ホワイトペーパー
2020年9月18日

クラウドでもデータ消失のリスクはなくならない!
Microsoft 365のデータ保護はこうして実現する

登録して読む

登録することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

オフィスツールとして「Microsoft 365」の利用が拡大する一方、データ保護を考慮していない企業は多いと言われています。クラウドでも意図せぬデータ消失のリスク、セキュリティの脅威はあり、その責任はユーザーが持つため、対策は喫緊の課題です。本ホワイトペーパーでは、Veeam JapanのSEの視点より、実際のリスクとその対応方法を説明しています。
  • 共同責任モデルとは?
  • Microsoft 365で提供されるデータ保存機能に加えての対策が必須なのは何故か?
  • 最新Veeam Backup for Microsoft Office 365の特徴とは?