リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語のみ)

最先端のデータセンターを構築すると同時に、サーバー仮想化、最先端のストレージ・アプリケーション、およびクラウドベースのサービスにも投資を行っています。しかしながら企業は、エンド・ユーザーの新たな要求に直面しており、中にはダウンタイムやデータ消失が発生することなくデータやアプリケーションに常にアクセスできる状態を求める声もあります。企業はデータセンターの近代化を進め、次を実現しました。

  • ITサービスのプロビジョニングの高速化
  • セキュリティと管理の強化
  • 運用コストの削減

ソリューション:Veeam Availability Solution for Cisco UCS

Veeam®とCiscoが提携して、Cisco UCSとVeeamテクノロジーをベースとした、事前構成済みの統合データ・アベイラビリティ・ソリューションを提供します。Veeam Availability Solution for Cisco UCSはすぐに導入可能であり、VeeamとCiscoが共同で検証しています。

Veeam Availability Solution for Cisco UCSは、仮想環境でエンタープライズ・クラスの高度なデータ・アベイラビリティ・ソリューションを必要とするお客様に最適な、最高のターンキー・ソリューションです。注文、導入、管理が簡単で、需要の増加に応じて徐々に容易に拡張できます。

詳細についてはこちら
ビデオ: 55:28

本ウェビナーおよびデモでは、災害対策と復旧にかかる時間、コスト、労力を削減し、DRコンプライアンス遵守と本番ITサービスの継続的な提供を実現するために必要なあらゆるものが、 新製品のVeeam®Availability Orchestrator にどのように含まれているかについてご説明します。以下の点をご紹介します。

  • 自動更新されるDRドキュメントにおいて、コンプライアンス要件を満たしつつ、経営幹部や利害関係者のサインオフをどのように実現するか
  • 自動化された計画テストと準備状態の確認で、本番システムへの影響がゼロの復元可能性をどう確認できるか
  • 予定されているダウンタイムや予定外のダウンタイムの際の、マルチサイトITサービスの信頼性の高いフェールオーバーとフェールバックをどう行うか
  • その他多数の機能
講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 21:50

新しいPure Storageプラグイン をリリースし、Veeamとの卓越したインテグレーションによって、次のことを可能にしました

  • より優れたバックアップのパフォーマンス
  • より高速なリストア
  • コピーされた本番データへの簡単アクセス

このウェビナーでは、Pure StorageとVeeam® のインテグレーションによって、24時間365日の止まらないビジネスがどのように実現できるのかをご覧いただけます。ぜひご参加ください。

ホワイトペーパー
2018年9月28日
著者: Roger Boss, Product Marketing Manager, Veeam Global Alliances

VMware Cloud on Amazon Web Services(AWS)は、vSphereベースのクラウド環境間でアプリケーションを実行し、AWSのさまざまなサービスにアクセスできるオンデマンド・サービスです。VMware Cloud Foundationと組み合わされたこのサービスは、vSphere、vSAN、NSXとVMware vCenterの管理機能を統合し、専用で柔軟なベアメタル方式のAWSインフラストラクチャで実行できるよう最適化されています。VMware Cloud on AWSを使用すれば、ITチームは使い慣れたVMwareツールでクラウドベースのリソースを管理できます。

このSolution Briefでは、お客様がハイブリッド・クラウドの導入を迅速に進められるよう支援するVMware Cloud on AWSのVeeamサポートの概要を説明し、シンプルかつ効率的にワークロードをAWSクラウドにバックアップ、レプリケート、移行してお客様が投資された既存のVMwareソフトウェア定義のデータセンター技術を活用する方法を説明します。

詳細についてはこちら

Veeam®とNutanixは、デジタル・トランスフォーメーション[TM1] [TM2] の実現を支援するために、展開を加速させ、ハイブリッド・クラウド環境全体でビジネス・アプリケーション・リソースの管理を簡素化します。このVeeamとNutanixによるソリューションブリーフでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • ビジネス・アジリティの向上
  • Webスケールでの弾力性と柔軟性の実現
  • IT運用管理の合理化
  • エンタープライズクラスのクラウド機能の活用
詳細についてはこちら
データシートを読む
2018年9月20日
講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 39:02

多くの企業でMicrosoft Office 365の利用が広がっていますが、Office 365データの保護の重要性を十分に理解している企業はごくわずかしかありません。Microsoft Office 365があれば、メール、ファイル、およびコンテンツを管理する独自のインフラストラクチャをホストする必要はありませんが、 ビジネス上重要なデータのバックアップが不要になるわけではありません。

本ウェビナーに参加して、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2の以下のような新機能についてのご確認ください。

  • OneDrive for Business向けのデータ保護
  • SharePoint向けのデータ保護
  • 使いやすさとバックアップの柔軟性の大幅な向上
  • その他重要な機能の数々
講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 54:44

Veeam® Availability Suite™ 9.5 Update 3a では、1つの管理コンソールから、仮想/物理/クラウドを問わずすべての ワークロードのアベイラビリティを実現でき、レガシーのバックアップ・ソリューションとは管理性が大幅に向上します。

本ウェビナーでは、それを実現する多彩な機能、拡張機能のほか、以下を実現する方法についてご紹介します。

  • 仮想/物理/クラウドを問わず、いかに、すべてのワークロードをVeeamで一元的に保護し管理できるか
  • IBM Spectrum VirtualizeおよびLenovo Storage Vシリーズなど戦略的パートナーが提供するストレージ統合機能の活用により、いかにRTOおよびRPOを短縮できるか
  • 物理/クラウドベースのワークロード向けの新しいデータ管理、分析、コンプライアンス・レポートの活用の仕方について

さらに、Veeam Agents for Microsoft Windows & Linux を含む機能の詳細もご説明いたします

データシートを読む
2018年7月25日
もっと見る