リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)
講演者: Masashi Takazawa 高澤 雅史
ビデオ: 48:03

高水準でシステムのレジリエンスを実現し‍、バックアップパフォーマンスを向上し‍、目標復旧時間(‍RTO‍)および目標復旧時間(‍RPO‍)を短縮すること―― これらは‍、今日の企業が事業継続性を担保するために‍、改善していかなければならない課題です‍。

Pure StorageとVeeamが共同でお届けする本オンラインセミナー‍。

Veeam Backup&Replication 9.5と‍、PureStorage FlashArrayおよびPure Storage FlashBladeを組み合わることでご提供できる価値‍、特にバックアップやリカバリ時間を数日から数分単位まで短縮できるソリューションの真価をご紹介します‍。

本オンラインセミナーのポイント‍!

  • Pure + Veeamのエコシステムの全体像とは
  • Pure + Veeamの大規模導入事例をご紹介
  • Veeamのストレージスナップショットインテグレーションの全容

など

講演者: Masashi Takazawa 高澤 雅史
ビデオ: 59:14

故障や障害、自然災害などにより、システムが停止した場合、関連する業務や作業も停止し、ビジネスに多大な影響を与えてしまいます。

こういったリスクを低減する方式の一つとしてクラスター構成があり、耐障害性や可用性が求められるミッションクリティカルなシステム、特にデータベースではクラスター構成が取られることが多くあります。

では、システム的に保護されるクラスター構成のデータの保護はどう行われるのでしょうか?

前回のオンラインセミナーではVeeamを使ったSQL ServerやExchange Serverのバックアップとリストアについてご説明しましたが、今回はそこから一歩進んで、クラスター構成でのSQL ServerやExchange Serverのバックアップとリストアについて、デモを交えてその手法をご紹介します。是非ご参加ください!

  • クラスターのバックアップとリストアについて
  • Windows Server failover cluster (WSFC)のバックアップ/リストア
  • SQL Server Always-onのバックアップ/リストア
  • Exchange Server DAGのバックアップ/リストア
講演者: Masashi Takazawa 高澤 雅史
ビデオ: 1:06:44

昨今‍、ミッションクリティカルなMicrosoftアプリケーションのより高いレベルでの安定運用が求められるようになってきています‍。他方で‍、人的リソースの不足等により‍、スピードと業務の効率化も喫緊の課題となっています‍。
その中で‍、Veeamは‍、高い信頼性はもとより‍、シンプル‍、且つ‍、高速なバックアップ・復元ソリューションの提供でお客様の抱える課題に応えます‍。

このオンラインセミナーでは‍‍、Microsoft SQL Server‍‍、Active Directory‍‍、ExchangeのデータをVeeam Explorersを利用して復元する方法を実際のデモを交えてご紹介します‍‍。
Veeam Explorersには‍‍、Active Directory‍やExchangeのようにメール1通‍、または‍、オブジェクトを1つ復元する‍‍、または‍、SQLデータベース全体を特定時点に復元する等‍、復元を実現するのに必要なテクノロジーが備わっています‍‍。

バックアップと復元について‍、より効率的な方法を模索されている方‍、具体的にVeeamではどのように復元が行われるのか少しでも気になられている方は‍、是非この機会にご参加下さい‍!

  • Microsoft SQL Server‍‍、Active Directory‍‍、Exchangeの復元をデモを交えてご紹介します‍。
  • Veeam Explorersの具体的な機能‍、効率的な活用方法をご提案します‍。

皆さまのご参加をお待ち致します‍!

講演者: 高澤 雅史
ビデオ: 57:38

平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 さて、この度、Veeamでは、物理サーバーとエンドポイントのデータ保護にフォーカスしたオンラインセミナーを開催することとなりました。

データの保存場所は、これまで以上に様々な場所に広がり、複雑さは増々大きくなってきています。それにもかかわらず、接続の期限切れ、ハードウェア障害、ファイル破損、ランサムウェア、盗難等から、データを保護し続ける必要があります。

本オンラインセミナーでは、この複雑化している状況で如何にデータを保護していくべきなのか、考慮すべきポイント毎にお伝えします! 特に、物理サーバー、エンドポイントのデータの保護について悩まれている、よりスムーズ、シンプルに改善できないかと検討されている場合は、是非ご参加ください!

  • バックアップ、リストア(復元)の機能要件
  • Veeam Agent for WindowsとVeeam Agent for Linuxとは
  • Agent使用しての物理データ アベイラビリティの維持
ビデオ: 1:00:11

ITインフラ基盤のさらなる最適化、安定運用と堅牢性が求められるようになっている昨今、昨年末リリースされたWindows Server 2019への対応が喫緊の課題として持ち上がっています。企業のIT担当者は、アップグレード前に何をどのように備えるべきなのか?本オンラインセミナーでは、Windows Server 2019の最適活用を実現するための、利用すべき重要な機能、考慮すべき点、安全なアップグレード方法、そして、Windows Server 2019におけるVeeamの新機能、サポートについて、まとめてお伝えします!

Windows Server 2019へのアップグレードを控えている、データ保護の強化を検討されている場合は、是非ご参加ください!

  • Windows Server 2019の新機能
  • Windows Server 2019へのアップグレード方法と移行テスト
  • Veeamの新機能とWindows Server 2019へのサポート
講演者: 高橋 正裕 (Masahiro Takahashi)
ビデオ: 1:09:35

Veeam Backup for Microsoft Office 365は、Veeamの歴史において、お客様から短期間で最も多くの引き合いをいただいている製品の1つです。 このセッションでは、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3の新機能がもたらす価値についてご説明します。ぜひご参加ください。 SharePoint OnlineとOneDrive for Businessのバックアップ処理が最大30倍も高速に マルチファクター認証でOffice 365のバックアップ・データのセキュリティを向上 Office 365のデータ保護レポートで可視性と分析を強化 その他多数の機能
ビデオ: 57:22

バックアップストレージの管理と拡張は、いつも簡単というわけではありません。ご利用の環境の拡大やデータの増加に伴ってバックアップ環境を拡充するにあたり、社内にハードウェアを追加することが必ずしも最も効率的な方法とは限りません。

本セッションでは、Veeam Cloud Tierという投資対効果の高い方法でデータを長期保存できるソリューションをご紹介します。ぜひこの機会にウェビナーにご参加ください。

大きく以下のポイントをご説明したします。

  • Veeam Availability Suite 9.5 Update 4からの新機能 ―― Veeam Cloud Tierの詳説
  • どのようにストレージの管理と拡張にかかるコストを削減できるのか ーー ビジネスメリット
  • 高速ストレージに保管しておく必要がない古いデータをいかに復元するか ーー クラウドオブジェクトストレージを活用したベストプラクティス
  • その他
講演者: 高橋 正裕 (Masahiro Takahashi)
ビデオ: 46:15

ご存知でしょうか?現在、40秒に1回の頻度で、企業はランサムウェアの攻撃を受けています。ランサムウェアによる2017年の被害額は全世界で50億ドルを超え、攻撃は増加の一途をたどっています。次の被害者にならないようにしましょう。

本ウェビナーでは、ランサムウェアが企業にもたらす影響についての深堀と、Veeam®とHewlett Packard Enterprise(HPE)によって、そのリスクをいかに軽減できるのかについて、ランサムウェアの攻撃を受けた後のデータの復元手法を改善する方法についてご紹介します

トピック:

  • § ランサムウェアの最近の動向
  • § 自社の脆弱性を評価する方法
  • § VeeamとHPEのソリューションで企業の安全を保つためのベストプラクティス
  • § その他
ビデオ: 48:50

Veeamでは、Nutanix AHV向けのハイパー・アベイラビリティを提供し、VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-V環境に対する既存のサポートを補完します。Veeam Availability for Nutanix AHV が、ハイパー・アベイラビリティを実現したエンタープライズ向けのVeeam Hyper-Availability Platformの一部としてどのように機能するかについて、あらゆる情報をお伝えしたいと思います。

  • このウェビナーでは、Veeam Availability for Nutanix AHVの次のような利点について説明します:
  • § 強力で直感的なPrismライクなインターフェースで、簡単かつ合理的な管理を実現
  • § Nutanix基盤全体で高頻度かつ高速のバックアップを実現し、データ消失を最小限に
  • § VM全体やアイテム・レベルでの柔軟かつ迅速な復元で、ビジネスの生産性の維持を担保
  • § その他多数の機能
  • お知らせ

Nutanixハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションのアベイラビリティが向上したことにより、VeeamによるNutanix Acropolis(AHV)のサポートが強化

講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 19:25

Amazon Web Servicesのデータを守るのは、あなた自身です。AWSでは、耐久性の高いインフラストラクチャと、バックアップとディザスタ・リカバリ・プランのオーケストレーションに必要なツールを提供しています。ですが、このプランを調整し、必要に応じて実行できる状態にしておくことは、エンド・ユーザーである皆様の責任です。

このセッションでは、以下の内容について説明すると共に、実際の方法をご紹介します。

  • ネイティブ・オプションによるAWSのデータのバックアップ
  • フリーおよび超低コストのオプションによるAWSのデータの保護
  • エンタープライズのバックアップと復元ソリューションを選択した場合にできること

こちらのセッションに参加していただくと、 AWSの重要なデータやワークロードを保護する方法についてのポイントをすべてご確認いただけます。 また、N2WSのCloud Protection Managerを使用して、バックアップを自動化して迅速に復元する方法についてもご紹介します。

もっと見る
本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

素敵な年末年始を

チャットは現在オフラインになっています。フォームに入力してください。後ほど、担当者よりお電話を差し上げます。

技術関連

全般およびライセンス

販売

パートナーシップ

保守更新

問題が発生した場合、または販売後の技術サポートが必要な場合
*適切な製品の選択に関してサポートが必要な場合は、「販売」チャットをお選びください

Webサイトについての説明、アップグレードのヒント、ライセンスやアカウントに関するサポート

追加ライセンス、価格の詳細、製品情報に関するお問い合わせ、その他の販売関連のご質問

パートナー登録のご依頼、または既存パートナー様からのサポートのご依頼

保守更新に関してご質問がございますか? 最長5年間分の保守費用を前払いすることで、費用を削減することが可能です。

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

プライバシー通知。個人情報を送信するとVeeamプライバシー・ポリシーに同意したことになります。
戻る

メッセージをお願いいたします


ご依頼をいただき、ありがとうございました。

Veeamの営業担当者からすぐにご連絡を差し上げます。

お問合せ先  new message