データ回復力におけるNo.1 グローバルリーダー

Kasten by Veeam、 Kubernetesの学習プラットフォーム「KubeCampus.io」が パートナー企業と初提携し、サービスを拡充

教育やトレーニングの需要が高いKubernetesの導入が加速する中、 Scality と StormForge は、ストレージとKubernetesリソース管理の自動化に関する 専門知識をプラットフォームに提供します

4月18日 KubeCon + CloudNativeCon 2023:オランダ アムステルダム発 抄訳 - Kubernetes向けバックアップとディザスタリカバリのマーケットリーダーであるKasten by Veeamは、本日、Kubernetes 学習プラットフォームの「KubeCampus.io」が登録ユーザー数 2万人超えを突破し、初のパートナー企業であるScalityStormForgeと提携することでサービスを拡大することを発表しました。

新しいコンテンツプロバイダーの参画により、Kubernetesのさらなる展開を成功させるためにユーザーが身につけるべき2つの重要なサポート技術である、ストレージと自動化されたKubernetesリソース管理に関する深い専門知識を提供できるようになります。

Kubernetesの導入が飛躍的に増加するにつれて、コンテナの導入と管理に関するスキルを向上させるニーズも高まっています。しかし、Kubernetesのトレーニング不足は依然として課題とされています。2022年にCloud Native Computing Foundationが実施した年次調査「Cloud Native Computing Foundation’s annual survey in 2022」では、本番環境でコンテナを導入していないという回答者の約半数が、トレーニング不足がKubernetes運用の最大の障壁であると答えています。

Kasten by Veeamは、Kubernetesスキルをカバーする無償のトレーニング機会やハンズオンラボを提供することにより、スキルギャップの解消を支援しています。「KubeCampus.io」は、ベンダーベースのリソースではなく、オープンソース学習コミュニティとして中立的なコミュニティになるよう設計されており、需要が高まっているクラウドネイティブとKubernetesの概念とスキルを学習できるコミュニティプラットフォームです。

「KubeCampus.io」は2022年にユーザー数が50%増加しました。現在では、約1万2,500のコースが履修され、数千の学習リソースがダウンロードされています。

Kasten by Veeamのマーケティングバイス・プレジデント、トム・レイデン(Tom Leyden)は次のように述べています。

「KubeCampusの成功に基づき、次のステップとして、学習体験をより豊かにするためのリソースを追加することを目指します。パートナー企業と協力してコンテンツとマニュアルを拡充することで、ユーザーはより多くの学習機会の獲得、業界専門家への相談、主要技術の認定を受ける機会が増えるようになります。パートナーは、ソートリーダーシップを発揮し、将来的なお客様に自社のテクノロジーを紹介する機会にも活用いただけるため、双方にメリットを提供できるようになると考えています」

Kasten by Veeamはアムステルダムで開催される「KubeCon + CloudNativeCon Europe 2023」において、KubeCampus Learning Dayを実施します。Kubernetesの知識とスキルを向上させるための2種類のハンズオンセッションなど、志を同じくするコミュニティとつながるためのイベントとして、学びに重きを置いています。初開催となったLearning Day EUイベントは1日でチケットが完売し、Kubernetes関連のスキルアップに関する需要が高まっていることが明らかになりました。

Kasten by Veeam は、今年5月22日~5月24日にフロリダ州マイアミとオンラインで開催される、データ復旧のエキスパート向けのコミュニティイベント「VeeamON 2023」の一環として、同様のスペシャル学習セッション「Kubernetes & Kasten K10 Workshop」を開催します。バックアップとリカバリの専門家によって設計および構成されたこのイベントで、参加者は、スキルを伸ばし、AWS、Hewlett Packard Enterpriseなどの限定コンテンツを活用して、業界知識を共有することができます。

Kasten by Veeam は、KubeCon + CloudNativeCon Europe 2023のプラチナスポンサーとしてブース#P7に出展します。

参加申し込みURL:https://kubecampus.io/register

KubeCampus パートナーになるには、https://kubecampus.io/kubernetes/partners

※詳細については、www.kasten.ioまたは try K10 for FREEをご参照ください。

その他のコメント

Futurum Group シニア・ストラテジスト、ランディ・カーンズ(Randy Kerns)氏

「Kubernetes とコンテナ環境に関するより価値の高い教育の必要性は、当社のIT関連のお客様との連携から明らかです。これに関わるトレーニングが不足していると、IT環境をより近代的なコンテナ環境に変換し、新しいアプリケーションデリバリー方式をサポートすることで期待される利益を妨げているのです。開発だけでなく、IT運用を効果的に行うには基礎知識が必要です。KubeCampusはこれまでにある中で最高水準の学習プラットフォームであり、重要なニーズを満たしています」

Scality 戦略提携バイスプレジデント、ウォリー・マクダーミッド(Wally McDermid)氏

「初のパートナー企業としてKubeCampusコミュニティに招待されたことを光栄に思います。プラットフォームに2万人以上のユーザーがいる私たちは、クラウドネイティブアプリ向けのオブジェクトストレージの導入をまったく新しい世界のDevOpsプロフェッショナルに推進する機会を手にしています。私たちは、Kubernetesの主要なコンポーネントテクノロジーにしばしば見られるスキルギャップを解消するための支援ができることを光栄に思います」

StormForge ワールドワイドフィールドオペレーションシニアバイスプレジデント、トム・エレリー(Tom Ellery)氏

「当社の自動化された Kubernetesリソース管理プラットフォームは、KubeCampusの学習者層と自然にマッチするものです。企業は Kubernetesを使ったクラウド移行を進める中で、いつ、どのように環境を最適化するかについて知識ベースを増やしたいと考えるようになります。KubeCampusの学習プラットフォームパートナーとして、現在および将来の潜在的なお客様に幅広い成熟度モデルを提供すると同時に、特に展開が拡大するにつれて、コミュニティが Kubernetesの複雑さという課題に対処できるように支援できると信じています」

Veeam Softwareについて

Veeamは、ハイブリッドクラウドにおけるデータセキュリティ、データ復旧、自由なデータ移行を通じたレジリエンスを企業に提供します。Veeam Data Platformは、クラウド、仮想、物理、SaaSおよびKubernetes環境向けの単一ソリューションで、アプリやデータを常に保護・利用可能にすることで、企業の事業継続を支援しています。Veeamは、米国オハイオ州コロンバスに本社を置き、世界30か国以上で事業所を展開しています。フォーチュン 500の82%以上、グローバル 2,000の72%以上を含む45万社以上のお客様を保護しています。Veeamのグローバルエコシステムには、3万5,000社以上のテクノロジーパートナー、リセラーパートナー、サービスプロバイダー、アライアンスパートナーが含まれています。公式HP(https://www.veeam.com/jp)、LinkedIn(@veeam-software)、Twitter(@veeam_japan

Kasten by Veeamについて

Kasten by Veeamは、Kubernetesのバックアップとディザスタリカバリのリーダー企業です。ソリューションは、企業がKubernetes上で自信を持ってアプリケーションを実行するために、Day2データマネジメントの課題解決をサポートします。Kubernetes環境向けに構築されたデータマネジメントプラットフォームであるKasten K10は、企業の運用チームに、バックアップ/リストア、ディザスタリカバリ、アプリケーションモビリティのための使いやすく、拡張性のある、安全なシステムを、最高水準を誇る運用のシンプルさを提供します。Kastenは、Veeam内の独立したKubernetesビジネスユニットです。詳細については、https://www.kasten.io/もしくは、Twitterで@kastenhqをフォローしてください。