Veeam認定資格

現在、Veeam®技術教育サービスでは、企業データ管理スキルの証明に役立つ2つの業界認定資格、Veeam認定エンジニア(VMCE)およびVeeam認定アーキテクト(VMCA)を提供しています。

Veeam認定資格保有者は、データを積極的に保護する企業に必須の重要な機能であるVeeam Availability Suite™に対する深い理解と、企業の変化し続けるデータ保護のニーズに対応するために成長し、適応する能力を備えています。

Veeam認定資格では、単に内容を再現できるかどうかをテストするだけでなく、実用的な商用環境にどのように知識を応用できるかをテストします。

Veeamの認定 Veeamの認定
ログインしてVMCEのステータスを確認してください

VMCE 2020試験の登録で問題が発生している場合は、vmce@veeam.comまでお問い合わせください

VMCE 2021試験は現在受験可能です。VMCE 2020試験は2021年10月31日に終了する予定です。

同意します

VMCE認定は、管理者またはエンジニアが、Veeam Availability Suiteを使用して組織のデータを保護するにあたり、必要な専門知識を備えていることを、認定書をもって証明します。

Veeam認定エンジニアになるためのステップを以下にご案内します。

ログインしてVMCAのステータスを確認してください

全く新しいVMCA 2022試験が2021年第3四半期より開始されます。VMCAv1は2021年12月31日に終了する予定です。

同意します

VMCA認定は、Veeam認定資格の中で最高レベルのものであり、保有者が企業レベルの複雑なVeeamの導入を設計する技術面およびビジネス面のハイレベルなスキルを備えていることを証明します。Veeam認定アーキテクトになるためのステップを以下にご案内します。

VMCAを目指す方は全員、VMCAの課程を始める前にVMCE認定を獲得する必要があります。

次のリンクから、さらにリソースをご覧いただけます。

Veeam University

Veeamエンドユーザー向けの簡単なオンデマンドの コンテンツ

Veeam IQ

Veeamパートナー向け、ProPartnerポータルで利用できるここだけのトレーニングコンテンツ

使い方ビデオ

Veeamの始め方や、Veeam製品を最も効果的に使う方法が分かります

Veeam Community Resource Hub

ブログ、ユーザーグループ、Q&A、Legendが一ヶ所に