Veeamプラットフォームの価格と
パッケージ

様々なニーズに対応する汎用
ライセンス

Veeamプラットフォーム®は、Veeam Availability Suite™とVeeam Backup & Replication™の2つのパッケージで提供されています。 ライセンスには、Veeamユニバーサルライセンス(VUL)を使用します。使い勝手のよい、ワークロード単位のライセンスで、サブスクリプションタイプと永続ライセンスタイプのいずれかを選択可能。オンプレミス環境とマルチクラウド環境全体のデータを保護します。 VULはポータブルで移動可能なので、変化するニーズに対応可能できます。VMware、Hyper-V、Windows、Linux、NAS、AWS、Azureをはじめとした様々なワークロード間を簡単に行き来できます。
  • 将来のニーズにも対応
  • ポータブル
  • マルチクラウド
  • 低TCO
  • ロックインなし
  • クラウド税なし

Veeamプラットフォーム

パワフルなエンタープライズ向けパッケージ

推奨
product_vbr_logo
Veeam Availability
Suite

No.1のバックアップ、復元、監視
product_vbr_logo
Veeam Backup &
Replication

No.1のバックアップと復元
推奨
product_vbr_logo
Veeam Availability
Suite

No.1のバックアップ、復元、可視性
product_vbr_logo
Veeam Backup &
Replication

No.1のバックアップと復元
line
仮想
VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Nutanix AHV
check mark
check mark
物理
Microsoft Windows、Linux、IBM AIX、Oracle Solaris、MAC、NAS
check mark
check mark
クラウドネイティブ
AWSAzureGoogleネイティブのバックアップと復元
check mark
check mark
NAS
非構造化データの保護
check mark
check mark
エンタープライズアプリケーション
Microsoft、Oracle、SAP、MySQL、PostgreSQLなど
check mark
check mark
Veeam Explorers™
高度なアプリケーション復元
check mark
check mark
vertical bracket
check mark
check mark
line
Veeam ONE
監視、レポート、分析
インテリジェントな診断と修復
check mark
unavailable-mark
check mark
unavailable-mark
line
check mark
check mark
line
Veeam Backup for Microsoft 365
バックアップ、復元、データ管理
別途ライセンス
別途
ライセンス
line
Veeam Disaster Recovery Orchestrator
自動サイトリカバリとDRテスト
エンタープライズ用アドオン
(オプション)
エンタープライズ用アドオン
(オプション)
line
推奨
product_vbr_logo
Veeam Availability
Suite

No.1のバックアップ、復元、監視
product_vbr_logo
Veeam Backup &
Replication

No.1のバックアップと復元
推奨
product_vbr_logo
Veeam Availability
Suite

No.1のバックアップ、復元、可視性
product_vbr_logo
Veeam Backup &
Replication

No.1のバックアップと復元
line
仮想
VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Nutanix AHV
check mark
check mark
物理
Microsoft Windows、Linux、IBM AIX、Oracle Solaris、MAC、NAS
check mark
check mark
クラウドネイティブ
AWSAzureGoogleネイティブのバックアップと復元
check mark
check mark
NAS
非構造化データの保護
check mark
check mark
エンタープライズアプリケーション
Microsoft、Oracle、SAP、MySQL、PostgreSQLなど
check mark
check mark
Veeam Explorers™
高度なアプリケーション復元
check mark
check mark
vertical bracket
check mark
check mark
line
Veeam ONE
監視、レポート、分析
インテリジェントな診断と修復
check mark
unavailable-mark
check mark
check mark
unavailable-mark
line
check mark
check mark
line
Veeam Backup for Microsoft Office 365
バックアップ、復元、データ管理
別途
ライセンス
別途ライセンス
line
Veeam Disaster Recovery Orchestrator
自動サイトリカバリとDRテスト
別途
ライセンス
エンタープライズ用アドオン
(オプション)
line
1 VULは10ライセンス単位のバンドルで提供。1ライセンスで、仮想マシン(VM)×1、クラウドインスタンス/VM ×1、物理サーバー×1、3パックのワークステーション×1、500 GB分のNASデータのいずれか1つを保護できます。

クラウドネイティブなデータ保護

AWS、Azure、Google Cloud向けのネイティブな復元とバックアップは、Veeam Availability SuiteおよびVeeam Backup & Replicationの一部として、VULのライセンスで利用することができます。または、投資対効果の高い「スタンドアロン」形式のモジュールとしても提供しています。こちらは別途ライセンスが必要です。
あらゆる機能を搭載した包括的なソリューション。マルチクラウドのデータ保護や管理、クラウドモビリティが一元的に可能に。 必要なものは全てそろっています。
クラウド内でのバックアップと復元を可能にする、スタンドアロン形式で投資対効果の高いクラウドネイティブな保護。別途ライセンスが必要です。

SaaS、Kubernetesなど

Microsoft 365、Kubernetes、DRオーケストレーションは、VULではご利用いただけません。年単位のサブスクリプションライセンスとして、別ライセンスで提供しています。
office365
Veeam Backup for Microsoft 365は、Microsoft 365と同様に、ユーザーごとにライセンスが付与されます。
kubernetes
KubernetesのバックアップとDRを可能にするVeeam Kasten K10は、ノードごとにライセンスが付与されます。
vdro
Veeam Disaster Recovery Orchestratorは、ワークロードごとにライセンスが付与されます。

特別キャンペーン

Vul aws logo
Vul microsoft azure logo

AWSまたはAzureを無償
でバックアップ

  • 25 VULライセンス
  • AWSまたはAzureのクレジット250ドル分

Veeamソリューションの購入方法

ProPartnerネットワークは、多数のパートナーからなる世界規模の強固なエコシステムです。直接または間接的に連携しながら、Veeam製品を使用したサービスやVeeamソリューションの開発、マーケティング、販売を行っています。Veeamテクノロジーアライアンスパートナー(VTAP)プログラムと組み合わせることにより、専門知識やリソースに制約があったとしても、ビジネスに最適なデータ保護戦略を組み立てることができます。 

リセラーから購入する

保護するワークロードを選択してください。柔軟なライセンスオプションでどんな予算にも対応します。お近くのVeeam認定リセラーからご購入いただけます。

Veeam製品を使用したBaaSやDRaaSを利用する

設備やリソースの負担を減らしたいとお考えですか?負担となっているデータ保護は、Veeam製品を使用したクラウドサービスおよびマネージドサービスを提供するパートナーにお任せください。

プロフェッショナルサービスと始める

開始にあたってサポートが必要な場合は、認定のプロフェッショナル・サービス・パートナーが導入、設定などをお手伝いします。


VTAPプログラムを通じた統合ソリューション

業界をリードするVeeamパートナーから、事前審査および事前テストされたソリューションを簡単にご購入いただけます。


中小企業向けの価格設定

1つのプラットフォームで、仮想、物理、クラウドのワークロードを最大で50までバックアップ、監視。必要なものが全て揃った特別パッケージで、中小企業向けにお求めやすい価格で提供しています。
Product key visuals veeam backup essentials vbe light
Veeam Backup Essentialsの構成内容
  • Veeam Backup & Replication
  • Veeam ONE  
クラウド内でのバックアップと復元を可能にする、スタンドアロン形式で投資対効果の高いクラウドネイティブな保護製品。別途ライセンスが必要です。
 

Veeam製品を使用したBaaSとDRaaS

多数のサービスプロバイダーからなるVeeamのグローバルネットワーク、Veeam Cloud & Service Provider(VCSP)パートナーが、Veeam製品を使用したBackup as a Service(BaaS)およびDisaster Recovery as a Service(DRaaS)を提供します。

データセンターやエンドポイントからクラウドまで、Veeamのサービスプロバイダーは、あらゆるデータ保護のニーズに対応可能。お客様のSLAに何よりも重点を置いており、業界の専門知識も豊富です。 

handshake-on-map

FAQ

Veeamユニバーサルライセンス(VUL)にはどんなメリットがありますか?

マルチクラウド環境やハイブリッド環境への移行が加速している市場の動きを受けて、データにはより優れたポータビリティが求められようになり、 結果として、サブスクリプションタイプのライセンスが望まれるようになりました。 Veeam®では、ポータブルなライセンスモデルを通してより多くの製品をお客様に提供するという方針を打ち立てています。 このモデルにはお客様にとって次のようなメリットがあります。

  • ユニバーサルポータビリティ:Veeamの複数の製品やワークロード間でライセンスを移動して使用できます。

  • 使い方がシンプル:ライセンスの注文、管理、統合が簡単に行えます。 VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Nutanix AHV、Red Hat Virtualization

  • 高い価値:ワークロードあたりの価格は低く、使える機能はより多く。 特定のワークロードのライセンスに縛られることなく、必要なものだけを購入できます。

  • 料金の予測が可能:複数年契約の前払い購入ならお得な割引が適用されます。1年ごとのお支払いも可能です。

  • ワークロード単位でのお支払い:現時点で必要なものだけを購入し、更新時に必要に応じて増減できます。

  • ロックインなし:ご満足いただけない場合は、サブスクリプションを更新しないという選択も可能です。

  • サポート込み:ライセンス期間全体を通じて24時間365日の製品サポートを受けられます。追加料金は発生しません。

VULとは何ですか?

VULは汎用的に使用できるポータブルなライセンスです。 ポータビリティという要素が加わることで、クラウド環境やハイブリッド環境への移行がこれまで以上に簡単になります。クラウド料金が追加で発生することもありません。

VULライセンスは期間別に販売されており、1~5年の前払い契約と3年の年払い(1年ごと)ライセンスがあります。 ライセンスは、Veeamの様々な製品やワークロード間で移動して利用することができます。 従量課金型ライセンスのメリットが全て含まれており、ロックインなしで小規模からスタートしたり、クラウドに適したOpEx予算モデルで、使用する分だけ支払ったりすることもできます。 CapExオプションも利用できます。

VULには従来のライセンスとは一線を画すメリットが他にも多くあります。 個々の製品ごとにライセンスを購入したり、特定の種類のワークロードに縛られたりする必要はもうありません。 この新たなライセンスモデルなら、より多くのユーザーが、多彩な製品や機能をすぐに利用することが可能です。 仮想、物理、クラウドを問わず、複数の製品やワークロード間でライセンスを使用できるので、 不要なライセンスタイプや製品に縛られることはないといういことです。これが、「ポータビリティ」です。

必要なものを必要なときに。 ライセンスポータビリティによって、発注やライセンス管理も簡単になるので、製品やワークロードタイプごとで異なるSKUを管理するという複雑な作業も軽減されます。

ワークロードとは何ですか?また、VULライセンスは何ライセンス必要ですか?

ワークロードとは、仮想マシン(VM)、物理サーバー、クラウドVM、エンタープライズアプリケーション、NASファイル共有などを意味します。 VULならライセンスがポータブルなので、必要に応じてどのようなワークロードの保護にも使用できます。 ライセンスは5~10ライセンスの最低購入単位で販売されており、様々なワークロードの保護に利用できます。

必要なライセンスの数は、通常、保護するワークロードの数と同じです。 ほとんどのワークロードで必要なライセンスインスタンスは1つだけです。 ワークステーションやエンドポイントの保護は例外で、この場合、1ライセンスでワークステーション3台を保護します。 また、NASの場合は1ライセンスで500 GB(つまり1 TB当たり2ライセンス)まで保護できます。 必要なライセンス数の算定には、Veeamのライセンスコンフィギュレータをご利用ください。 製品を選択して、ワークロードと期間を入力すれば必要なライセンス数が表示されます。

VULライセンスは、最低購入数の10ライセンス単位で販売されています。 最低購入要件の10ライセンスがネックとなる場合は、5ライセンス単位のバンドルで販売されているVeeam Backup Essentials™をお試しください。こちらは中小企業のニーズに合わせた製品で、50ワークロードまで保護できます。

VULは何に使用できますか?

VULは様々なワークロードに使用できます。対象となるワークロードの種類は随時追加されています。 VM、クラウドベースのVM、物理サーバーとワークステーション、エンタープライズアプリケーションをはじめ、実質的にほとんどの種類のワークロードの保護に使用できます。 現在VULが使用できるワークロードの種類は次のとおりです。

  • VM:VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Nutanix AHV、Red Hat Virtualization
  • 物理サーバー、ワークステーション:Microsoft Windows、Linux、macOS、IBM AIX、Oracle Solaris
  • クラウドネイティブのワークロード:AWS、Microsoft Azure、Google Cloud
  • エンタープライズ・アプリケーション・サポート:Microsoft Exchange、SharePoint、Active Directory、SQL、Oracle RMAN、SAP HANA
  • NASファイル共有、非構造化データ
  • 監視と分析:Veeam ONE(Veeam Availability SuiteまたはVeeam Backup Essentialsの一部として販売

Veeam Disaster Recovery Orchestrator(別途ライセンスが必要)を使用すれば、VUL環境にサイトリカバリのオーケストレーションとテスト機能を追加することもできます。

AWS、Microsoft Azure、Google Cloudを対象としたクラウドネイティブのバックアップにVULライセンスを使用できますか?
はい。 VULのライセンスを使用すると、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudのワークロードのバックアップと復元が、Veeam Backup & Replicationと統合されます。 これにより、一元管理が可能になり、データポータビリティが実現します。

何かお困りですか?

Hcwh sales

価格表を依頼する

見積もりを依頼し、Veeam製品の詳細をご確認いただけます

Hcwh tech

購入前にお試し

30日間の無償評価版で、全ての機能を直接ご体験いただけます

Hcwh forum

カスタムデモを申し込む

テクニカルエンジニアがVeeamの製品機能をご説明します

カスタムデモを申し込む

送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください