Veeam Backup
for Microsoft Office 365

  • No.1のMicrosoft Office 365向けバックアップおよび復元ソ リューション
  • 17.5万社のお客様がインストール
  • Gold認定Microsoftパートナー
  • 高速、使いやすい、手頃な価格

Office 365データに必要な管理と保護

Microsoftは、Office 365で強力なサービスを提供しています。ただし、それにはOffice 365データの包括的なバックアップは含まれていません。1,000人を超えるITプロフェッショナルに行った調査によると、単純なユーザーエラーからデータセキュリティの重大な脅威まで、81%が何らかの形でOffice 365データの消失を経験しています。

Veeam® Backup for Microsoft Office 365なら、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business、Microsoft TeamsなどのOffice 365データに対してアクセスや管理ができなくなるリスクが排除され、データは常に利用可能な状態で保護されます。  

Product Launch: VB O365 v4 - Product Overview - EN
この短い動画で、VeeamによるOffice 365 Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Businessのバックアップと復元のポイントをご紹介します

Office 365のバックアップが必要な理由 

Microsoft Office 365を使用すると、電子メール、ファイル、およびSharePointインフラストラクチャを自社でホストする必要がなく、いつでもどこでも作業ができるようになります。
このインフラストラクチャはMicrosoftによってホストされていますが、ビジネス上重要なOffice 365データをバックアップする責任がお客様にあることは変わりません。
Office 365の責任共有モデルでは以下のように述べられています。

Office 365を利用する場合、データはお客様ご自身のものであり、お客様が管理し自己責任のもとで保護しなくてはなりません。

さらに、機密性の高いクラウドデータの60%がOfficeドキュメントに保存されており、そのうち75%がバックアップされていないことも分かっています。Veeam Backup for Microsoft Office 365を使うことで、オンプレミス、ハイパースケールクラウド、サービスプロバイダーなど、あらゆる場所にOffice 365を安全にバックアップできるほか、以下も実現できます。

セキュリティの脅威、
および保持ポリシーの
ギャップからの
Office 365データの保護
業界をリードする復元柔軟性を備えた迅速なリストア
Office 365アイテムの効率的なeDiscoveryによる、法的要件への対応

Microsoft Teamsのバックアップ

Conversational Geekによる、
Teamsデータの保護についての詳細分析

Office 365のバックアップが必要な7つの理由

組織がOffice 365データの保護を必要とする理由

初心者のための
Office 365バックアップ

Microsoft Office 365データを保護するためのベストガイド

Veeam Backup for Microsoft Office 365の機能

  • バックアップ
  • リストア
  • eDiscovery

Office 365 SharePoint、メール、ファイルをお好きな場所にバックアップ

Office 365データのバックアップ

Office 365 Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for BusinessのデータをOffice 365のクラウドベースのインスタンスから取得し、そのデータをわずか5分という間隔で、Microsoftのネイティブ形式でバックアップします。

ExchangeとSharePointの保護

ExchangeとSharePointをオンプレミスでバックアップすることで、データセンターへの影響を軽減。バックアップの頻度とタイミングも、ユーザーが設定できます。

Microsoft Teamsデータの保護

VeeamではMicrosoft Teams APIを使用して、真のMicrosoft Teams専用バックアップを提供。チーム全体はもちろん、特定のチャネルや設定など、重要なTeamsデータを完全に制御および保護できます。

4

データの導入や保存が、オンプレミスでも
クラウドでも可能

導入とストレージに関する複数のオプションがあります。 オンプレミスや、Azure Marketplace、AWS Marketplace、IBM Cloudに導入でき、データはオンプレミスまたはクラウド・オブジェクト・ストレージ(AWS S3、Azure Blob、IBM Cloud、Wasabi、S3互換プロバイダなど)に保存することができます。

いかに簡単にVeeam.comクラウドに導入できるか、是非ご確認ください。

業界をリードする復元の柔軟性でOffice 365をリストア

Veeamなら、Office 365に対して信頼性に優れたきめ細かいリストアが可能です。Office 365のメールボックスやメールも、SharePointのサイトや文書、ライブラリ、リストも、OneDrive for Businessのアカウント、ファイル、フォルダも、そしてMicrosoft Teamsのチャネル、タブ、設定も、数回のクリックでリストアすることができます。
組み込みのVeeam Explorer™ for Microsoft Exchange、SharePoint、OneDrive for Business、Microsoft Teamsを使用すると、次のことが可能になります。

高速で簡単なリストア

Office 365バックアップの保護されたコピーに格納されている、個々のオブジェクト(Microsoft Teamsデータを含む)を、素早く検索してきめ細かに復元します。

40以上のリストアオプション

40以上の方法でOffice 365アイテムのリストアが可能。これ以上ないリストアの柔軟性で、特定の復元ニーズに対応できます。

Office 365データのパワフルなeDiscoveryを活用

きめ細かく高度な検索機能により、Office 365アーカイブを検索して必要なデータを過不足なく正確に復元。
ビジネスにとってコストと時間のかかる中断を回避できます。 

eDiscoveryを簡単に

Veeamは、パワフルな検索機能と、柔軟な復元およびエクスポートオプションを搭載。Office 365のメールボックスやメール、ファイル、サイト、チームに対して、従来のオンプレミスのデータバックアップで行うときのように、簡単にeDiscoveryを実行できます。

簡単な復元でコンプライアンスにもすぐに対応

簡単にアクセスできるデータのコピーがないと、規制や法律上の理由でOffice 365メールや文書、チーム内の会話を取得しなければならないときに費用や時間がかかり、ビジネス運用が長時間中断されてしまう場合もあります。

バージョン5の新機能:Microsoft Teamsサポート

Teams専用のバックアップ

チーム全体はもちろん、特定のチャネルや設定など、Teamsデータの完全な制御と保護が可能

高速かつ簡単な復元

Veeam Explorer for Microsoft Teamsによる、業界をリードするTeams専用のリストアオプション

比類のないeDiscovery

Teamsコンポーネントのきめ細かな検索によるシームレスなガバナンスとコンプライアンス

Office 365向けのBackup as a Service(BaaS)

Office 365データ保護の明確なマーケットリーダー

Veeamは組織がOffice 365データを保護し、いつでも使用できる状態にできるよう支援しています
17.5万+
製品のダウンロード
2万+
社以上のお客様
580万
人以上の有料契約ユーザー

TrustRadiusで実際のお客様の声をご覧いただけます(英語)

Office 365のバックアップに関するFAQ

この製品に無償版はありますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365 Community Editionは無償の製品で、最大10ユーザー、10チーム、および1TBのSharePointデータに対応できます。
この製品にセキュリティ機能はありますか? 
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365では、マルチファクター認証でOffice 365のバックアップデータのセキュリティを向上しています。また、オブジェクトストレージにあるOffice 365データは暗号化が可能です。  
この製品でコンプライアンス要件に対応できますか? 
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365を使用すれば、規制やコンプライアンスの要件に応じた長期間の保持ポリシーに基づいてデータを保存できます。 
この製品はスケールすることができますか? 
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365を使用すれば、リポジトリの自動スケールアウトによりファイルサイズの上限が問題になることを抑止できるため、大規模なOffice 365環境を単一のインストールで保護できます。 
この製品でハイブリッドなOffice 365環境を保護できますか? 
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365では、メールとSharePointのハイブリッド環境の保護、およびオンプレミスのExchangeとOffice 365の間でのメールボックスデータの移行も可能です。 
この製品でOffice 365の専用バージョンやローカライズバージョンのバックアップを行うことはできますか? 
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365では、米国政府(国防総省およびその他の政府機関)専用バージョン、ドイツ国内バージョン、中国国内バージョンもサポートしています。 
サービスプロバイダーがこの製品を提供することは可能ですか? 
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365により、サービスプロバイダーのお客様はOffice 365バックアップサービスを提供できます。 
この製品はPowerShellとRESTful APIをサポートしていますか? 
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365を使用すれば、全機能を対象としたPowerShellおよびRESTful APIのサポートによる包括的な自動化と、サービスプロバイダーのお客様の顧客向けに提供されるセルフサービスのリストア機能によって、オーバーヘッドを最小限に抑え、復元にかかる時間とコストを削減できます。 
Office 365のバックアップは不可欠であると組織を納得させるにはどうすればよいですか?

Office 365のバックアップの重要性について、上長や同僚、チームなどを納得させるには、段階ごとの方法を説明したこちらのガイドをご利用いただけます。 Office 365のバックアップの大切さを説明するのに必要な情報をまとめました。

ステップ1:Office 365の責任共有モデルについて理解し、バックアップが必要な理由を説明する。

ステップ2:デモやバックアップのテストを用いて、Veeam Backup for Microsoft Office 365がいかに優れているかを示す。

ステップ3:第三者によるレビューサイトでVeeamと他社製品を比較する。

ステップ4:予算や価格オプション、割引率について検討する。

図および製品スクリーンショット

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
英数字と特殊文字(&+-._!'`())のみを使用してください。
送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。

Veeamの製品に関心をお寄せいただき、
ありがとうございます。

以下のメールアドレスに確認メールを送信いたしました:
 
次のステップに進み、製品の利用を開始しましょう
  1. 製品のダウンロード
  2. ライセンスキーの有効化

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.

カスタムデモを申し込む

英数字と特殊文字(&+-._!'`())のみを使用してください。
送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.