リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)
2019年現在も、VMwareの仮想プラットフォームは明確なマーケットリーダーであり、多くのVeeam®のお客様は、優先される仮想化プラットフォームとしてVMware vSphereを使用しています。 ただし、vSphere上の仮想マシンのバックアップは、事業継続性を担保する一部にすぎません。何かあった際にリストアするためにバックアップは行います。そのバックアップを、求められるスピードで確実に行うことは不可欠です。

「VMware vSphereバックアップのベストプラクティス」ホワイトペーパーでは、VMware vSphereにおけるVeeam Backup&Replication™ によるバックアップのベストプラクティスのトップ10をご紹介します。以下よりダウンロードの上、ぜひご一読ください!

  • バックアップモードの賢明な選択
  • リストア方法の計画
  • ストレージベースのスナップショットをアベイラビリティコンセプトに統合
  • VMware vSANによるバックアップ
詳細についてはこちら
講演者: Masashi Takazawa 高澤 雅史
ビデオ: 48:03

高水準でシステムのレジリエンスを実現し‍、バックアップパフォーマンスを向上し‍、目標復旧時間(‍RTO‍)および目標復旧時間(‍RPO‍)を短縮すること―― これらは‍、今日の企業が事業継続性を担保するために‍、改善していかなければならない課題です‍。

Pure StorageとVeeamが共同でお届けする本オンラインセミナー‍。

Veeam Backup&Replication 9.5と‍、PureStorage FlashArrayおよびPure Storage FlashBladeを組み合わることでご提供できる価値‍、特にバックアップやリカバリ時間を数日から数分単位まで短縮できるソリューションの真価をご紹介します‍。

本オンラインセミナーのポイント‍!

  • Pure + Veeamのエコシステムの全体像とは
  • Pure + Veeamの大規模導入事例をご紹介
  • Veeamのストレージスナップショットインテグレーションの全容

など

講演者: Masashi Takazawa 高澤 雅史
ビデオ: 59:14

故障や障害、自然災害などにより、システムが停止した場合、関連する業務や作業も停止し、ビジネスに多大な影響を与えてしまいます。

こういったリスクを低減する方式の一つとしてクラスター構成があり、耐障害性や可用性が求められるミッションクリティカルなシステム、特にデータベースではクラスター構成が取られることが多くあります。

では、システム的に保護されるクラスター構成のデータの保護はどう行われるのでしょうか?

前回のオンラインセミナーではVeeamを使ったSQL ServerやExchange Serverのバックアップとリストアについてご説明しましたが、今回はそこから一歩進んで、クラスター構成でのSQL ServerやExchange Serverのバックアップとリストアについて、デモを交えてその手法をご紹介します。是非ご参加ください!

  • クラスターのバックアップとリストアについて
  • Windows Server failover cluster (WSFC)のバックアップ/リストア
  • SQL Server Always-onのバックアップ/リストア
  • Exchange Server DAGのバックアップ/リストア
講演者: Masashi Takazawa 高澤 雅史
ビデオ: 1:06:44

昨今‍、ミッションクリティカルなMicrosoftアプリケーションのより高いレベルでの安定運用が求められるようになってきています‍。他方で‍、人的リソースの不足等により‍、スピードと業務の効率化も喫緊の課題となっています‍。
その中で‍、Veeamは‍、高い信頼性はもとより‍、シンプル‍、且つ‍、高速なバックアップ・復元ソリューションの提供でお客様の抱える課題に応えます‍。

このオンラインセミナーでは‍‍、Microsoft SQL Server‍‍、Active Directory‍‍、ExchangeのデータをVeeam Explorersを利用して復元する方法を実際のデモを交えてご紹介します‍‍。
Veeam Explorersには‍‍、Active Directory‍やExchangeのようにメール1通‍、または‍、オブジェクトを1つ復元する‍‍、または‍、SQLデータベース全体を特定時点に復元する等‍、復元を実現するのに必要なテクノロジーが備わっています‍‍。

バックアップと復元について‍、より効率的な方法を模索されている方‍、具体的にVeeamではどのように復元が行われるのか少しでも気になられている方は‍、是非この機会にご参加下さい‍!

  • Microsoft SQL Server‍‍、Active Directory‍‍、Exchangeの復元をデモを交えてご紹介します‍。
  • Veeam Explorersの具体的な機能‍、効率的な活用方法をご提案します‍。

皆さまのご参加をお待ち致します‍!

仮想インフラストラクチャが普及し、あらゆるサーバーが急速に仮想環境へ統合されていくにつれて、バックアップによるデータの保護がこれまでになく重要になりました。

このホワイトペーパーでは、FUJITSU Storage AF S2 / DX S4向けに新たに開発されたVeeam Backup&Replicationの最新プラグインの機能について詳しく説明します。
  • 仮想ボリューム(VV0L)を持たない仮想マシンのバックアップも取得可能に。
  • ビジネスにクリティカルな影響を及ぼすアプリケーションのパフォーマンスを向上。
  • 富士通のストレージスナップショットを活用して、より短くきめ細かな目標復旧地点(RPO)を実現。
詳細についてはこちら
昨今のビジネスの変化とスピードは激しさを増し、ビジネスの多くがデジタル化され、IT インフラには柔軟性と俊敏性を強く求められ、

仮想基盤の導入が当たり前のものになっています。

 
このホワイトペーパーでは、Fujitsu Storage ETERNUS CS800 S7とVeeam Backup & Replicationの組み合わせによって、

次のことが可能になることを詳しく説明します。

・業務で利用するストレージのコスト低減

・仮想環境に手を加えずフルバックアップ採取

・仮想環境を素早くリストアし、業務再開 詳細についてはこちら
講演者: 高澤 雅史
ビデオ: 57:38

平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 さて、この度、Veeamでは、物理サーバーとエンドポイントのデータ保護にフォーカスしたオンラインセミナーを開催することとなりました。

データの保存場所は、これまで以上に様々な場所に広がり、複雑さは増々大きくなってきています。それにもかかわらず、接続の期限切れ、ハードウェア障害、ファイル破損、ランサムウェア、盗難等から、データを保護し続ける必要があります。

本オンラインセミナーでは、この複雑化している状況で如何にデータを保護していくべきなのか、考慮すべきポイント毎にお伝えします! 特に、物理サーバー、エンドポイントのデータの保護について悩まれている、よりスムーズ、シンプルに改善できないかと検討されている場合は、是非ご参加ください!

  • バックアップ、リストア(復元)の機能要件
  • Veeam Agent for WindowsとVeeam Agent for Linuxとは
  • Agent使用しての物理データ アベイラビリティの維持
ホワイトペーパー
2019年8月8日

ポイント

  • ダウンタイムやデータ消失によるビジネスへの影響とその対処方法
  • 運用の効率化でコストダウン
  • データ消失とダウンタイムによる損失を防ぐ戦略とは
  • データ保護とアベイラビリティを実現する戦略とは

備えあれば患いなし:事故が起こる前に備えること

詳細についてはこちら
ビデオ: 1:00:11

ITインフラ基盤のさらなる最適化、安定運用と堅牢性が求められるようになっている昨今、昨年末リリースされたWindows Server 2019への対応が喫緊の課題として持ち上がっています。企業のIT担当者は、アップグレード前に何をどのように備えるべきなのか?本オンラインセミナーでは、Windows Server 2019の最適活用を実現するための、利用すべき重要な機能、考慮すべき点、安全なアップグレード方法、そして、Windows Server 2019におけるVeeamの新機能、サポートについて、まとめてお伝えします!

Windows Server 2019へのアップグレードを控えている、データ保護の強化を検討されている場合は、是非ご参加ください!

  • Windows Server 2019の新機能
  • Windows Server 2019へのアップグレード方法と移行テスト
  • Veeamの新機能とWindows Server 2019へのサポート
クラウド・データ・マネジメントは、インテリジェント・データ・マネジメントの構成要素のひとつです。データは社内全体で利用可能で、一元的に管理および制御され、組織にとって最も価値をもたらす場所に保存されます。

次のことを知ることができます:

  • データマネジメントが不十分だとコストが高くなる理由
  • 不十分なデータマネジメントに組織がどのように対応しようとしているか
  • インテリジェント・データ・マネジメントを活用している企業の4つの重要な属性
デジタル変革のメリット
各組織が、基盤を適切に構築し、よりインテリジェントな企業になるための方法について、計画案を得られます。 詳細についてはこちら
もっと見る
本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

素敵な年末年始を

チャットは現在オフラインになっています。フォームに入力してください。後ほど、担当者よりお電話を差し上げます。

技術関連

全般およびライセンス

販売

パートナーシップ

保守更新

問題が発生した場合、または販売後の技術サポートが必要な場合
*適切な製品の選択に関してサポートが必要な場合は、「販売」チャットをお選びください

Webサイトについての説明、アップグレードのヒント、ライセンスやアカウントに関するサポート

追加ライセンス、価格の詳細、製品情報に関するお問い合わせ、その他の販売関連のご質問

パートナー登録のご依頼、または既存パートナー様からのサポートのご依頼

保守更新に関してご質問がございますか? 最長5年間分の保守費用を前払いすることで、費用を削減することが可能です。

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

プライバシー通知。個人情報を送信するとVeeamプライバシー・ポリシーに同意したことになります。
戻る

メッセージをお願いいたします


ご依頼をいただき、ありがとうございました。

Veeamの営業担当者からすぐにご連絡を差し上げます。

お問合せ先  new message