https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvd3AtbmFzLWJhY2t1cC1mdW5jdGlvbi5odG1sIiwiaGFzaCI6ImZjMjcwMTUwLTJlYWEtNGI4MC1hNWUxLTQ4NjA2MDFhNTJhZiJ9
ホワイト・ペーパー
September 18, 2020

「Veeam Availability Suite ⅴ10」 で実装されたNAS バックアップ機能の全貌

登録して読む

英数字と特殊文字(&+-._!'`())のみを使用してください。
送信することにより、Veeamがお客様の個人情報をプライバシーポリシーに従って管理することに同意するものとします。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.

5つ星のうち5(評価数:1件)
ご協力ありがとうございました。
An error occurred during voting. Please try again later.
2020年2月に発表した最新バージョン「Veeam Availability Suite v10」では、NASバックアップがさらに強化されました。昨今、DXの一環として多くの企業がデジタル化、また、テレワークに際するVDIの構築を急速に進めています。しかしながら、実際は各部に散在したシステムやストレージの統合など、一筋縄ではいかないことが多く起こります。本ホワイトペーパーでは、Veeam JapanのSEの視点より、強化されたNASバックアップの機能の具体的なユースケースをお伝えします。