評価版

新登場 Veeam Availability for AWS

AWS向けのナンバー・ワンのバックアップと復元

  • 概要

AWSワークロードのクラウドネイティブのバックアップと復元

Veeam® Availability for AWSは、AWSワークロードのクラウドネイティブのバックアップ、リストア、DR機能と、Veeamの中央リポジトリ内のバックアップ・データ統合機能を統合しています。

これにより、マルチクラウド環境への信頼性の高い移行と環境の全体的な管理が可能になり、これまでにない高いレベルでインテリジェント・データ・マネジメントを実現できます。 

エージェント・レスなAWSのバックアップとリストア

Amazon Web Servicesが提供する堅牢なクラウド・プラットフォームを利用することで、独自のインフラストラクチャを構築して維持する金銭的・時間的な負担をかけずに、ビジネス・アプリケーションを作成して展開することができます。ただし、AWS責任分担モデルに基づき、アプリケーションとデータの管理責任はお客様にあります。

Veeam Availability for AWSは、クラウド・アプリケーションへのアクセスを失うリスクを軽減し、AWSデータの意図せぬ削除、データレベルのセキュリティ上の脅威やサービス停止などから確実に保護します。また、中央リポジトリで全てのVeeamバックアップ・データ(オンプレミスVMや物理サーバーなど)を統合する機能を提供します。

AWS専用のバックアップ・ソリューション

AWS Marketplaceで利用可能な、Veeam-N2WS仮想アプライアンスを使用したAWSスナップショットで、AWS専用のクラウドネイティブかつエージェント・レスなデータ保護を実現します。これにより、完全なサーバーまたはインスタンスから、特定のボリュームや個々のファイルまで、全てを迅速に復元できます。
backup-purpose-built.png
AWSスナップショットから直接、高速かつ信頼性の高いAWSバックアップを作成します

クラウド・モビリティを可能にしコストを節減

enable-cloud-mobility.png
AWSインフラストラクチャからEC2インスタンス・バックアップを分離します
AWS EC2インフラストラクチャからバックアップを分離し、低コストでAmazon S3オブジェクト・ストレージ内またはオンプレミスのデータを保存できます。Amazon EBSスナップショットからバックアップを分離して保存することで、データ保護コストを節減し、データ保持オプションを改善し、データ・モビリティを大幅に簡素化します。 

強力かつ信頼性の高いAWSの復元

世界中の343,000社のお客様に信頼されている、Veeamの強力かつ信頼性の高い復元技術をご利用ください。次の機能により業界をリードするRTOを実現しています。

  • Amazon EC2インスタンスのインスタント・リカバリにより、元のAWSのリージョンやその他のリージョンまたはアカウントにまで復元します。
  • データベース・ポイントインタイム・リカバリおよびAmazon RDS、Redshift、DynamoDBのリージョン間および/またはアカウント間のDR。
  • Veeamバックアップ・コピーのジョブと直接リストア機能により、クラウド・モビリティを可能にします。
  • 高度な検索機能により、インスタンス全体のリストアやボリュームのマウントを行わなくても正確に必要な情報を取得できます。
aws-recovery.png
AWSへのAmazon EC2インスタンスの迅速な復元

クラウドネイティブのバックアップ・アプローチ

多くのベンダーが既存技術を再パッケージ化してそれを「クラウド」と呼んでいますが、AWSワークロードのデータセンター・バックアップ・ソリューションのリバース・エンジニアリングについては、さんざんな結果になっています。クラウド・ワークロード内で発生する問題は特異なものであり、AWSのバックアップには根本的に異なるアプローチが必要になります。 

Veeam Availability for AWSは、AWS用に体系的に設計された、クラウドネイティブのアプローチを採用しています。このアプローチにより次の機能を提供します。

  • Amazonスナップショットの拡張と強化により、Amazon EC2インスタンス、EBSボリューム、RDSデータベースのブロックレベルの増分バックアップを作成します。 
  • 信頼性の高いバックアップを15分未満の低RPOおよびRTOで行うスケジュールを設定し、異なるタイプのワークロードにはカスタマイズ可能なデータ保持期間を作成し、組み込みの暗号化機能により安全性を確保します。 
  • MySQL、MongoDB、Oracle、PostgreSQL、SQL Server、Exchange、Active Directory、SharePointなどのサポートを利用して、システムをオフラインにすることなく、EC2ベースの本番アプリケーションのアプリケーション整合性バックアップを実行します。 

AWSワークロードをバックアップする理由

Amazonのようなハイパースケール・パブリック・クラウドは、基礎となるインフラストラクチャ自体(オンプレミス環境で通常使用されるハードウェア)に責任を持ちます。しかし、次のようなリスクは、専用のAWSクラウド・バックアップ・ソリューションを使用してもリスクを軽減するにとどまります。

  • 人的エラー:管理者または開発者による意図せぬ削除やミスは、バックアップにより簡単にデータを救い出すことができます。
  • 悪意ある活動:内部および外部の脅威に対する保護を維持することは、今日では常識となりつつあります。
  • サービス停止:特定のリージョンや、特定のAWSアカウントの中でさえ、問題に直面することがあります。

クラウドベースのワークロードのリスクを軽減するもう1つの方法は、バックアップをクラウド・インフラストラクチャから分離して保存することです。Veeamを使用すれば、AWS S3にデータを保存できるだけでなく、ご利用のクラウドベースのデータをバックアップ・コピーのジョブによりモビリティ化することができ、オンプレミスや選択した他の場所に送信することができます。必要なときはいつでも、AWSデータを迅速かつ簡単にAWSにリストアすることができます。 

2つのコンポーネント、1つのソリューション

Veeam Availability for AWSは次の2つのコンポーネントから構成されています。

  • N2WS Backup & RecoveryでAWSのワークロードに対するクラウドネイティブなバックアップ、復元、DRを実現。
  • Veeam Backup & Replication™によりVBR外部リポジトリでAWSのバックアップをリストアして、AmazonのバックアップをオンプレミスのVBRリポジトリに統合することで復元の選択肢を拡大。

このソリューションにより、データがオンプレミスとAWSのどちらにあっても、全てのデータを管理できます。これがインテリジェント・データ・マネジメントです。