新登場 Veeamユニバーサルライセンス(VUL)

ライセンスポータビリティを簡単に実現

Veeam®ユニバーサルライセンス(VUL)ソリューションでは、オンプレミスやパブリッククラウド上のクラウド、仮想、物理のあらゆるワークロードに1種類のライセンスで対応できます。このユニバーサルライセンスが導入されたことで、お客様はマルチクラウドを軸にした戦略を容易に実現できるようになります。VULでは以前のVeeamインスタンスライセンスのポータビリティのあらゆるメリットはそのままに、かつ、よりシンプルに改善された一方で、価格も抑えられました。

名前が少し変わっただけですが、お客様にとっての利便性は大きく向上しました!

ユニバーサルポータビリティ

ユニバーサルライセンスは、クラウド、仮想、物理のワークロードに対して、1種類のポータブルライセンスのみでよく、運用がスムーズです。
  • フル機能の「ユニバーサル」エディションによるシンプルな体験
  • あらゆるワークロードとロケーションで移行可能
  • スケジュールに応じてライセンスを移動
シンプルなライセンス

ライセンスの仕組みは至ってシンプルです。Veeamの全てのライセンスで必要なユニバーサルライセンスが1つに集約管理されます。
  • 製品やワークロードといった固有のライセンスが不要
  • あらゆるワークロードに対応する1つのシンプルなライセンスユニット
  • シンプルなオンラインコンフィギュレータで必要なライセンスを計算
従来のようなロックインはなし

ユニバーサルライセンスはワークロードにもクラウドにも依存せず、クラウドの従量課金モデルのメリットを活用できます。
  • 従来のようなワークロードによるライセンスのロックインがない
  • 新規購入ではなく再利用という選択。従量制が可能にする柔軟な選択肢
  • サブスクリプションモデルのため資本的支出の削減が可能

利用環境に応じたVeeamユニバーサルライセンスの構成

マルチクラウドへの移行をシンプルに

ユニバーサルライセンスを利用するとデータ保護とバックアップのクラウド環境へのリストアが一層簡単になります。追加費用もかかりません。Veeamは、成長し続けるマルチクラウド環境に求められる「柔軟性」と「ポータビリティ」を備えたソリューションを提供します。

適用できるワークロードの種類:

  • 仮想マシン:VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Nutanix AHV
  • クラウド : AWS EC2、Microsoft Azure VMs など
  • 物理サーバー・ワークステーション : Microsoft WindowsおよびLinux
  • エンタープライズアプリケーション : Oracle RMAN向けVeeamプラグイン、SAP HANA向けVeeamプラグイン
  • オンプレミスおよびクラウド

以下の製品に適用できます。

  • Veeam Availability Suite
  • Veeam Backup and Replication
  • Veeam Backup Essentials
  • Veeam Agents for Microsoft Windows and Linux
  • Veeam Backup & Replication for AWS
  • クラウドワークロード
*VULサブスクリプションライセンスは、Veeam Availability Suite、Veeam Backup & Replication、Veeam Backup Essentialsとして販売されます。これにより、クラウド、仮想、および物理ワークロード、また、オンプレミス、クラウド環境そのものを保護できます。さらに、追加ライセンスなしで、Veeam Agents for Microsoft Windows & Linux、Veeam Availability for Nutanix AHV、Veeamプラグインなどがバンドルされます。全て、Veeam Backup & Replicationのモジュールで、VULサブスクリプションライセンスが必要となります。価格はこちらでご確認いただけます。

サブスクリプションライセンス、もしくは、インスタンスライセンスを既に使用している場合、お持ちのアカウントは、次回の製品アップグレードまたは契約更新時に新しいVULライセンスに更新されます。オンプレミス導入では、ソケット単位ライセンスもお選びいただけます。

ユニバーサルライセンスはエンドユーザー向けに設計されたモデルですが、Veeam Cloud & Service Provider(VCSP)パートナーはVCSPライセンスプログラムを通して新しいポータブルキーを利用できます。詳細については、VCSP営業担当までお問い合わせください

ライセンスの計算方法

Veeamユニバーサルライセンスでは、保護するワークロードごとにライセンスインスタンスが適用されます。使用可能なライセンスからライセンスを1つ使用して各ワークロードを保護します。Veeam製品は通常10個のライセンスのバンドルで販売されます。お客様は保護が必要なあらゆるワークロードでライセンスを使用できます。1つのライセンスで1台のVM、1台のサーバー、1台のクラウドVM、1台のアプリケーションサーバー、または3パックのワークステーションを保護します。

エディションはなく、以前よりもシンプルになっています。