代金を得るために、企業や組織のバックアップ環境を操作、削除、変更を試みることに対して、お客様のビジネスクリティカルなバックアップのセキュリティを強化します。

サイバー攻撃が増加する中、もはや問題点は「いつ」「どのような場合に」サイバー攻撃を受けるのかではなく、「どのくらいの頻度で」影響を受けるかであり、企業にとって、適切な保護とリカバリ機能を備えることがこれまで以上に重要になっています。

VeeamとSophosのテクノロジーは、サイバーセキュリティ脅威を確実に検出し、必要な対応を策定することで、影響を受けたデータを迅速にリカバリします。ランサムウェアが頻発する今日においても、データが常に利用可能で、何かが起きても簡単にリカバリができる環境を確保できるため、お客様は安心してビジネスを行うことができます。

「Veeam Data Platform」と「Sophos MDR」について

「Veeam Data Platform」は、お客様の本番ワークロードとバックアップ環境に対する潜在的な脅威を検出するために組織の環境を監視します。このソリューションは、ランサムウェア、ネットワーク侵害、対話型の侵害(ハンズオンキーボード攻撃)などを含む複雑な攻撃を迅速に検出し、無効化する対応を行う専門チームによる24時間365日のフルマネージドサービスを提供します。

ソフォスの「Sophos MDR」のセキュリティオペレーションチームは、攻撃が発生しているかどうかを判断し、攻撃者を阻止、封じ込め、完全に排除するための措置を講じます。

本パートナーシップの主な特徴

  • ランサムウェア攻撃の防御
    ソフォスの高度な脅威検出および防止機能と、Veeamのイミュータブルバックアップおよびバージョン管理により、バックアップデータの安全性とリカバリ力を確保します。
  • 検出された脅威への対応時間の改善
    「Sophos MDR」のセキュリティオペレーションの専門家は、検出した脅威を阻止するために即座に対応を実施します。業界をリードする平均38分の応答時間を実現します(業界ベンチマークより96%短縮)。
  • 内部セキュリティ脅威の特定:
    マルウェアのような社内外の脅威を包括的に監視し、バックアップデータに危害を及ぼす可能性のある不正や活動を検出します。
  • バックアップの誤削除の防止:
    バックアップのバージョン管理、アーカイブ、イミュータブルストレージオプションによって、バックアップデータを意図しない操作から保護します。
  • コンプライアンスの維持:
    堅牢なデータ保護とセキュリティ機能により、GDPR(EU一般データ保護規則)、HIPAA(医療保険の携行性と責任に関する法律)、その他の業界固有の規制などのコンプライアンス要件を満たすことができます。
  • サイバー保険の加入条件を満たす
    「Sophos MDR」は24時間365日で脅威を監視します。これによって、サイバー保険の加入・更新、保険金請求に必要な要件を満たすほか、より豊富な補償内容を選択するサポートに役立ちます。

提供時期

「Veeam Data Platform」と「Sophos MDR」による統合ソリューションは、2023年末の提供開始を予定しています。

※詳しい情報はhttps://www.veeam.com/jpをご確認ください。

コメント

ソフォスのテクノロジーオペレーション担当バイスプレジデントであるマーティ・ウォード(Marty Ward)氏は、次のように述べています。

「ソフォスの「テクノロジーリーダーのための2023年版アクティブアドバーサリーレポート」でも明らかなように、活動的な攻撃者は戦術、技術、手順(TTP)を巧みに進化させ、多くの組織の検知能力を上回ることがよくあります。安全なバックアップの必要性は最も重要であり、ビジネスクリティカルなデータを守るためには、常時稼働のセキュリティ運用が不可欠です。Sophos MDRは、世界中で1万9,000社以上のお客様がおり、MDRとしては最も広く利用されています。Veeamのお客様にも本サービスサービスを提供できるようになることを光栄に思います」

VeeamのCTOであるダニ・アラン(Danny Allan)は、次のように述べています。

「増大するサイバー攻撃の脅威には、各社が協力して包括的な保護をお客様に提供することでしか対処しきれません。データプロテクションとランサムウェアリカバリの世界No.1プロバイダーであるVeeamと、MDRの世界的リーダーであるソフォスが統合することで、現在の市場において最も網羅的なサイバーセキュリティプロテクションとリカバリをお客様に提供することができます。どんなことが起きてもお客様がビジネスを継続できるようにすることは、Veeamの抱えるミッションの核を成すものです。今回の提携によりエンドツーエンドのアプローチを構築することは、全体的なセキュリティ対策の強化とリカバリを可能にし、悪質なハッカーからお客様を保護する新たな一歩となります」

※その他のコメントは、原文をご覧ください。

ソフォスについて

ソフォスは、組織をサイバー攻撃から守るDetection and Response (MDR) サービスやインシデント・レスポンス・サービスのほか、幅広いエンドポイント、ネットワーク、電子メール、およびクラウドのセキュリティ技術群を含む高度なサイバーセキュリティ・ソリューションを開発・提供する世界的なリーダーです。ソフォスは、サイバーセキュリティに特化した最大級のプロバイダーとして、全世界で50万以上の組織と1億人以上のユーザーを、アクティブアドバーサリ、ランサムウェア、フィッシング、マルウェアなどから保護しています。ソフォスのサービスと製品は、クラウドベースの管理コンソールSophos Centralに接続され、3つのサイバーセキュリティ専門家チームから構成される脅威インテリジェンス組織であるSophos X-Opsの支援を受けています。Sophos X-Opsのインテリジェンスは、ソフォスの適応型サイバーセキュリティエコシステムのあらゆる場所で最適な形で活用できます。このエコシステムには一元的なデータレイクが含まれ、顧客、パートナー、開発者、他のサイバーセキュリティおよび情報テクノロジーベンダーは豊富なオープンAPIセットを活用して、このデータレイクにアクセスできます。ソフォスは、フルマネージドのターンキーセキュリティソリューションを必要としている組織にサービスとしてのサイバーセキュリティを提供しています。企業や組織は、ソフォスのセキュリティオペレーションプラットフォームを使用して直接サイバーセキュリティを管理することも、脅威の検出や修復についてもソフォスのサービスを利用して社内チームの能力を補完するハイブリッドなアプローチを採用することもできます。ソフォスは、世界各国のリセラーパートナーやMSP(マネージドサービスプロバイダー)から製品およびサービスを販売しています。ソフォスの本社は英国オックスフォードにあります。詳細についてはhttps://www.sophos.com/ja-jp.aspxをご覧ください。

Veeam Softwareについて

Veeam®は、データ保護とランサムウェアリカバリの世界No.1マーケットリーダーとして、すべての組織のデータ障害や損失の回復を行うだけでなく、ビジネスが前進できるよう支援することをミッションとしています。Veeamを使用することで、組織はハイブリッドクラウドのデータセキュリティ、データ復旧、データの自由を通じて、企業や組織の基盤となるレジリエンスを実現します。Veeam Data Platformは、クラウド、仮想、物理、SaaSおよびKubernetes環境向けの単一ソリューションで、アプリやデータを常に保護・利用可能にすることで、企業の事業継続を支援しています。Veeamは、米国オハイオ州コロンバスに本社を置き、30か国以上で事業所を展開しています。グローバル 2,000の73%を含む45万社以上のお客様の事業継続を支援しています。基盤となるレジリエンスはVeeamから始まります。公式HPLinkedInX