新登場 Veeam ONEおよび
Veeam ONE Free edition
9.5

Veeam Availability Suiteの一部

IT環境全体の詳細な可視性 

 Veeam ONEは仮想、物理、クラウドベースのワークロードを含む、IT環境全体の詳細な可視性を提供します。VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-Vの管理をサポートするVeeam ONEでは、インタラクティブ・ツールを利用したプロアクティブな監視とアラートが可能で、ユーザーは本番環境への影響が出る前にVM、物理サーバー、PC、クラウドベースのリソースの潜在的な問題に関するアラートを受信することができます。
無償評価版をダウンロードする
体験版では機能制限はありません

一貫した可用性の維持

ストレージ・スペースが2日後になくなってしまうこと、または設定の問題により5台のVMをバックアップできないことがわからなくて、最短の目標復旧時間と目標復旧時点を達成できるでしょうか。

すべてのアプリケーションおよびデータのアベイラビリティを維持するには、仮想、物理、クラウドベースのワークロードを含めたIT環境全体の詳細な可視性が必要不可欠です。Veeam ONEは環境全体の詳細でインテリジェントな監視とレポート作成機能を提供するため、一貫したアベイラビリティを維持・管理するために必要なダッシュボードとインテリジェンス・レポートが提供されます。

  • 仮想環境および物理環境の24時間365日のリアルタイム監視、レポート作成、アラート、管理:ダウンタイムを回避し、SLAを達成し、コンプライアンスを維持するため、仮想インフラストラクチャ、物理サーバー、ラップトップ、PC、クラウドベースのワークロードのアベイラビリティとパフォーマンスに関連する問題をユーザーに通知します。
  • リソースの管理と設定変更の追跡:インフラストラクチャのパフォーマンスを評価し、既存の設定がベスト・プラクティスに沿うことを確認します。
  • キャパシティ・プランニングと予測:what-ifモデリングやリソースのオーバーコミットの追跡により、バックアップ・インフラストラクチャと仮想インフラストラクチャのリソースの使用量および使用率の傾向を予測します。
  • チャージバックと課金:コンピューティング、ストレージ、およびバックアップ・リポジトリのリソースにかかるITコストの詳細な可視性を提供します。
Veeam ONEはIT環境の詳細な可視性を提供
Veeam ONEはIT環境の詳細な可視性を提供

高度なダッシュボード、レポートおよびキャパシティプランニング

Veeam ONEは、高度な分析、業界のベスト・プラクティスおよび何年にもわたる経験に基づいたテクノロジを含み、これまで以上にスケーラブルになりました。ダッシュボードは、必要に応じて詳細な情報までドリルダウンできる機能などを備え、ワンクリックでパフォーマンスに関する詳細な可視性を提供するように設計された1つの多目的ソリューションの中で、バックアップ・インフラストラクチャ、仮想インフラストラクチャ、そして物理インフラストラクチャの正常性評価をひと目で把握できるように表示します。さらに、監視およびレポート作成機能の対象となるVeeam Backup & Replicationサーバー、ホスト、vCenterサーバー、SCVMMサーバー、エージェントおよびHyper-Vフェールオーバー・クラスターの数に制限がないので、大企業でも、環境全体で次のようなVeeam ONEのメリットを簡単に体験できます。

  • 24時間365日のリアルタイム監視、アラート、管理NEW
  • 100以上の事前定義されたアラーム
  • 100以上の事前定義されたレポート
  • バックアップ・インフラストラクチャ評価ツール
  • 物理サーバーとエンドポイントのエージェント管理に関するレポートの作成NEW
  • バックアップ・コンプライアンスに関するレポートの作成NEW
  • Veeam Backup & Replicationv 9.5のレポート
  • 仮想インフラストラクチャおよびバックアップ・インフラストラクチャ向けのチャージバック機能と課金機能
  • 企業向けの高度な展開シナリオ
  • Veeam Cloud Connectの監視機能とレポート作成機能
  • 正常性ダッシュボードとパフォーマンス・ダッシュボード
  • VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-Vのパフォーマンスと設定の評価
  • what if分析とリソース予約による高度なキャパシティ・プランニング
  • 仮想インフラストラクチャとバックアップ・インフラストラクチャの両方の設定変更の追跡
  • 完全にカスタマイズ可能なレポート作成とドキュメンテーション

無償

Veeam ONE 9.5

30日間機能制限なし!

エディション

Veeam ONEには、完全バージョンと 無償バージョンの2つのエディションがあります。どちらのエディションでも、監視およびレポートの対象にできるホスト、vCenter Server、SCVMMサーバーまたはHyper-Vフェールオーバークラスターの数に制限はありません。また、完全バージョンのライセンス キーをインストールするだけで、Veeam ONEの完全バージョンに簡単にアップグレードすることができます。
Veeam ONEの完全バージョンと無償バージョンのすべての違いについては、ここをクリックしてください。

サポートされる環境:

VMwareインフラストラクチャプラットフォーム:

  • VMware vSphere 4.1, 5.x and 6.x; and free ESXi
  • vCloud Director 5.1、5.5
  • vCenter Server 4.1、5.x、6.x

VMwareインフラストラクチャの英語版のみサポートします。

Microsoftインフラストラクチャプラットフォーム:

  • Windows Server 2008 R2 SP1、2012、2012 R2
  • Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 SP1、2012、2012 R2 (有償と無償の両方)
  • Microsoft SC VMM 2008 R2 SP1、2012、2012 R2

VeeamはAvailability for the Always-On Enterpriseを提供します

お客様も、パートナーも、業界のエキスパートも、VeeamがITへの投資を最大限に活用できるよう組織を支援していると感じています。
267,500+
お客様
51,000+
パートナー
100+
業界最高の賞

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

を今すぐお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ