リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語のみ)

Veeam®とNutanixは、デジタル・トランスフォーメーション[TM1] [TM2] の実現を支援するために、展開を加速させ、ハイブリッド・クラウド環境全体でビジネス・アプリケーション・リソースの管理を簡素化します。このVeeamとNutanixによるソリューションブリーフでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • ビジネス・アジリティの向上
  • Webスケールでの弾力性と柔軟性の実現
  • IT運用管理の合理化
  • エンタープライズクラスのクラウド機能の活用
詳細についてはこちら
講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 39:02

多くの企業でMicrosoft Office 365の利用が広がっていますが、Office 365データの保護の重要性を十分に理解している企業はごくわずかしかありません。Microsoft Office 365があれば、メール、ファイル、およびコンテンツを管理する独自のインフラストラクチャをホストする必要はありませんが、 ビジネス上重要なデータのバックアップが不要になるわけではありません。

本ウェビナーに参加して、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2の以下のような新機能についてのご確認ください。

  • OneDrive for Business向けのデータ保護
  • SharePoint向けのデータ保護
  • 使いやすさとバックアップの柔軟性の大幅な向上
  • その他重要な機能の数々
講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 54:44

Veeam® Availability Suite™ 9.5 Update 3a では、1つの管理コンソールから、仮想/物理/クラウドを問わずすべての ワークロードのアベイラビリティを実現でき、レガシーのバックアップ・ソリューションとは管理性が大幅に向上します。

本ウェビナーでは、それを実現する多彩な機能、拡張機能のほか、以下を実現する方法についてご紹介します。

  • 仮想/物理/クラウドを問わず、いかに、すべてのワークロードをVeeamで一元的に保護し管理できるか
  • IBM Spectrum VirtualizeおよびLenovo Storage Vシリーズなど戦略的パートナーが提供するストレージ統合機能の活用により、いかにRTOおよびRPOを短縮できるか
  • 物理/クラウドベースのワークロード向けの新しいデータ管理、分析、コンプライアンス・レポートの活用の仕方について

さらに、Veeam Agents for Microsoft Windows & Linux を含む機能の詳細もご説明いたします

データシートを読む
2018年7月25日
データシートを読む
2018年7月23日
データシートを読む
2018年7月3日

業界はVeeamが、アベイラビリティを実現するための破壊的革新力であると認めています。Veeamの傑出した顧客満足度評価に続いて、主要アナリスト企業やメディアによる最近の認識から、Veeamがあらゆるクラウドにおける、さまざまなアプリケーションや、多種多様なデータに対するアベイラビリティにおける、明らかな市場リーダーであることは明白です。詳細はこのインフォグラフィックでご確認ください。

詳細についてはこちら
著者: Phil Goodwin, Research Director at IDC

IDCでは、70%以上の組織がデジタル変革の取り組みに合わせるためのクラウドファーストのアプリケーション導入戦略を有していると予測しています。このように、多くの組織がMicrosoft Office 365に移行しており、Microsoft Azureなどのパブリック・クラウドを利用しています。

ただし、ITリーダー達は、デフォルトのデータ保護スキームが望んでいたほど堅固ではないことに気付きつつあります。結果として、求められる必要なデータ管理ポリシーおよび保護ポリシーを提供するために、多くの組織がVeeamに切り替えています。

このIDCリサーチ・ペーパーでは、VeeamをMicrosoft Cloudソリューションと使用することでお客様が得られる以下のようなおもな利点について説明します。

  • シンプルなセットアップと使いやすさ
  • 迅速なデータ復元
  • データの管理、安全性、およびコンプライアンスの向上
  • その他多数
詳細についてはこちら
もっと見る