データ回復力におけるNo.1 グローバルリーダー
セキュリティアーキテクチャ

テクニカル・セキュリティ・ブループリント

Veeamのアライアンスパートナーと共同で作成されたVeeamの技術的なセキュリティブループリント*では、実際の現場で見られる実績あるシナリオに基づいた、シンプルな事前定義型アーキテクチャをご覧いただけます。

Veeamソリューションの構築方法

   
クラウド
Veeam Backup for Microsoft Azure - 複数のリージョンに2,000~3,000ワークロードがある 詳細はこちら
Veeam Backup for AWS - 5,000~10,000ワークロード 詳細はこちら
Veeam Backup for Google Cloud - 1,000ワークロード 詳細はこちら
データベース
Veeam Backup for Oracle データベースプラグイン(+ Real Application Clusters) 詳細はこちら
Veeam Backup for Oracle データベースプラグイン 詳細はこちら
Veeam Backup for SQL Server データベースプラグイン 詳細はこちら
Kasten
1つのEKSクラスターからS3 & DRクラスター 詳細はこちら
1つの本番クラスターからオフサイトクラスター 詳細はこちら
1つのAzureクラスター + Kasten & OpenShift 詳細はこちら
Veeam Backup for Microsoft 365
10,000ユーザーとVeeam Backup for Microsoft 365 Azure環境 詳細はこちら
Salesforce
Salesforceセキュリティのブループリント 詳細はこちら
Veeam Backup & Replication
1つの本番データセンターとテープ上のバックアップアーカイブ 詳細はこちら
1つの本番データセンターからExagridを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからHPE Apollo 4510を使用しているオフサイトのデータセンター 詳細はこちら
1つの本番データセンターからLenovo DEシリーズを使用しているオフサイトのデータセンター 詳細はこちら
1つの本番データセンターからオブジェクトリポジトリを使用しているオフサイトのデータセンター 詳細はこちら
1つの本番データセンターからオフサイトのデータセンター 詳細はこちら
1つの本番データセンターからPure Flash Array//Cを使用しているオフサイトのデータセンター 詳細はこちら
VM 500台をVeeamでレプリケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからSAN接続型アレイリポジトリを使用しているオフサイトのデータセンター 詳細はこちら
セキュアリストア 詳細はこちら
1つの本番データセンターからPure FlashBlade Eを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからZadara VPSAを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからCloudianを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからObjectFirstを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからZadaraのオブジェクトストレージを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからCiscoを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからオフサイトロケーション:Veeam Agent for Oracle AIXを使用 詳細はこちら
1つの本番データセンターからHitachi Vantaraを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからHitachi Content Platformを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからEpicを使用しているオフサイトロケーション 詳細はこちら
1つの本番データセンターからオフサイトのデータセンター:VM 1,000台 詳細はこちら
1つの本番データセンターからオフサイトのデータセンター:VM 10,000台 詳細はこちら
1つのサイトのデータ保護監視:VB365 詳細はこちら
1つの本番データセンター監視:1,000インスタンス 詳細はこちら
1つの本番データセンター監視:5,000インスタンス 詳細はこちら
スワイプで表をさらに表示
*免責事項:上記ドキュメントに記載されている情報は、現時点でVeeamに提供されている、またはVeeamで把握しているものであり、Veeamが後になって把握することになった追加情報または状況が生じた場合は、通知なしに変更されることがあります。Veeamは、上記ドキュメントに含まれる情報の誤りおよび欠落に対し、それらが技術的なものか、編集によるものかを問わず、一切の責任を負わないものとします。またVeeamは、上記ドキュメントに関し、明示的か黙示的かを問わず、一切の表明および保証を行いません。

Radical Resilience is Our Difference

Veeamを利用することで、今日のハイブリッドクラウドに必要な柔軟性と、
長期的な成功に必要な信頼性を手に入れられます。
demo

デモを見る

Veeamを用いてどんな脅威に対してもデータの回復性を容易に実現する方法とは

contact

お問い合わせ

貴社に最適なソリューション選びをサポートします。