セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

Veeam Softwareについて

リーダーシップ・チーム

Peter McKay

共同最高経営責任者兼社長

共同最高経営責任者兼社長ならびに役員会の一員であるPeter Mckayは、Veeamのセールス、セールス・オペレーション、マーケティング、財務、および人事部門の責任者であり、Veeamを更なる発展へ導くことを目標としています。

Peter Mckayは、Veeamに入社する前は、VMwareのアメリカ地域の各部門で数々の優れたリーダーシップを発揮してきました。VMwareでは、セールス、エンドユーザー・コンピューティング、アメリカ地域担当副社長を務めた後、アメリカ地域担当最高執行責任者(COO)に昇格し、すべての市場開拓機能の整合性と統合の最適化に尽力し、アメリカ地域エンタープライズ担当上席副社長、そして最終的にはアメリカ地域担当上席副社長兼ゼネラル・マネージャーとなりました。

Peter Mckayは、2010年から2013年10月まで社長兼CEOを務めていたDesktoneの買収により、VMwareに加わりました。Peter Mckayは、2001年から2008年7月までセキュリティ・ソリューション・プロバイダーのWatchfire(2007年にIBMにより買収)、そして1998年から2001年までeCredit(Internet Capital Groupにより買収)に勤務しており、ベンチャー・キャピタルより支援を受けた2社で社長兼CEOを務めていました。また、Peter Mckayは、Insight Venture Partnersの“Executive-in-Residence”を務めていました。

Peter_profile.jpg

Kate Hutchison

最高マーケティング責任者

最高マーケティング責任者のKate Hutchisonは、Veeamのグローバル・マーケティング組織を統括し、ブランド推進力を強化するための継続的な取り組みを担当しています。

Veeam入社以前にはRiverbed、Polycom、VMware、Citrix、BEAをはじめとする様々なソフトウェアまたはハードウェア・テクノロジー企業のCMOを務めており、マーケティングリーダーとして20年以上の経験を有します。前職ではRiverbed社のシニア・バイス・プレジデント兼CMOとして、市場戦略の転換とブランド再編を先導。この取り組みにより、Riverbed社の対象市場規模は全体で約11倍に拡大しました。VMware社では、ハイパーバイザーのベンダーからプライベート・クラウドとパブリック・クラウドの構築を支援する仮想化ソリューションのプロバイダへと成長した同社のポジショニング戦略を推進。Citrix社では、3年間で売上を2倍の10億ドルに拡大しアプリケーションのアクセスおよび配信分野のリーダーとしての地位を獲得するための戦略の立案に携わっています。BEA社ではマーケティングの全面的な統括責任者として、わずか3年で売上を3億ドルから10億ドルに伸ばした同社の急成長を支えました。

サンフランシスコ州立大学で修士号を取得。学士号を取得したロングアイランド大学のサウサンプトン・カレッジ(現在はニューヨーク州立大学ストーニーブルック校に統合)では、2005年のDistinguished Alumni賞を授与されています。

kate-profile.jpg

Jeff Giannetti

アメリカ地域セールス担当シニア・バイス・プレジデント

Jeff GiannettiはVeeamのアメリカ地域セールス担当シニア・バイス・プレジデントとして、パートナーおよび提携各社との協力関係を通じて、Veeamのワールド・クラスのソリューションの力で、SMBからエンタープライズまで、それぞれの市場にて当社のプレゼンスを拡大すべく尽力しています。

Veeamに入社する前は、Cleversafe, Inc.にて、また2015年にIBMに買収されてからはIBMにて、IBM Cloud Object Storageのグローバル・セールス部門を率いていました。またNetApp, Inc.には約12年にわたり在籍し、同社の売上が10億ドルから60億ドルへと拡大するなか、数々の上級リーダーシップ・ポジションを歴任していました。さらに、Sun MicrosystemsやErnst & Young、Lotus Developmentでも、営業担当や営業部門の責任者を務めていました。

学歴としては、ペンシルベニア州立大学にて中等教育の学士号を取得しています。

jeff-giannetti-profile.jpg

Olivier Robinne

EMEA担当シニア・バイス・プレジデント

Olivier RobinneはVeeamのEMEA担当シニア・バイス・プレジデントとして、EMEA(欧州、中東、アフリカ)の販売活動の促進および、マーケティング、オペレーション、サービスの調整に責任を負っています。

ソフトウェア業界の経営企画において30年以上にわたる経験を有するOlivierは、業界内にて広く尊敬を集めるエグゼクティブです。Veeamでの在籍期間は6年に及び、その間、EMEAチームを着実に成長へと導き、2018年には年間売上10億ドルを達成しようとする当社の急成長を支える地域へとEMEAを押し上げました。

Veeamに入社する以前は、Dellにて、最初は戦略的アカウント・セールス・ディレクターとして、後には南欧担当バイス・プレジデントとして、付加価値の高い販売活動開発で中心的役割を担っていました。それ以前は、BMC Software、CA Technologies、Sterling Softwareにてコマーシャル・マネージャーを務めていました。

学歴としては、パリにあるフランス国立工芸院(ENSAM)を卒業しています。また現在も妻と二人の子どもと共にパリに在住しています。

olivier-robinne-profile.jpg

Shaun McLagan

アジア太平洋地域・日本担当シニア・バイス・プレジデント

Shaun McLaganはアジア太平洋地域・日本担当シニア・バイス・プレジデントとして、アジア太平洋地域と日本のすべての市場における当社の成長に責任を負っています。

Shaunはセールス、プレセールス、コンサルティングにおいて20年以上にわたる経験を有する、この業界のベテランです。また、グローバルな視点を持つリーダーであり、これまでも、シンガポール、オーストラリア、カナダにおいてEMC、Oracle、HPといった主要なIT企業で活躍してきました。最近では、Dell EMCにて、データ保護ソリューションに関するアジア太平洋地域・日本担当のバイス・プレジデントを務めていました。10年以上の経験を有するEMCのベテランであり、オーストラリアおよびニュージーランドにてRSAを率いていました。

学歴としては、ウェスタン・オンタリオ大学(キングス・ユニバーシティ大学)にて政治学の学士号を取得しています。

shaun-mclagan-profile.jpg

Austin Martin

HR、ストラテジーおよびオペレーション担当シニア・バイス・プレジデント

人事、戦略および運営担当シニア・バイス・プレジデントを務めるAustin Martinは、最高の人材の育成、誘致、保持に注力するとともに、効率的な意思決定と効果的な業務運営の実現に取り組んでいます。また、テクノロジー分野における才能ある女性を対象にしたVeeamの職能開発プログラム「Women in Green」のエグゼクティブ・スポンサーも務めています。

技術戦略、運営、財務分野で15年間の経験を有するAustin Martinは、2016年7月にVeeamに入社しました。Veeamに入社する前は、VMware社のシニア・ディレクターとして、南北アメリカの企業を対象にした販売チームの販売戦略および運営を担当し、南北アメリカ販売・運営部門のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選出されました。VMware社に移籍する前はEMC社で戦略、分析、投資チームを統括し、グローバル・チャネルの販売をサポートしてきました。それ以前には、Bain & Company社のケース・チーム・リーダーとして、Fortune 500企業や中小企業の経営陣と戦略および運営上の問題で連携した経験があります。Austin Martinは、Deutsche BankとFirst Albany Capital社のテクノロジー分野に焦点を当てた投資銀行グループでキャリアをスタートしました。

学位を取得したワシントンD.C.のジョージタウン大学ではイエズス会系カレッジおよび大学の友愛会であるAlpha Sigma Nuに入会しており、マサチューセッツ州ケンブリッジのMITスローン・スクール・オブ・マネジメントで経営学修士号を取得しました。

austin-martin-profile.jpg