リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語のみ)
ビデオ: 48:50

Veeamでは、Nutanix AHV向けのハイパー・アベイラビリティを提供し、VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-V環境に対する既存のサポートを補完します。Veeam Availability for Nutanix AHV が、ハイパー・アベイラビリティを実現したエンタープライズ向けのVeeam Hyper-Availability Platformの一部としてどのように機能するかについて、あらゆる情報をお伝えしたいと思います。

  • このウェビナーでは、Veeam Availability for Nutanix AHVの次のような利点について説明します:
  • § 強力で直感的なPrismライクなインターフェースで、簡単かつ合理的な管理を実現
  • § Nutanix基盤全体で高頻度かつ高速のバックアップを実現し、データ消失を最小限に
  • § VM全体やアイテム・レベルでの柔軟かつ迅速な復元で、ビジネスの生産性の維持を担保
  • § その他多数の機能
  • お知らせ

Nutanixハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションのアベイラビリティが向上したことにより、VeeamによるNutanix Acropolis(AHV)のサポートが強化

講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 19:25

Amazon Web Servicesのデータを守るのは、あなた自身です。AWSでは、耐久性の高いインフラストラクチャと、バックアップとディザスタ・リカバリ・プランのオーケストレーションに必要なツールを提供しています。ですが、このプランを調整し、必要に応じて実行できる状態にしておくことは、エンド・ユーザーである皆様の責任です。

このセッションでは、以下の内容について説明すると共に、実際の方法をご紹介します。

  • ネイティブ・オプションによるAWSのデータのバックアップ
  • フリーおよび超低コストのオプションによるAWSのデータの保護
  • エンタープライズのバックアップと復元ソリューションを選択した場合にできること

こちらのセッションに参加していただくと、 AWSの重要なデータやワークロードを保護する方法についてのポイントをすべてご確認いただけます。 また、N2WSのCloud Protection Managerを使用して、バックアップを自動化して迅速に復元する方法についてもご紹介します。

ビデオ: 55:28

本ウェビナーおよびデモでは、災害対策と復旧にかかる時間、コスト、労力を削減し、DRコンプライアンス遵守と本番ITサービスの継続的な提供を実現するために必要なあらゆるものが、 新製品のVeeam®Availability Orchestrator にどのように含まれているかについてご説明します。以下の点をご紹介します。

  • 自動更新されるDRドキュメントにおいて、コンプライアンス要件を満たしつつ、経営幹部や利害関係者のサインオフをどのように実現するか
  • 自動化された計画テストと準備状態の確認で、本番システムへの影響がゼロの復元可能性をどう確認できるか
  • 予定されているダウンタイムや予定外のダウンタイムの際の、マルチサイトITサービスの信頼性の高いフェールオーバーとフェールバックをどう行うか
  • その他多数の機能
講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 21:50

新しいPure Storageプラグイン をリリースし、Veeamとの卓越したインテグレーションによって、次のことを可能にしました

  • より優れたバックアップのパフォーマンス
  • より高速なリストア
  • コピーされた本番データへの簡単アクセス

このウェビナーでは、Pure StorageとVeeam® のインテグレーションによって、24時間365日の止まらないビジネスがどのように実現できるのかをご覧いただけます。ぜひご参加ください。

講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 39:02

多くの企業でMicrosoft Office 365の利用が広がっていますが、Office 365データの保護の重要性を十分に理解している企業はごくわずかしかありません。Microsoft Office 365があれば、メール、ファイル、およびコンテンツを管理する独自のインフラストラクチャをホストする必要はありませんが、 ビジネス上重要なデータのバックアップが不要になるわけではありません。

本ウェビナーに参加して、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2の以下のような新機能についてのご確認ください。

  • OneDrive for Business向けのデータ保護
  • SharePoint向けのデータ保護
  • 使いやすさとバックアップの柔軟性の大幅な向上
  • その他重要な機能の数々
講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 54:44

Veeam® Availability Suite™ 9.5 Update 3a では、1つの管理コンソールから、仮想/物理/クラウドを問わずすべての ワークロードのアベイラビリティを実現でき、レガシーのバックアップ・ソリューションとは管理性が大幅に向上します。

本ウェビナーでは、それを実現する多彩な機能、拡張機能のほか、以下を実現する方法についてご紹介します。

  • 仮想/物理/クラウドを問わず、いかに、すべてのワークロードをVeeamで一元的に保護し管理できるか
  • IBM Spectrum VirtualizeおよびLenovo Storage Vシリーズなど戦略的パートナーが提供するストレージ統合機能の活用により、いかにRTOおよびRPOを短縮できるか
  • 物理/クラウドベースのワークロード向けの新しいデータ管理、分析、コンプライアンス・レポートの活用の仕方について

さらに、Veeam Agents for Microsoft Windows & Linux を含む機能の詳細もご説明いたします

講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 1:10:06

Veeam Softwareでは、 来る8月31日に技術系の方を対象としたウェビナーを開催致します。

本Webinarは、前回の基本編に続く内容で、実際に製品の導入、設定、運用などに関わる技術/SEの方を対象としたセッションです。

前回の基本操作編では製品のインストールからバックアップ・ジョブの作成と復元の手順についてご紹介しましたが、本ウェビナーでは、今回の応用編ではレプリケーション・ジョブの作成、バックアップ・コピー、及びテープ・バックアップの手順を確認し、データの1次保管から2次保管までの設定をご紹介します。

是非本ウェビナーにご参加頂き今後の弊社製品のご導入、ご提案などにお役立て下さい。

本ウェビナー「Veeam Backup & Replication 9.5 - 応用操作編 -」 では以下の内容についてご紹介いたします。

  • レプリケーション・ジョブの作成
  • バックアップ・コピー
  • テープ・バックアップの手順
  • データの1次保管から2次保管までの設定
講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 1:10:05

Veeam Softwareでは、 来る7月20日に技術系の方を対象としたウェビナーを開催致します。

本ウェビナーでは、Veeam Backup and Replicationの基本的な操作について実際の製品を用いて紹介する、実際に製品の導入、設定、運用などに関わる技術/SEの方を対象としたセッションです。

本ウェビナーでは、製品の利用開始までの一般的な設定について、インストールから順を追って紹介するほか、復元についても操作方法をご紹介いたしますので、製品インストールから初期設定、更には復元までの一連の流れのイメージを得ることが可能となります。

尚、本ウェビナーは、基本操作編として実施されます。今後アドバンス編も実施する予定です。

是非本ウェビナーにご参加頂き今後の弊社製品のご導入、ご提案などにお役立て下さい。

本ウェビナーでは以下の内容についてご紹介いたします。

  • Veeam Backup and Replicationのインストール
  • インストール後に必要となる基本的な設定
  • バックアップに関する設定、オプション設定、アプリケーションを認識したバックアップ利用時の設定
  • 復元方法、復元オプション

本ウェビナーの対象者

  • 現在Veeam製品の導入を検討されているお客様で設定、運用などに関わる方
  • 今後Veeam製品のデモのインストールをご検討中の方
  • データ保護の導入を検討している技術系のお客様
  • Veeam製品の取り扱いを検討中のパートナー様、リセラー様の技術系の方
  • その他製品自体にご興味のある方
講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 32:17

Veeam®とMicrosoft Azureによるハイブリッド・クラウド・ソリューションについてご説明します。オンプレミス環境からMicrosoft Azureへと、グローバル・レベルのアベイラビリティを提供するソリューションです。VeeamはMicrosoft Azureと共に、Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS)における革新を実現します。

Veeamのシステム・エンジニアリング・マネージャー  吉田幸春によるライブ・セッションでは、以下についてご紹介します。

  • Veeam Availability Suite™と、Microsoft Azure上で稼動するアプライアンス・ベースのソリューションを活用することで、従来のテープ・ベースのソリューションと比べて最大90%超のコストを削減
  • ソフトウェアベースのソリューションであるVeeam Cloud Connect for Service Providers / for the Enterprise により、Microsoft Azureへの自動アーカイブが可能に
  • VeeamのDirect Restore to Microsoft Azureと、新しいVeeam Agents for Microsoft Windows / for Linux(WorkstationエディションとServerエディション)による、仮装マシンと物理マシンの両方に対するアベイラビリティ戦略
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365

VeeamとMicrosoft Azureによるハイブリッド・クラウド・ソリューションは、RPO/RTO時間が15分未満で、非常にきめ細かなリカバリ・オプションを利用できるため、大いにご満足いただけることでしょう。

講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 40:56

新しいVeeam® Availability Suite™ 9.5がついに一般公開されました‍。このウェビナーでは‍、エンタープライズ向けの機能拡張についてご紹介します‍。ぜひご覧ください‍。Veeam Availability Suite 9.5は‍、規模やVM数を問わず効率的かつ効果的に拡張できます‍。これまででもっともスケーラブルなVeeam製品です‍。

この録画版ウェビナーでは以下の内容を取り上げます‍。

  • 主な発表内容
  • 新機能によりもたらされるビジネス価値のご紹介
  • 主な機能のデモ
もっと見る