https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvdW5pdmVyc2FsLWxpY2Vuc2luZy5odG1sIiwiaGFzaCI6ImI3MmI2YTA1LWY5MjMtNDk3OS1iZGU4LWE5ODQ4ODQyYTUzOSJ9

NEW Veeamユニバーサルライセンス(VUL)

あらゆるワークロードを保護する鍵

Veeam®ユニバーサルライセンス(VUL)は、オンプレミスやクラウドの様々なワークロードを保護する、柔軟性の高いポータブルなソリューションです。ユニバーサルライセンスを利用することで、データの保護や、マルチクラウド環境およびハイブリッド環境へのバックアップのリストアといった作業がこれまで以上に簡単に行えるようになります。また、他ベンダーでは発生することがある追加費用もかかりません。

拡大を続けるマルチクラウド環境のニーズに対応する、柔軟性の高いポータブルなソリューションでVeeamのメリットを活用しましょう。VULは、Veeam Backup & Replication™、Veeam Availability Suite™、ならびに中小企業向けソリューションのVeeam Backup Essentials™でご利用いただけます。 

マルチクラウドのデータ保護戦略を手軽に実現しましょう。

ユニバーサルポータビリティ

ユニバーサルライセンスなら、ポータブルなライセンスソリューション1つで、クラウド、仮想、物理のワークロードをまたいでスムーズに利用できます。
  • ワークロードや場所をまたいだポータブルなアクセス
  • スケジュールに応じてライセンスを移動できる
  • 製品や環境、ワークロードに固有ではない

全機能を利用できる

ライセンスの仕組みは至ってシンプル。ユニバーサルライセンスのプールを管理するだけで、Veeamライセンスの全てのニーズに対応できます。

  • シンプルなエクスペリエンスを実現する「ユニバーサル」なエディション
  • 機能はいつでも全て利用可能。24時間365日のサポートも
  • VULでしか利用できない機能も多数 

従来のロックインなし

VULが使用するのは単純な消費モデルで、特定のワークロードやハードウェア、クラウドに限定されないため、選択肢も広がります。

  • ライセンスやアプライアンスのロックインはなし
  • 小規模から始めてニーズに合わせて拡大可能
  • サブスクリプションモデルでOpExを柔軟に
ワークロード Veeamユニバーサルライセンス ソケット単位
環境 オンプレミス、クラウド、ハイブリッド オンプレミスのみ

仮想マシン:VMware vSphere、Microsoft Hyper-VNutanix AHV

  VMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vのみ
物理サーバー、ワークステーション、エンドポイント:Windows、Linux、【NEW】Mac、Unix    
Microsoft、Oracle、SAP HANAなどに対応のエンタープライズアプリ    
【NEW】クラウドネイティブ:Amazon EC2 VM、Azure VM    
【NEW】NASファイル共有    
上記以外にも対応予定    
今すぐ購入 営業担当に連絡する
 

ワークロード全体の保護をシンプルに

保護できる機能は、Veeam Backup for AWS & Azure、Veeam Agent for Microsoft Windows、Veeam Agent for Linux、Veeam Agent for Mac、Veeam Agent for Oracle Solaris、Veeam Agent for IBM AIX、Veeam Backup for Nutanix AHV、Veeam Enterprise Application Plug-in for Oracle、Veeam Enterprise Application Plug-in for SAP HANAなどです。これらは全て、Veeam Backup & Replicationの一部として提供されています。製品やワークロードに固有のライセンスを追加で購入する必要はありません。価格についてはこちらをご覧ください。

ライセンスの計算方法

VULは、製品に応じて、5ライセンスまたは10ライセンスのバンドルで販売されています。 保護対象の各ワークロードに対して、使用可能なライセンスのプールから1ライセンスを消費します。1ライセンスで保護できる範囲は、仮想マシン(VM)1つ、クラウドインスタンス/VM 1つ、クラウドデータベース1つ、アプリケーションサーバー1つ、物理サーバー1つ、3パックのワークステーション1つ、500GBのNASデータのいずれか1つです。

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます