リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語のみ)

企業が仮想化されたプライベート・クラウド環境にアプリケーションのワークロードを統合する中で、予測可能なパフォーマンス、可用性、および管理の簡素性を求める要件がますます高まっています。このVeeam®とPure Storageのソリューション・カタログでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • アプリケーションSLAの一貫した達成
  • より高い投資対効果を実現
  • IT運用管理の合理化
  • その他多数
詳細についてはこちら

Veeam Backup & ReplicationとStoreOnce Catalystクライアントを統合し、ソース側重複排除仮想合成フル・バックアップを実現すると、従来型のNASプロトコル(CIFSおよびNES)を使用したバックアップと比較して、バックアップ・データ転送が効率化し、ネットワーク使用率が低減し、全体的なパフォーマンスが向上します。このガイドでは、オンサイトとオフサイト双方のバックアップ・コピーにおいて、HPE StoreOnce Catalystを使用したVeeam Backup & Replicationをどのように設定および構成するかについて説明しています。 詳細についてはこちら

ホワイトペーパー
2017年7月31日
著者: Alexis de Pablos,

私たちは毎日、手元にあるリソースでワークロードを実行することを求められています。データは常に増え続け、そのデータをいつでも利用できるようにする必要があります。それが、ストレージが必要不可欠で貴重なアセットである大きな理由の1つです。Veeamは、今あるストレージ領域を可能な限り利用できるようにする柔軟なソリューションを提供しています。

異なる技術を個別に、あるいは一緒に使用することで、今あるストレージへの投資を最大限に生かし、現時点のニーズに従って自由に管理できるようになります。

多数のストレージがあっても合理的に利用できなければ高いコストが発生します。このドキュメントでは、ストレージ使用量を最適化するためのVeeamの全オプションを解説しています。

詳細についてはこちら

多くのIT組織が、なぜいまだに保護とアベイラビリティに関する目標を達成するために苦労しているのか、その原因についての調査。

Veeam®はIT組織が抱える保護、復元、アベイラビリティの課題への理解を深めるため、世界のIT意志決定者1,000名以上を対象とした調査をESGに委託しました。

調査結果は驚くべきものでした。保護が不十分なデータや確実に復旧できないデータが組織内に極めて大量に存在し、ダウンタイムで年間平均2,180万ドルのコストが発生していることが明らかになりました。さらに、インシデントが対前年比で25%増加しており、問題が悪化の一途を辿っていることを示しています。最先端のデータ保護ソリューションの計画と導入を早急に進め、信頼性の高い迅速な復元を実現する必要があります。

重要なのは、貴社が何一つ失うわけにはいかないということです。この最新のインフォグラフィックをご覧になり、レポート全文をダウンロードして詳細をご確認ください。

詳細についてはこちら
著者: Orlando Scott‑Cowley, CISSP, CCSP, CCSK, cybersecurity expert

ランサムウェアは、大多数の企業においてサイバー・セキュリティ関連の最大の問題となっており、脅威の状況が刻々と変化するなか、各社はその対応に追われています。犯罪者はたった1件のランサムウェア攻撃で何百万ドルもの大金を手に入れられる可能性があり、しかもリスクやコストが皆無に等しいとあっては、この状況にも頷けます。

Conversational GeekとVeeamによるこの新しいホワイト・ペーパーでは、以下について詳しく解説します。

  • ランサムウェア攻撃によるコストの可能性
  • ランサムウェアの侵入方法
  • ランサムウェアへの備えと復旧の方法

このエグゼクティブ・サマリーには、VeeamとConversational Geekが先頃公開したEブック『 Conversational Ransomware Defense and Survival』の重要な項目がまとめられています。

詳細についてはこちら

Veeamの委託でESGが先頃実施した調査で、半数の組織がバックアップ・ソフトウェアに関する課題を抱えていることが判明しました。この調査は、アジア太平洋地域に拠点を置く組織でデータ保護を担当するIT専門家250人を対象に実施されました。このインフォグラフィックをご覧になり、アジア太平洋地域の組織における仮想サーバーのデータ保護の主な課題をお確かめください。

レポートの完全版:詳細については、https://go.veeam.com/esg-veeam-protects-virtualized-it-environments-jpをご覧ください。

詳細についてはこちら

『IDCエグゼクティブ・サマリー―ゼロへの新たな競争におけるVeeam®の利用:ユーザー企業への調査結果』は、Veeamのアベイラビリティ・ソリューションを利用するお客様が、ビジネスでどのような成果をあげているかに焦点を当てています。

主な調査結果:

  1. Veeam製品を導入した企業は全体で90.9%のSLA達成率を実現
  2. Veeamのお客様は復元時間を平均77%削減、計画外ダウンタイムから3倍のスピードで復旧、以前のソリューションと比べてエラーを2.5倍抑制
  3. Veeamのお客様はダウンタイムを平均で年間10.2時間削減。この数値を業界平均の1時間あたり10万ドルというコストに換算すると、削減額は100万ドル以上
  4. その他多数の成果
    1. 無料のエグゼクティブ・サマリーでは、Veeam製品を活用したダウンタイムの最小化と、Always-On Enterprise™の実現のために必要なソリューションについてご覧いただけます。

      詳細については完全版のレポートをダウンロードしてご覧ください。

      詳細についてはこちら

IDCは新たな調査『Veeam® Customer Survey:Using Veeam in the New Race to Zero』において、975社を対象に、SLAの遵守、ソリューションの信頼性、コストの影響、人材の効率性というビジネス関連のトピックについて調査しました。この調査では、Veeamのお客様がVeeamソリューションを利用して得た体験とビジネスの成果に焦点を当てています。是非この調査結果をご覧ください。

  1. Veeamのお客様は、SLAを削減(向上)しつつも、その達成率が70.7%から90.6%へと、19.1%向上したと回答しています。
  2. Veeamのお客様は、ダウンタイムを平均で年間10.2時間削減しています。この数値を、業界平均の1時間あたり10万ドルというコストに換算すると、100万ドル以上を節減したことになります。
  3. Veeamのお客様の3分の2は、スタッフがバックアップとリカバリの作業に費やす時間を削減し、その節約できた時間は他の業務に費やすことができたとしています。
  4. Veeamのお客様は、オンプレミスとオフプレミスの両方のバックアップ・インフラストラクチャで費用を削減することができました。
  5. 他にも多くの成果があります。

Veeam製品を活用したダウンタイムの最小化と、Always-On Enterprise™の実現のために必要なソリューションについては、是非レポート全文をご覧ください。

詳細についてはこちら
著者: Pete Zerger, Consultant, author, speaker, Microsoft MVP

企業管理にSCOM(Microsoft System Center Operations Manager)を使用し、VMwareをプライベート・クラウド・インフラストラクチャの基盤に据えようとお考えであれば、インフラストラクチャ管理の問題解決と、運用効率や投資活用の強化をVeeam®が支援します。SCOMにはVMware環境の監視機能がありません。そのため、影響を最小限に抑えながら、VMware環境とアプリケーションに対する監視と管理を統合できる管理パックが必要です。Veeam Management Pack™(MP)であれば、Operations Managerの機能にvSphereの監視機能を効果的に統合し、Operations Managerの管理画面から物理システムと仮想システムの監視を簡単に実行することができます。

このホワイトペーパーでは、Operations Managerを利用してVMwareインフラストラクチャを全面的に可視化し、VMwareのパフォーマンス・メトリックス(メモリ、CPU、ESXiホストの正常性とパフォーマンス、クラスター、vCenter Serverなど)を監視する方法を説明します。

このホワイトペーパーをダウンロードして、SCOMを利用してVMware vSphereの監視機能を最大限活用するための、次の重要な6つの概念をご確認ください。

  • vSphereを高レベルで監視するための、データソースとソリューションのアーキテクチャに関する考え方
  • 無関係または重複した通知によるアラートの「雑音」の中から対応が必要なアラートを選別するための、Operations Managerアラート機能の調整
  • オーバーライドを活用したOperations Managerを調整するベスト・プラクティス
  • SCOMを利用したトレンド特定、キャパシティ・プランニング、予測のためのレポート作成
  • など
詳細についてはこちら
もっと見る