>   >  ディザスタ・リカバリ・サービス(DRaaS)

ディザスタ・リカバリ・サービス(DRaaS)

安価で効率的なクラウドベースの災害復旧 (DR) New

最近の調査は、現在のビジネスにとってDRaaSの提供が重要であることを示している。

最近の調査は、現在のビジネスにとってDRaaSの提供が重要であることを示している。

VeeamRは、災害復旧サービス (DRaaS) を包括的な可用性戦略の一部として実現し、データセンターへのこれまでの投資を活用して、それらをハイブリッドクラウドに拡張します。

安価で効率的なイメージベースのVMレプリケーションは、世界中の最も優れ、最も信頼できるDRaaSプロバイダーを通じて、「すべての」アプリケーションのためのクラウドベースの災害復旧を実現します (RTPOは15分未満)。

レプリカをサービスプロバイダーに送信する

Veeamを利用してDRaaSビジネスを拡大する(サービスプロバイダー向け)

DRaaSが現在抱えている問題

災害復旧サービス (DRaaS) 市場は、多くの話題を集めてはいますが、エンドユーザーは、使いこなすのが難しいと語っています。現在市場に出回っている製品の多くは、DRaaSソリューションを総合的なデータ保護戦略の追加として、またはそれとは別個に提供しており、ITの投資や推進の中心を現在のデータセンターから遠ざけています。これらのソリューションは、管理をさらに複雑化し、多くの場合、企業に、何らかの異常が発生したときに本当に復旧できるのだろうかという疑問を抱かせます。

VeeamUP第8号。DRaaS:Your New Favorite Cloud Service (新しいクラウドサービス)

The DraaS Opportunity: A survey of service providers & resellers

DRaaS市場の詳細はこちら

現在市販されているポイントソリューションでは、DRaaS環境はほとんど未定義のままです。業界をリードするアナリストは、顧客の認識は十分に高いが、災害復旧サービスを利用しても、IT部門がコスト効率を最大化するための奮闘は続くと報告しています。

  • 現在市販されているDRソリューションの中には、(レプリカ)ではなくバックアップを使用しているものがあり、それでもDRaaSであると主張しています。これは、復旧の非効率化を招き、目標復旧時間 (RTO) および目標復旧時点 (RPO) は、真の災害復旧を実現するには許容できないほどの長さになります。
  • その他のDRaaSソリューションはレプリケーションを提供しますが、ユーザーやサービスプロバイダーが、全体像 (バックアップやネットワークなどの重要なコンポーネント) を完成するには、さまざまなベンダーを混在させる必要があります。このような包括的な機能がなくても、数少ないビジネスアプリケーションが重要であるというだけで、高額の料金を請求されることになります。
  • 一部のDRaaSベンダーは、サービスプロバイダーに対して正面から戦いを挑んでおり、サービスプロバイダーと共に専用のクラウドデータセンターを推進しながら、一方では、その同じサービスプロバイダーに自社のDRaaSソフトウェアを購入させようとしています。
DRaaSの明確化:クラウドベースの災害復旧のコストと負荷を低減する。
DRaaSの明確化:クラウドベースの災害復旧のコストを低減し、手間を排除する。

VeeamがDRaaSを実現

Veeamは、DRaaSを包括的な可用性戦略の一部として提供し、一貫したユーザーエクスペリエンスを提供し、さらにデータを保護するための総コストを削減することにより、DRaaSを定義しています (バックアップ+レプリケーション+クラウド)。Veeamは、次の機能を提供します。

  • 真のDRを実現するための安価で効率的なイメージベースのレプリケーション:RTPO
  • シンプルでわかりやすいライセンス体系と価格体系:エンドユーザー向けと、サービスプロバイダー向けに分かれており、サービスプロバイダー向けに、VM単位での月額レンタルのサービスが用意されています。
  • ワークロードを選ばないDR:効率的で費用対効果が高く、特定のストレージ、アプリケーションおよびOSに限定されません。
  • 高度なネットワーク機能:Veeamは、ネットワーク接続を自動的に処理します。DRのテストやフェールオーバーで最大の課題となる複雑なセットアップやVPNは必要ありません。
高度なDRaaSネットワーク機能の詳細はこちら

ネットワーク接続は、DRサービスを提供する際に最も大きな問題となる点の1つです。他のソリューションと異なり、総合的なDRaaSソリューションであるVeeam Cloud Connectは、災害復旧のためのデータのレプリケーションを管理するだけでなく、物理的な場所に関係なく、2つのサイト間のネットワーク接続も管理します。これにより、実行中のレプリカVM間の通信を維持することで、DRテストや完全または部分フェールオーバーのためのネットワークの再構成に伴うネットワーク接続の手間を省き、高いコストやさまざまな問題を回避することができます。このために、サードパーティ製ソフトウェアのライセンスを取得し、習得および保持する必要はありません。また、フェールオーバーの実行前、実行中、または実行後に、TCP/IP設定をレプリケートするための変更を行う必要もありません。

安価で効率的なクラウドベースの災害復旧

Veeam Cloud Connectにより、サービスプロバイダーは、簡単でシンプルかつ透過的にDRaaSを提供することができます。また、Veeamをお使いのお客様は、DRaaSを有効に活用することができます。このため、IT部門は、DRaaSプロバイダーとの間の重要な直接的連絡手段や個人的な関係を犠牲にすることなく、ハイブリッドクラウドアーキテクチャの利点を十分に活用することができます。さらに、IT部門は、サービスを希望どおりに構成して利用する体制はそのまま残して、責任を、既知の信頼できるサービスプロバイダーに移管することができます。

Veeam Cloud Connectは、高度なイメージベースのVMレプリケーション機能を備えており、サービスプロバイダーを通じて、完全に統合された高速でセキュアなクラウドベースのDRを提供します。

サービスプロバイダーにレプリカを送信する方法の詳細はこちら

Veeamを利用してDRaaSビジネスを拡大する方法の詳細はこちら(サービスプロバイダー向け)

関連コンテンツ

サービスプロバイダー:Veeamで強化されたDRaaSに基づくビジネスの構築

災害復旧サービス (DRaaS) は、新規ユーザーと既存ユーザーにクラウドサービスを販売する絶好のチャンスです。Veeam Cloud Connect Replication for Service Providersが提供する次のような利点により、DRaaSを、ユーザーの環境を問わず、簡単で収益性が高く実用的なサービスとして提供して、収益をさらに伸ばすことができます。

  • サードパーティ製ソフトウェアに依存しない:必要なのはハイパーバイザーだけです。オーケストレーション、ネットワーク拡張、WANアクセラレーションなどの追加の技術を取得、習得または保持する必要はありません。なぜなら、すべてが、詳細な設定を必要とせずにすぐに使用できるからです。これにより、TCO (総所有コスト) が大幅に削減されます。つまり、マージンが増えるだけでなく、ユーザーには競争力のある価格を提示することができます。
  • 簡単なライセンス体系:VM単位の月ごとのレンタル、VMの最小数制限なし
  • すでに確立され、成長を続ける市場とすぐに利用できるチャネル:現在Veeamをご使用のお客様は230,000社で、チャネルパートナー数は45,000社に及びます。
  • Veeamとの競合なし:Veeamは独自のDRaaSを提供するのではなく、パートナーからのサービス提供を可能にします。

詳細はこちら

DRが発生した場合、またはテストを行う場合でも、レプリケーションと規模の拡大が合理化され、はるかに簡単になるでしょう。それに加えて、当社のお客様には、Veeam Cloud Connectポータルを通じて、オンデマンドでレプリケーションジョブが統合され、自動プロビジョニングされるという事実にきっとご満足いただけると思います。

Matthew Chesterton氏
OffsiteDataSync社
CEO

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

を今すぐお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ