データ回復力におけるNo.1 グローバルリーダー
Google Cloud + Veeam

VeeamでGoogle Cloudのデータを無制限に保護

Google Cloudネイティブのデータとハイブリッドクラウドのデータをシームレスにバックアップ・保護

  • スケーラビリティ、保護、アベイラビリティを実現
  • クラウドへのデジタル変革を加速
  • インテリジェントな階層化機能で投資対効果の高いクラウド・ストレージ・ソリューションを実現
制限のないGOOGLE CLOUDデータ保護

拡張性の高い回復力をGoogle Cloudに

ビジネスが発展するにつれて、プラットフォーム全体でミッションクリティカルなデータが大量に生成されます。従来のデータ保護ソリューションでは、複数のプラットフォームでさまざまなワークロードを管理したり、既存のインフラストラクチャを最適化したりするのに苦労することがよくあります。

VeeamのパワフルなツールでGoogle Cloudのデータ保護をアップグレードし、シームレスなバックアップ、復元、回復力のあるハイブリッド/マルチクラウド戦略を実現しましょう。

高度なデータセキュリティ

手間のいらないデータ管理

ハイブリッドクラウドやネイティブクラウドなど、複数のプラットフォームや多様な環境でデータをシームレスに制御します。

合理化されたクラウド移行

クラウドへの移行も、クラウド導入の過程全体にわたって、お客様のビジネスニーズに合わせて調整されているため、スムーズに行えます。

投資対効果の高いソリューション

効率的なデータ保護ツールとストレージソリューションで、コストを最適化し、財務の明確性を高めます。

Kubernetes専用に設計

Kasten K10はクラウドネイティブなアーキテクチャの原理に基づいて設計。望ましい状態モデルに則った宣言型制御が可能です。

クラウドへの移行を加速

クラウド移行を急速に進展

既存のVMwareワークロードのGoogle Cloud VMware Engine(GCVE)への移行など、ワークロードのモビリティオプションも複数あり、クラウドへの移行を容易にします。これにより、あらゆる段階で、ハイブリッドデータの導入の保護が確保されます。

制限のない長期保持

オンプレミス、クラウドネイティブ、GCVEのワークロードについて、階層化オプションを使用したり、オブジェクトストレージに直接到達する機能を使用したりして、バックアップをGoogle Cloud Storage(GCS)に直接保存できます。

クラウドネイティブとKubernetesのパワフルなバックアップ

VeeamはGoogle Cloudネイティブのワークロードを保護するので、どんな環境でもバックアップ・復元・移行が可能です。また、Kubernetesコンテナワークロードも確実に保護します。

統合

Google Cloudデータの保護と管理をVeeamで

Google Cloud VMware Engine

オンプレミスで使用しているのと同じVeeamソリューションをGCVEにまで拡張して、ワークロードをシンプルに、効率的に、そしてシームレスに保護します。VMware vSphereベースのワークロードをGoogle Cloudにネイティブに展開して、現在使用しているのと同じアプリケーションやツール、プロセス、ポリシーを利用できます。また、Veeamは、GCVEでCDP機能も提供しています。

Google Cloud Storage

データの増加やコンプライアンス要件により、長期間のデータ保持が求められています。Veeam Capacity Tierは、コスト効率に優れたネイティブのオブジェクトストレージ・インテグレーションをGCSと実現。無制限の容量で長期のデータ保持に対応します。Veeamの技術により、バックアップのメインのランディングゾーンとしてオブジェクトストレージを使用できます。

Google Cloudネイティブ、Kubernetesエンジン

VeeamがGoogle Cloudのために設計した完全自動型のバックアップと復元ソリューションで、Google Cloudの保護と管理が簡単に行えます。データ保護、ディザスタリカバリ(DR)、クラウド移行、Kubernetesアプリケーションのコピー管理など、すべてのGoogle Cloudデータのデータ消失のリスクを排除します。

参考資料

Google Cloudのデータ保護に関する知見やトレンド

クラウド時代におけるエンタープライズ全体でのクラウドデータ保護の実現

エンタープライズのクラウドデータ保護

Google CloudとVeeamは、包括的なクラウドベースのデータ保護ソリューション群を協力して構築・実装してきました。その取り組みについて解説した資料です。

2023 クラウドプロテクションレポート

ITの未来の推進要因や課題がわかります。

オブジェクトストレージを利用する

Veeamで、オブジェクトストレージをバックアップのメインのランディングゾーンとして使用する方法とは。

データを保護・管理してビジネスの成長を促進する

管理可能で、投資対効果も高く、将来の変化にも対応できるデータ保護を実現するには?5つの疑問にGoogle CloudとVeeamが答えます。

Radical Resilience is Our Difference

Veeamを利用することで、今日のハイブリッドクラウドに必要な柔軟性と、
長期的な成功に必要な信頼性を手に入れられます。
demo

デモを見る

Veeamを用いてどんな脅威に対してもデータの回復性を容易に実現する方法とは

contact

お問い合わせ

貴社に最適なソリューション選びをサポートします。

* 5点中4.6という評価は、「エンタープライズ・バックアップ/リカバリ・ソフトウェア・ソリューション」のカテゴリにおける、2022年10月6日時点の1428件のレビューを基にしています。 GARTNERは、米国および世界各国におけるGartner, Inc.および関連会社の登録商標およびサービスマークです。PEER INSIGHTSは、米国および世界各国におけるGartner, Inc.および関連会社の商標およびサービスマークです。いずれも許諾なく使用することは認められません。無断複写・転載を禁じます。Gartner Peer Insightsのコンテンツは、当該プラットフォームに記載されているベンダーの利用経験に基づいた個々のエンドユーザーの意見で構成されており、事実の記述と解釈したり、Gartnerまたはその関連会社の見解を表すものではありません。Gartnerは、このコンテンツに記載されているベンダー、製品、サービスを支持するものではなく、また、明示的であるか黙示的であるかを問わず、このコンテンツに関して、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、その正確性や完全性を保証するものではありません。

お問合せ先

保有するサーバーやVMの数、ご利用中のハイパーバイザの種類など、お客様環境の詳細をご記入ください。この情報によって、お客様のご依頼を速やかに処理することができます。
送信することで、Veeamのプライバシー通知に従って当社が個人情報を管理することに同意したものと見なされます。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシー通知に従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したものと見なれます。
このサイトはhCaptchaによって保護されており、そのプライバシーポリシー利用規約が適用されます(Veeamのプライバシーポリシーに記載されている場合を除く)。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

カスタムデモを申し込む

送信することで、Veeamのプライバシー通知に従って当社が個人情報を管理することに同意したものと見なされます。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシー通知に従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したものと見なれます。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください