製品機能

クラウドの導入を加速

評価版をダウンロード

Veeam Backup & Replication
全ての機能を30日間使用可能

クラウドへのバックアップとDR

クラウドの導入を始めたばかりの方も、導入から時間が経過している方も、デジタル変革の取り組みにおいて、クラウド化を最優先で考える必要性に直面している可能性があります。本番ワークロードのクラウドへの移行から、長期間の保持や災害復旧に備えたオフサイト(クラウド)ターゲットの活用まで、クラウド導入戦略ではバックアップと復元を第一に考慮することが重要です。 
クラウド機能

クラウドの導入を加速

データをインテリジェントにバックアップ、復元、移行するための使いやすいツールが提供されるため、データがネイティブに保護されて攻撃から安全に守られるクラウドへの移行を迅速化できます。

クラウドの節約が可能に

クラウドの利用をプロアクティブに計画および管理することで、復元とコンプライアンスの目標を達成しながら、クラウドに係る無駄なコストを回避して、全ての経費で節約の効果を実感できるようにします。

DRとコンプライアンスの目標を達成

長期間の保持と災害復旧に備えたクラウドへの安全なバックアップとレプリケーションを通じて、ビジネス継続性・DR戦略における重要なニーズを満たします。

手頃な価格で強力な保護を提供するクラウド機能

クラウド間およびクラウド内のバックアップデータの保護と管理
AWSバックアップ

データ保護戦略を、完全に自動化された投資対効果の高い安全なAWSネイティブのバックアップおよび災害復旧と統合します。

Azureバックアップ

エンタープライズ対応のネイティブなバックアップと復元により、全てのAzureデータを一元的に管理および保護することで、 クラウドデータの消失に対応し無駄なコストを回避します。

オブジェクトストレージ

パフォーマンス、クラウドベースのキャパシティ、アーカイブ向けに調整された3つのインテリジェントなストレージ層全体で長期保持を大胆に活用できます。

各種規制に準拠したアーカイブ

保持期間に応じてバックアップデータをキャパシティからアーカイブストレージにインテリジェントに移行する自動化により、コンプライアンスの問題に対応します。

ランサムウェアはロックアウト

暗号化されて物理的に隔離された、書き換え不能なバックアップからクリーンな復元が確実に実行されることで、ランサムウェアなどのセキュリティ脅威を排除します。

DRaaSによる回復性の確保

Disaster Recovery as a Service(DRaaS)パートナーとの提携を通じたクラウドへのレプリケーションとフェイルオーバーにより、これまで不可能だったことが可能になります。

データセンター向けBaaS

Backup as a Service(BaaS)パートナーが提供するエキスパート向けに構築された統合サービスを利用して、オフサイトバックアップの複雑さを回避できます。

エンドポイント向けBaaS

コスト最適化されたマネージドBaaSを利用することで、サーバーおよびワークステーションのバックアップをクラウドに直接送信できます。

クラウドでの開発とテスト

本番環境の最新データをパブリッククラウドにプロビジョニングすることで、管理者は俊敏かつ効率的に開発とテストを進めることができます。

クラウド戦略、モデル、プロバイダーの柔軟な選択が可能

リソース

FAQ

パブリッククラウドのワークロードもバックアップが必要ですか? 

もちろん必要です。パブリッククラウドでネイティブに実行されているワークロードでも、他の重要なリソースに対するデータ保護と同じレベルの保護が必要です。従来、パブリッククラウドでは復元性よりも可用性が優先的に提供されるため、データを常に利用することが可能な一方で、数週間以上前に記録されたデータを復元する必要がある場合、目標復旧時点(RPO)を達成することは困難です。残念ながら、取得できない「少し前の」データを復元する必要性が生じるまで、このことに気付かない企業が多く見られます。クラウドでも、消失したデータの復元は困難で、不可能な場合もあること、また最終的には自分のデータは自分で管理する責任があることに注意する必要があります。 

Veeam®のようにデータの保護と復元を専門とする企業が提供する主な機能を利用することで、クラウドへの迅速な移行を簡単に実現して、ワークロードとデータをAWS、Azure、Google Cloud Platformでネイティブに保護できるようになります。 

企業では、アーカイブの目的でクラウドをどのように利用していますか? 

企業の間でCAPEXモデルからOPEXモデルへの移行が加速する中、主に各種規制への対応や最悪のシナリオが発生した場合の災害復旧に備えて、長期的なデータアーカイブをオフラインの物理テープからコールドストレージに移行する動きが広がっています。市場でこのような動きが見られる主な要因として、テープやその他の物理メディアには使用、取り扱い、保管に関連した追加のリスクがあり、コストもかさむことが考えられます。

アーカイブされたデータの大半は「一度書き込むと二度と読み取ることがない」ことを考慮すると、あまりコストのかからないストレージに保存しておくことが最善の方法と言えます。通常、コールドストレージでは1ギガバイトあたりの料金が数円で済むため、企業の間では新しい「コールド」クラウド・ストレージ・ソリューションへの移行が進んでいます。

Veeam Backup & Replication™は、取り組みの各ステップにおいてコールドストレージの活用を支援するだけでなく、コールド・クラウド・ストレージへの移行に伴う課題を解決し、バックアップデータを作成してから削除するまでのライフサイクル全体の管理を自動化することで、長期的なアーカイブを実現します。

VeeamではBackup as a Service(BaaS)を提供していますか? 

はい。Veeamでは、180ヶ国以上のクラウドおよびマネージドサービスプロバイダーのネットワークとの提携を通じて、統合されたオフサイトバックアップとDRのオプションをお客様に提供します。

バックアップは、どの企業のIT部門でも実行する必要がある機能ですが、事業部門に固有の重要なビジネスニーズがない場合、多くのIT部門では、データ保護作業の一部を以下を含むサービスプロバイダーに任せることを検討します。

  • データセンター向けBaaS:保持、セキュリティ、復元の目的でバックアップをオフサイトに安全に送信
  • エンドポイント向けBaaS:クラウドに直接バックアップすることでコストを最大限に削減
  • Disaster Recovery as a Service(DRaaS):DR対策のセカンダリサイトとしてクラウドにレプリケーション

Veeamでは、クラウドおよびマネージドサービスプロバイダーのネットワークとの提携を通じて、コンプライアンスとデータ主権の要件を満たしつつ「as a Service」サービスの提供を実現しています。通常、これらのパートナーは料金体系が従量課金制になっており、効果的なハイブリッドクラウドを構築する戦略において知見が提供されるため、Veeamが提供する最高のサービスで戦略を実現することができます。 

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。

Veeamの製品に関心をお寄せいただき、
ありがとうございます。

以下のメールアドレスに確認メールを送信いたしました:
 
次のステップに進み、製品の利用を開始しましょう
  1. 製品のダウンロード
  2. ライセンスキーの有効化

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.