データ回復力におけるNo.1 グローバルリーダー
ホワイトペーパー
2024年4月19日

2024年のハイブリッドクラウドとマルチクラウドの状況

登録して読む

登録することで、Veeamのプライバシー通知に従って当社が個人情報を管理することに同意したものと見なされます。
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシー通知に従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したものと見なされます。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

2024年のハイブリッドクラウドとマルチクラウドの状況

『2024データプロテクションレポート』の調査によると、本番ワークロードの半分近くがパブリッククラウド内で実行されており、残りはデータセンター内の物理サーバーと仮想マシンに均等に分散されています。

『2024データプロテクションレポート』から、新たな調査サマリー『2024年におけるハイブリッドクラウドおよびマルチクラウドの現状』をお届けします。

新たなデータやインサイト、「クラウドスマート」な戦略にアクセスして、ビジネスリーダーやITリーダーがハイブリッドクラウドとマルチクラウド特有の課題へどのように対応しているかを、クラウドアーキテクト、エンジニア、バックアップ管理者の方々にご覧いただけます。以下の内容をご確認ください。

  • 最新のデータ保護に欠かせないクラウドワークロードの信頼性と保護
  • サイバー回復性とランサムウェアに合わせたデータ保護
  • 最新のデータ保護にクラウド中心の機能が少なくとも1つ必要な理由
  • データ保護の予算の92%が今後増加する2024年。クラウドコストを管理しつつニーズを満たしていくにはどうすればよいでしょうか。
  • その他多数