リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語のみ)
講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 32:17

Veeam®とMicrosoft Azureによるハイブリッド・クラウド・ソリューションについてご説明します。オンプレミス環境からMicrosoft Azureへと、グローバル・レベルのアベイラビリティを提供するソリューションです。VeeamはMicrosoft Azureと共に、Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS)における革新を実現します。

Veeamのシステム・エンジニアリング・マネージャー  吉田幸春によるライブ・セッションでは、以下についてご紹介します。

  • Veeam Availability Suite™と、Microsoft Azure上で稼動するアプライアンス・ベースのソリューションを活用することで、従来のテープ・ベースのソリューションと比べて最大90%超のコストを削減
  • ソフトウェアベースのソリューションであるVeeam Cloud Connect for Service Providers / for the Enterprise により、Microsoft Azureへの自動アーカイブが可能に
  • VeeamのDirect Restore to Microsoft Azureと、新しいVeeam Agents for Microsoft Windows / for Linux(WorkstationエディションとServerエディション)による、仮装マシンと物理マシンの両方に対するアベイラビリティ戦略
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365

VeeamとMicrosoft Azureによるハイブリッド・クラウド・ソリューションは、RPO/RTO時間が15分未満で、非常にきめ細かなリカバリ・オプションを利用できるため、大いにご満足いただけることでしょう。

講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 40:56

新しいVeeam® Availability Suite™ 9.5がついに一般公開されました‍。このウェビナーでは‍、エンタープライズ向けの機能拡張についてご紹介します‍。ぜひご覧ください‍。Veeam Availability Suite 9.5は‍、規模やVM数を問わず効率的かつ効果的に拡張できます‍。これまででもっともスケーラブルなVeeam製品です‍。

この録画版ウェビナーでは以下の内容を取り上げます‍。

  • 主な発表内容
  • 新機能によりもたらされるビジネス価値のご紹介
  • 主な機能のデモ
講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 44:02

本ウェビナーでは‍、多くのVeeamの導入を検討しているお客様を対象として実施いたします‍。本ウェビナーでは‍、Veeam製品の特徴となぜ仮想化環境におけるデータ保護として世界中から評価されているのかについて詳しく解説するほか‍、近日中にリリースされる予定のVeeamの最新バージョン‍、Veeam® Availability Suite™ 9.5についてもご紹介いたします‍。

Veeamを利用することにより‍、あらゆるITサービスと関連アプリケーションおよびデータの秒単位‍、分単位での復元が可能となり‍、企業のIT環境やデータ保護におけるサービス・レベル目標の達成を支援し‍、Availability for the Always-On Enterprise™‍、すなわち「常に稼動を続けること」を実現します‍。

是非11月1日水曜日に開催されるウェビナーにご参加いただき‍、Veeamの特徴‍、なぜ世界中で導入が爆発的に増えているのか‍、そして最新バージョンVeeam Availability Suite 9.5にて提供されるさまざまな新機能についていちはやく情報をご入手ください‍。

Veeam Availability Suite 9.5で提供される新機能

  • エンタープライズ・レベルのスケーラビリティ向上とさまざまな機能強化
  • Microsoft 2016のデータ・センター技術との完全統合
  • Direct Restore to Microsoft Azure
  • Nimble CSおよびAFアレイとの統合
  • VMware vCloud Directorサポートの拡張
  • その他‍、豊富な機能を提供!

是非今すぐご登録いただき‍、いかにVeeam製品が御社や御社のお客様環境における‍、IT環境のデータ保護のリスクやコストの低減‍、ディザスタ・リカバリにお役立ていただけるのかについての情報をご入手ください‍。

講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 53:25

VMware vSphereアーキテクチャは、サーバーのバックアップおよび復元に多数の利点を提供します。このアーキテクチャでは、仮想化機能を利用することで、サーバーのバックアップに使用されていた従来の技術を変え、バックアップと復元を簡素化して効率性を高めます。また、バックアップ、VMのリストア、および災害復旧(DR)の柔軟性も向上させます。

このウェビナーでは、Veeam®の専門家が、適切な方法や手法、構成など、VMware vSphere環境でバックアップと復元を実行するのに役立つ10以上のベストプラクティスを紹介しており、バックアップを次のレベルに進めることができます。

ウェビナーでは以下の内容を説明します。ぜひご参加ください。

  • バックアップのルールと秘訣
  • DRのオプション
  • インフラストラクチャのモニタリング
  • その他多数の機能
ビデオ: 34:12

今日の大企業はバックアップ・ストレージの管理に膨大な労力と費用をかけています。その原因の1つとしてあげられるのは、従来のソリューションの管理能力を超える凄まじいペースでデータが増加しているという事実です。

Veeamの新機能、無制限のスケールアウト・バックアップ・レポジトリ™はこの課題を解決し、大企業におけるバックアップ・ストレージのハードウェア費用を削減すると共にバックアップ・ストレージの管理を徹底的に簡素化します。

この新機能がどのように大企業に役立つのか、ウェビナーにて説明いたします。ぜひご参加ください。

  • バックアップ・ストレージとバックアップ・ジョブの管理を大幅に簡素化:ソフトウェア定義の単一のバックアップ・リポジトリに複数の異種ストレージ・デバイスを格納
  • ストレージ・ハードウェア費用を削減:既存のバックアップ・ストレージ資産を完全に活用できるようにすることで、バックアップ・ストレージ・デバイスが十分に活用されていないという問題を解消
  • バックアップ・パフォーマンスの向上:RPOの短縮が実現すると共に、日常の運用におけるデータ消失のリスクが軽減

バックアップ・ストレージのコスト削減とバックアップ・ジョブの管理の簡素化を目指しているなら、このウェビナーを見逃す手はありません。

講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 45:20

最前線に立っているかと思えば、次の瞬間には役員室へ。大企業のIT担当者のような余裕がなければ、自分で複数の異なる業務をこなし、1分たりとも無駄にすることはできません。それが小規模企業におけるITプロフェッショナルの人生なのです。こうした課題に直面しているため、使いやすく、確実なROIを実現し、時間を大幅に節約できるソリューションが必要です。

以下の内容を扱ったRick VanoverとRuss Kerscherによる無料のセッションにぜひご参加ください。

  • SMBが直面する可用性の課題とその解決方法
  • SMBのデータセンター向けの効果的な設計に関する考慮事項
  • オフサイト、DR、および高速リカバリの手法のための実用的なヒント
ビデオ: 53:02

Veeam® Availability Suite™ v9は、「すべて」のアプリケーションおよびデータについて15分未満のRTPO™を達成することにより、Availability for the Always-On Enterprise™を実現します。

4月19日のウェビナーに参加して、Veeam Availability Suite v9を構成する新機能の包括的な概要をご覧ください。セッション期間中に発表される未公開の機能も含まれます。ここでは、時間の節約、リスクの軽減、コストの削減を目的に設計された、以下を含む新機能それぞれについて詳細を説明します。

  • EMCのVNXおよびVNXeハイブリッド・ストレージ・アレイとの統合 - ストレージ・スナップショットからのVeeam BackupとVeeam Explorer™ for Storage Snapshotsにより、データ消失を回避し、EMCストレージの高速リカバリを提供。
  • レプリケーション機能を備えたVeeam Cloud Connect - サービス・プロバイダーを通じて、完全に統合された高速でセキュアなクラウドベースのサービスとしてのDR(災害復旧)(DRaaS)を提供することにより、データ消失を回避。
  • Veeam Explorer for Oracle - Oacleデータベースを特定の時点に正確に復元できるエージェントレスのトランザクション・ログのバックアップなど、Oracleデータベースのトランザクションレベルの復元により、Oracle環境の高速リカバリを実現。
  • 無制限のScale-out Backup Repository™ - バックアップ・デバイス(ほぼあらゆるものに対応)を単一プールに追加することによってキャパシティを増加させる複数のストレージ・デバイスなど、ソフトウェア定義のバックアップ・リポジトリを通じて、バックアップ・ストレージおよびバックアップジョブの管理を簡素化。
  • On-Demand Sandbox™ for Storage Snapshots - ストレージ・スナップショットから、本番環境の完全かつ分離されたコピーを作成
  • その他多数の機能!
講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 53:02

Veeam® Availability Suite™ v9は、「すべて」のアプリケーションおよびデータについて15分未満のRTPO™を達成することにより、Availability for the Always-On Enterprise™を実現します。

4月19日のウェビナーに参加して、Veeam Availability Suite v9を構成する新機能の包括的な概要をご覧ください。セッション期間中に発表される未公開の機能も含まれます。ここでは、時間の節約、リスクの軽減、コストの削減を目的に設計された、以下を含む新機能それぞれについて詳細を説明します。

  • EMCのVNXおよびVNXeハイブリッド・ストレージ・アレイとの統合 - ストレージ・スナップショットからのVeeam BackupとVeeam Explorer™ for Storage Snapshotsにより、データ消失を回避し、EMCストレージの高速リカバリを提供。
  • レプリケーション機能を備えたVeeam Cloud Connect - サービス・プロバイダーを通じて、完全に統合された高速でセキュアなクラウドベースのサービスとしてのDR(災害復旧)(DRaaS)を提供することにより、データ消失を回避。
  • Veeam Explorer for Oracle - Oacleデータベースを特定の時点に正確に復元できるエージェントレスのトランザクション・ログのバックアップなど、Oracleデータベースのトランザクションレベルの復元により、Oracle環境の高速リカバリを実現。
  • 無制限のScale-out Backup Repository™ - バックアップ・デバイス(ほぼあらゆるものに対応)を単一プールに追加することによってキャパシティを増加させる複数のストレージ・デバイスなど、ソフトウェア定義のバックアップ・リポジトリを通じて、バックアップ・ストレージおよびバックアップジョブの管理を簡素化。
  • On-Demand Sandbox™ for Storage Snapshots - ストレージ・スナップショットから、本番環境の完全かつ分離されたコピーを作成
  • その他多数の機能!

今がチャンスです!今すぐ登録して最後までウェビナーをご覧になれば、いち早くv9の最新機能のことが分かります!