新登場 Veeam Availability Suite 9.5

Veeam Backup & ReplicationとVeeam ONEを含む

リモートオフィス/ブランチオフィス (ROBO) 展開向けのVeeam

拡大し続けるROBO環境向けに強化されたリモートオフィスにおけるバックアップと復元
Veeam® Availability SuiteTM v9に搭載されたリモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)機能は、複数の遠隔地に拠点を持つ企業が、ROBO環境におけるバックアップと復元の時間を短縮する一方、リモートのバックアップや復元作業の多くをリモートサイト内だけで処理することにより、WAN帯域幅の使用量を削減するのに役立ちます。
無償評価版をダウンロードする
体験版では機能制限はありません
ビデオを見るにおけるVeeamのエンタプライズレベルの拡張機能」

ROBO環境向けの可用性

ROBO環境では、バックアップや復元の速度が低下したり、困難であったりしますが、Veeamを使用すればそのようなことはありません。

企業は、バックアップと復元の運用を複数の場所で簡単に展開できるので、場所ごとに必要なレベルのRTPO™を達成することができます。また、企業は、リモートオフィス内でローカルに保管するデータを増やすことができ、次のような利点が得られます。

  • ローカルでのバックアップと復元を迅速化し、RTOとRPOを短縮
  • スケーラビリティの向上
  • WAN帯域幅の使用量の削減
  • 本社から独立した、ROBOオペレーターによる運用の向上

無償

Veeam Availability Suite 9.5

30日間機能制限なし!

スタンドアロンコンソール

特に一刻を争い、素早く復元する必要がある場合、RDPを介して複数の遠隔地のバックアップと復元を管理することは、煩雑な作業です。Veeam Backup & Replication™を使用すると、管理コンソールをインストールし、居場所に関係なくノートPCからリモートのVeeamバックアップサーバーを便利に管理でき、場所や時間に関係なく高速リカバリを実行できます。

リモートオフィス向けの迅速な復元

リモートオフィスで、復元のパフォーマンスを向上し、WANを介して送信されるデータ量を削減するために、ROBOベースのマウントサーバーにより、ファイルレベルの復元トラフィックをリモートサイトでローカルに保持して、本社に送信されるサポートチケット数を削減し、応答時間を短縮することができます。

ROBOにおけるバックアップと復元の簡易化

新しいGuest Interaction Proxyは、ローカルのオーケストレーションとアプリケーションのサポートを簡易化します。これは、ROBO環境のバックアップを合理化して、中央のバックアップサーバーの負荷を低減し、大規模なROBO環境を持つ大企業のスケーラビリティを向上します。各リモートオフィスまたはブランチオフィスにGuest Interaction Proxyをインストールすると、中央のサーバーは、WANを介して制御コマンドを送信するだけで済み、ローカルVM上でのアプリケーション認識処理とゲストファイルシステムのインデックス作成はGuest Interaction Proxyによって管理されるので、WANトラフィックが著しく削減されます。

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

を今すぐお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ