アナリスト・レポートライブラリ‐Veeam Software

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

資料の種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)
ビデオ: 1:12:11

バックアップはあらゆるものと関わりがあるため、仮想インフラストラクチャで実行できる操作の中で、最も範囲が広いもののひとつです。 しかしながら、重要なバックアップアーカイブを保管するにあたって、パフォーマンスや影響、容量のバランスを取るにはどうすればよいでしょうか?

このオンラインセミナーでは、最適な結果を得るためにバックアップインフラストラクチャを適切に設計・サイジングする方法をVeeamのシステムズエンジニアがご紹介します。データ保護分野での自身の経験を活かし、同分野における重要な点を共有するとともに、実際のお客様の例を用いて、適切なサイジングのバランスを保つ方法をご紹介します。

本オンラインセミナーのトピックは次のとおりです。

  • Veeam® Backup & Replication™のサイジング
  • SQLのバージョンと、それぞれの使用場面について
  • プロキシサーバーのサイジング
  • リポジトリのサイジング
  • その他多数
ビデオ: 1:04:28

本オンラインセミナーでは、Nutanix AHVワークロードを保護するためにVeeamが提供する、シンプルで柔軟性と信頼性に優れた最新アプローチをご紹介します。

VeeamのAHV保護はリリース以来進化を続けています。NutanixファイルやNutanix Bucketsのデータのアベイラビリティをどのように強化しているか、ぜひご覧ください。

また、Veeam Backup for Nutanix AHVで利用可能な新機能についてもご紹介します。

<本オンラインセミナーの見どころ>

  • 一元的な導入および管理
  • スナップショット統合
  • 柔軟な復元オプション
  • 監視およびレポート作成
  • 利用可能となった新たなバックアップターゲット
  • 柔軟なライセンス体系
ビデオ: 52:54

バックアップの本質は「ちゃんと戻せること」‍。その点において‍、Veeamは最も開発に力を入れていますが‍、必要なときにいつでもデータを復元できるようにする5つのテクノロジーがVeeamにはあります‍。

Veeamが有するテクノロジーがなければ‍、例えば災害やマルウェア攻撃といった有事からの復旧が必要なときに‍、手探りで実施することになりかねません‍。

本セッションでは‍、この5つのテクノロジーについて詳説します‍。ぜひご参加ください‍。

  • バックアップデータが確実に戻せることを自動検証する機能(‍SureBackup®‍)
  • バックアップからマルウェアをシャットアウトする‍、Veeamのストレージ連携
  •  コンプライアンスに準拠し‍、マルウェアを排除したバックアップとリストアを保証する2つの機能(‍Staged Restore / Secure Restore)
  • ダウンタイムを最小限に抑えるインスタントVMリカバリ機能
  • その他
ビデオ: 1:45:09

企業のデータは‍、事業を継続していく上で必ず守らなければならない資産です‍。データの損失を回避しつつも‍、それにかかるコストをいかに抑えるのかというバランスが企業が抱える課題でもあります‍。さらに‍、従業員がリモートで働くようになり‍、データやITワークロードはオンプレ/クラウドをまたがって広く存在し‍、データ・マネジメントの最適解が今求められています‍。

最新リリースのVeeam Backup & Replication v11は‍、「バックアップ」‍、「レプリケーション」‍、「ストレージスナップショット」‍、「CDP(‍継続データ保護‍)」がオールインワンに備わった包括的でコストパフォーマンスの高いソリューションを提供します‍。また‍、150以上の新機能や機能拡張も備えた革新的なアップデートの全容について‍、本セミナーではご紹介します‍。また‍、Veeam Backup & Replication v11と連携するAWS, Azure, Googleのクラウドプラットフォームデータ保護の拡張‍、さらには‍、kubernetes環境のデータ保護も実現するKastenの最新情報もお届けします‍。

本セミナーは‍、リアルタイム質疑応答にも対応しますので‍、ご不明な点はその場でお聞きいただき疑問を残すことなくご参加いただけます‍。

本オンラインセミナーへの皆さんのご参加‍、心よりお待ち申し上げております‍。

ビデオ: 1:06:19

パブリッククラウドの導入が増え続けるなか‍、本番ワークロードの実行に多くの企業で利用されている Amazon Web Services(‍AWS‍) ‍。オンプレミスと同様‍、これらのワークロードも保護する必要があります‍。

このたびVeeam®は‍、AWSのバックアップと復元機能における進化のなかで最大のリリースとなる Veeam Backup for AWS v3 をリリースいたしました‍。今回のリリースで‍、これまで提供してきたAWSネイティブで投資対効果と安全性に優れたデータ保護を‍、AWS上のより多くのサービスでご利用いただけるようになりました‍。また‍、以下をはじめとした大型の新機能も搭載しています‍。

  • Amazon RDSのバックアップ
  • Amazon VPCのバックアップ
  • ロールベースのアクセス制御
  • その他多数
ビデオ: 49:28

Microsoft Teamsデータには独自の基本的なデータ保持ポリシーがあります。しかし、意図せぬ削除や、データの消失につながるセキュリティの脅威に対して、Microsoftが100%保護してくれるわけではありません。また、コンプライアンスや規制準拠を目的とした長期の保持にも対応していません。

Teamsのみ、Office 365環境全体、いずれにしても、そこにあるデータはユーザーのものです。ユーザーが管理しなければならず、また、保護する責任もユーザーにあります。そこで、No.1のOffice 365バックアップソリューションであるVeeam®に、Teams専用のバックアップと復元の機能が追加されました。これを使えば、Teamsデータを迅速に見つけてリストアすることがこれまで以上に簡単になります。

新しいVeeam Backup for Microsoft Office 365 v5 のオンラインセミナーでは‍、次の機能の概要をご説明します‍。

  • Teams専用のバックアップ:Teamsデータ全体の管理と保護
  • より迅速で簡単な復元:業界をリードするTeams専用のリストアオプション
  • 優れたeDiscovery(電子情報開示):Teamsコンポーネント全体のきめ細かな検索を実現
  • 大規模なエンタープライズ企業にも対応できる非常にパワフルなスケーラビリティを備えたOffice 365用データ保護
ビデオ: 6:52

本Veeam活用術 Part7でご紹介したConfig Backupから、Veeamバックアップサーバーを復旧する方法をデモでご紹介します。サーバー障害の際に復旧オペレーションができるか不安という方もいらっしゃると思いますが、Veeamバックアップサーバーの復旧は非常に簡単です。ぜひご覧ください。

ビデオ: 8:03

Veeamバックアップサーバーの障害対策のためのConfig Backup取得方法についてデモでご紹介いたします。意外に見落としがちな設定項目もご紹介しており、万が一の際に本当に役立つConfig Backupの取得ができるようになります。

ビデオ: 19:54

本Veeam活用術 Part4およびPart5で追加したバックアッププロキシおよびWANアクセラレーターを用いた、レプリケーションジョブの構成方法をデモでご紹介します。また、初回レプリケーション転送時のネットワーク帯域消費を大きく抑えることが可能なレプリカ・シーディング機能についてもご説明します。

ビデオ: 58:35

Veeam® Backup & Replication™には、バックアップエージェントを一元的に導入して管理できる、非常にパワフルな機能があります。この機能は使いやすくシンプルではありますが、利用にあたって不明な点をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オンラインセミナーでは、次のトピックについてご説明します:

  • エージェント管理機能の使用方法と、設定に関してよくある質問
  • Veeam Backup & Replication v10の機能
  • 次のバージョンで導入予定の新機能
  • その他多数
もっと見る