NEW Veeam Agent for Linux FREE

Linux向けシンプルかつ無償のバックアップ – 環境を問わず利用可能

Linuxサーバーとワークステーションを簡単にバックアップ

通常、Linuxインスタンスのバックアップと復元には、オンプレミスとクラウドのどちらで運用されていても、多くの手間とコストがかかります。手作業による操作が必要になるだけでなく、IT管理者の貴重な時間が費やされます。

製品概要 エディションの比較 ユーザーガイド(英語)
ダウンロード

無料永遠に

NEW Veeam Agent for Linux

VeeamÂR Agent for Linuxは、Linuxインスタンスのアベイラビリティを確保するために設計された、シンプルかつ無償のバックアップ・エージェントです。パブリック・クラウドまたはオンプレミスのどちらで運用されている場合もご利用いただけます。

仮想、物理、およびクラウドベースのワークロードに次世代のアベイラビリティを提供し、Always-On Enterpriseを実現。

Linuxベースのパブリック・クラウドおよび物理ワークロードに対する無償バックアップ

Veeam Agent for Linuxは、OS上からファイルレベルおよびボリュームレベルでイメージベースのバックアップを実行できる無償のソリューションです。Veeamのカーネル・モジュールであるCBT(変更ブロック追跡)機能が真の増分バックアップを実現します。また、素晴らしいことに、このモジュールはソース・コードとして配布されます。

バックアップ機能

Veeamは、パブリック・クラウドまたはオンプレミスで運用されているLinuxインスタンスを対象としたイメージベースの高速バックアップを提供します。

次のバックアップ・オプションをご利用いただけます。

  • コンピュータ全体、ボリュームレベル、ファイルレベルのバックアップ:Linuxシステム全体または任意のボリュームやファイルをイメージベースでバックアップ
  • 組み込みスナップショットおよびCBTドライバ:Veeamのカーネル・モジュールに組み込まれたボリューム・スナップショット機能と独自のCBT機能により、Linuxインスタンスの真の増分バックアップを実現
  • コンソールUIまたはコマンド・ライン:使いやすいUIまたは従来のLinuxコマンド・ライン(veeamconfigコマンドを使用)を選択可能
  • Veeam Backup & Replicationとの統合:Veeamのバックアップ・リポジトリをバックアップ先として最大限に活用し、既存の機能によりファイルレベルの復元を実行、他にもメリットが多数!

*Veeam Backup & Replication 9.5 Update 1以降が必要

Veeam Backup & Replicationの詳細はこちら

Veeam Agent for Linuxのバックアップ・モード

復元機能

Veeam Agent for Linuxの素早く簡単なリストア

Veeam Agent for Linuxは、Linuxインスタンスの迅速な復元が可能なため、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。個々のLinuxインスタンスをパブリック・クラウドのバックアップからオンプレミスへ、またオンプレミスのバックアップからクラウドへ復元できます。

次のリカバリ・オプションをご利用いただけます。

  • ベアメタル・リストア:システム全体を同一ハードウェアまたは別のハードウェアに復元
  • ボリュームレベルのリストア:故障したハード・ドライブまたは破損したパーティションを復元
  • ファイルレベルのリストア:個々のファイルを「どの」バックアップ・タイプからでも数分で復元

ブータブル・リカバリ・メディア

Veeam Agent for Linuxでは、リカバリ・メディアを使ってさまざまな問題に対処できます。次のことが可能です。

  • ボリュームのリストア:Linuxクラウド・インスタンスまたはオンプレミスのバックアップからボリューム全体を復元
  • ファイルのリストア:Linuxバックアップから個々のファイルを参照して復元
  • ネットワークの構成:DHCPサーバーからネットワーク設定を取得して、ネットワーク共有のバックアップを参照可能に
  • コマンド・ラインへの切り替え:コマンド・ラインから、組み込みUIで使用可能なすべての機能の他、高度なシステム・ツールにアクセス
  • 再起動:Linuxクラウド・インスタンスまたはオンプレミス・サーバー/ワークステーションを再起動
Veeam Agent for Linuxのリカバリ・メディア

サポートされるシステム環境

Veeam Agent for LinuxはRPMとDEB両方のパッケージとして配布されます。ディストリビューションの既定のカーネルを使用する場合、バージョン2.6.32以降のLinuxカーネルがすべてサポートされます。これは古いインストールも保護されることを意味します。詳細については、製品データシートまたはユーザー・ガイドを参照してください。