新登場

Veeam Agent for Linux FREE

  • Linux向けのNo.1のバックアップと復元
  • Linuxシステム全体または特定の
    ファイルをバックアップ
  • ベアメタルリストア
  • コンソールUIまたはコマンドライン

Linux向けのシンプルな無償バックアップ — どこでも利用可能

Linuxインスタンスのバックアップと復元 — オンプレミスかクラウドかに関わらず、通常、多くの手間とコストがかかります。手作業による操作が必要になるだけでなく、IT管理者の貴重な時間が費やされます。

新製品Veeam® Agent for Linux FREEは、パブリッククラウドまたはオンプレミスのどちらでも、Linuxインスタンスのアベイラビリティを確保するために設計された、シンプルなバックアップエージェントです。

Linuxベースのサーバーとワークステーションを簡単にバックアップ

パブリッククラウドと物理ワークロードに対応するLinux向け無償バックアップ

Veeam Agent for Linux FREEは、ゲストシステム内部からイメージベースのバックアップを実行できるソリューションで、ファイルレベルとボリュームレベルの両方に対応します。VeeamのカーネルモジュールであるCBT(変更ブロック追跡)機能を使用して、真の増分バックアップを実現します。また、素晴らしいことに、このモジュールはソースコードとして配布されます。

バックアップ機能

  • コンピューター全体のバックアップ:不要なファイルを自動的に排除しながら、Linuxシステム全体をバックアップします。
  • ボリュームレベルのバックアップ:コンピューター上の選択されたドライブまたはボリュームのブロックレベルのバックアップを利用します。
  • ファイルレベル:バックアップ対象のファイルマスクおよびフォルダーを個別に選択します。
  • 組み込みスナップショットおよびCBTドライバ:Veeamのカーネルモジュールである組み込みボリュームスナップショット機能と独自のCBT機能で、真の増分Linuxバックアップを実現します。
  • アクティブ・フル・バックアップ1必要に応じて定期的なLinuxのアクティブ・フル・バックアップをスケジューリングすることにより、企業のバックアップポリシーに対応します。

復元オプション

  • ベアメタルリストア:システム全体を、同じまたは異なるハードウェアにリストアします。
  • ボリュームレベルのリストア:故障したハードドライブや破損したパーティションをリストアします。
  • ファイルレベルのリストア:あらゆるバックアップタイプから個々のファイルを数分でリストアします。
  • 起動可能な復元メディア:種類の異なる複数のメディアにLinuxシステムの復元イメージを作成し、ボリュームリストアやファイルレベルリストアで使用します。
1Veeam Agent for Linux FREE v3以降が必要

その他のバックアップと復元オプション

Veeam Agent for Linux FREEは、Linuxインスタンスの高速リカバリが可能なため、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。パブリッククラウドの個々のLinuxインスタンスをバックアップからオンプレミスに復元したり、逆にオンプレミスのバックアップをクラウドベースに復元したりすることができます。

Veeam Agent for Linux FREEには以下が含まれます。

  • ソース側での暗号化1:保護されたコンピューターから送信される前にソース側でLinuxバックアップデータを暗号化することにより、送信中も保存先でもデータを保護します。
  • スナップショットレス・バックアップモード1:マウントされているあらゆるファイルシステムから重要なファイルをバックアップします。
  • コンソールUIまたはコマンドライン:使いやすいUIか、従来のLinuxコマンドライン(veeamconfigコマンドを使用)のいずれかを選択できます。
  • Veeam Backup & Replication™との統合2:Veeamバックアップリポジトリを保存場所としてフル活用すると同時に、ファイルレベルの復元を実行する既存の機能を利用します。
  • ネットワークの構成3:DHCPサーバーからネットワーク設定を取得して、ネットワーク共有のバックアップを参照できます。
  • 再起動3:Linuxクラウドインスタンスまたはオンプレミスサーバー/ワークステーションを再起動します。

1Veeam Agent for Linux FREE v3以降が必要
2Veeam Backup & Replication 9.5 Update 1以降が必要
3起動可能リカバリメディアを使用

Veeam Agent for Linux FREEですばやく簡単にリストア

サポートされるシステム環境

Veeam Agent for Linux FREEは、RPMDEB両方のパッケージとして配布されます。ディストリビューションの既定のカーネルを使用する場合、バージョン2.6.32以降のLinuxカーネルがサポートされます。これは古いインストールも保護されることを意味します。詳細については、『リリースノート』を参照してください。
  

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeamコミュニティ・フォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます