リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)
ビデオ: 1:00:11

ITインフラ基盤のさらなる最適化、安定運用と堅牢性が求められるようになっている昨今、昨年末リリースされたWindows Server 2019への対応が喫緊の課題として持ち上がっています。企業のIT担当者は、アップグレード前に何をどのように備えるべきなのか?本オンラインセミナーでは、Windows Server 2019の最適活用を実現するための、利用すべき重要な機能、考慮すべき点、安全なアップグレード方法、そして、Windows Server 2019におけるVeeamの新機能、サポートについて、まとめてお伝えします!

Windows Server 2019へのアップグレードを控えている、データ保護の強化を検討されている場合は、是非ご参加ください!

  • Windows Server 2019の新機能
  • Windows Server 2019へのアップグレード方法と移行テスト
  • Veeamの新機能とWindows Server 2019へのサポート
講演者: 高橋 正裕 (Masahiro Takahashi)
ビデオ: 1:09:35

Veeam Backup for Microsoft Office 365は、Veeamの歴史において、お客様から短期間で最も多くの引き合いをいただいている製品の1つです。 このセッションでは、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3の新機能がもたらす価値についてご説明します。ぜひご参加ください。 SharePoint OnlineとOneDrive for Businessのバックアップ処理が最大30倍も高速に マルチファクター認証でOffice 365のバックアップ・データのセキュリティを向上 Office 365のデータ保護レポートで可視性と分析を強化 その他多数の機能
ビデオ: 57:22

バックアップストレージの管理と拡張は、いつも簡単というわけではありません。ご利用の環境の拡大やデータの増加に伴ってバックアップ環境を拡充するにあたり、社内にハードウェアを追加することが必ずしも最も効率的な方法とは限りません。

本セッションでは、Veeam Cloud Tierという投資対効果の高い方法でデータを長期保存できるソリューションをご紹介します。ぜひこの機会にウェビナーにご参加ください。

大きく以下のポイントをご説明したします。

  • Veeam Availability Suite 9.5 Update 4からの新機能 ―― Veeam Cloud Tierの詳説
  • どのようにストレージの管理と拡張にかかるコストを削減できるのか ーー ビジネスメリット
  • 高速ストレージに保管しておく必要がない古いデータをいかに復元するか ーー クラウドオブジェクトストレージを活用したベストプラクティス
  • その他
講演者: 高橋 正裕 (Masahiro Takahashi)
ビデオ: 46:15

ご存知でしょうか?現在、40秒に1回の頻度で、企業はランサムウェアの攻撃を受けています。ランサムウェアによる2017年の被害額は全世界で50億ドルを超え、攻撃は増加の一途をたどっています。次の被害者にならないようにしましょう。

本ウェビナーでは、ランサムウェアが企業にもたらす影響についての深堀と、Veeam®とHewlett Packard Enterprise(HPE)によって、そのリスクをいかに軽減できるのかについて、ランサムウェアの攻撃を受けた後のデータの復元手法を改善する方法についてご紹介します

トピック:

  • § ランサムウェアの最近の動向
  • § 自社の脆弱性を評価する方法
  • § VeeamとHPEのソリューションで企業の安全を保つためのベストプラクティス
  • § その他
ビデオ: 48:50

Veeamでは、Nutanix AHV向けのハイパー・アベイラビリティを提供し、VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-V環境に対する既存のサポートを補完します。Veeam Availability for Nutanix AHV が、ハイパー・アベイラビリティを実現したエンタープライズ向けのVeeam Hyper-Availability Platformの一部としてどのように機能するかについて、あらゆる情報をお伝えしたいと思います。

  • このウェビナーでは、Veeam Availability for Nutanix AHVの次のような利点について説明します:
  • § 強力で直感的なPrismライクなインターフェースで、簡単かつ合理的な管理を実現
  • § Nutanix基盤全体で高頻度かつ高速のバックアップを実現し、データ消失を最小限に
  • § VM全体やアイテム・レベルでの柔軟かつ迅速な復元で、ビジネスの生産性の維持を担保
  • § その他多数の機能
  • お知らせ

Nutanixハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションのアベイラビリティが向上したことにより、VeeamによるNutanix Acropolis(AHV)のサポートが強化

講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 19:25

Amazon Web Servicesのデータを守るのは、あなた自身です。AWSでは、耐久性の高いインフラストラクチャと、バックアップとディザスタ・リカバリ・プランのオーケストレーションに必要なツールを提供しています。ですが、このプランを調整し、必要に応じて実行できる状態にしておくことは、エンド・ユーザーである皆様の責任です。

このセッションでは、以下の内容について説明すると共に、実際の方法をご紹介します。

  • ネイティブ・オプションによるAWSのデータのバックアップ
  • フリーおよび超低コストのオプションによるAWSのデータの保護
  • エンタープライズのバックアップと復元ソリューションを選択した場合にできること

こちらのセッションに参加していただくと、 AWSの重要なデータやワークロードを保護する方法についてのポイントをすべてご確認いただけます。 また、N2WSのCloud Protection Managerを使用して、バックアップを自動化して迅速に復元する方法についてもご紹介します。

ビデオ: 55:28

本ウェビナーおよびデモでは、災害対策と復旧にかかる時間、コスト、労力を削減し、DRコンプライアンス遵守と本番ITサービスの継続的な提供を実現するために必要なあらゆるものが、 新製品のVeeam®Availability Orchestrator にどのように含まれているかについてご説明します。以下の点をご紹介します。

  • 自動更新されるDRドキュメントにおいて、コンプライアンス要件を満たしつつ、経営幹部や利害関係者のサインオフをどのように実現するか
  • 自動化された計画テストと準備状態の確認で、本番システムへの影響がゼロの復元可能性をどう確認できるか
  • 予定されているダウンタイムや予定外のダウンタイムの際の、マルチサイトITサービスの信頼性の高いフェールオーバーとフェールバックをどう行うか
  • その他多数の機能
講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 21:50

新しいPure Storageプラグイン をリリースし、Veeamとの卓越したインテグレーションによって、次のことを可能にしました

  • より優れたバックアップのパフォーマンス
  • より高速なリストア
  • コピーされた本番データへの簡単アクセス

このウェビナーでは、Pure StorageとVeeam® のインテグレーションによって、24時間365日の止まらないビジネスがどのように実現できるのかをご覧いただけます。ぜひご参加ください。

講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 39:02

多くの企業でMicrosoft Office 365の利用が広がっていますが、Office 365データの保護の重要性を十分に理解している企業はごくわずかしかありません。Microsoft Office 365があれば、メール、ファイル、およびコンテンツを管理する独自のインフラストラクチャをホストする必要はありませんが、 ビジネス上重要なデータのバックアップが不要になるわけではありません。

本ウェビナーに参加して、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2の以下のような新機能についてのご確認ください。

  • OneDrive for Business向けのデータ保護
  • SharePoint向けのデータ保護
  • 使いやすさとバックアップの柔軟性の大幅な向上
  • その他重要な機能の数々
講演者: Satoko Takahashi
ビデオ: 54:44

Veeam® Availability Suite™ 9.5 Update 3a では、1つの管理コンソールから、仮想/物理/クラウドを問わずすべての ワークロードのアベイラビリティを実現でき、レガシーのバックアップ・ソリューションとは管理性が大幅に向上します。

本ウェビナーでは、それを実現する多彩な機能、拡張機能のほか、以下を実現する方法についてご紹介します。

  • 仮想/物理/クラウドを問わず、いかに、すべてのワークロードをVeeamで一元的に保護し管理できるか
  • IBM Spectrum VirtualizeおよびLenovo Storage Vシリーズなど戦略的パートナーが提供するストレージ統合機能の活用により、いかにRTOおよびRPOを短縮できるか
  • 物理/クラウドベースのワークロード向けの新しいデータ管理、分析、コンプライアンス・レポートの活用の仕方について

さらに、Veeam Agents for Microsoft Windows & Linux を含む機能の詳細もご説明いたします

もっと見る
本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

素敵な年末年始を

チャットは現在オフラインになっています。フォームに入力してください。後ほど、担当者よりお電話を差し上げます。

技術関連

全般およびライセンス

販売

パートナーシップ

保守更新

問題が発生した場合、または販売後の技術サポートが必要な場合
*適切な製品の選択に関してサポートが必要な場合は、「販売」チャットをお選びください

Webサイトについての説明、アップグレードのヒント、ライセンスやアカウントに関するサポート

追加ライセンス、価格の詳細、製品情報に関するお問い合わせ、その他の販売関連のご質問

パートナー登録のご依頼、または既存パートナー様からのサポートのご依頼

保守更新に関してご質問がございますか? 最長5年間分の保守費用を前払いすることで、費用を削減することが可能です。

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

プライバシー通知。個人情報を送信するとVeeamプライバシー・ポリシーに同意したことになります。
戻る

メッセージをお願いいたします


ご依頼をいただき、ありがとうございました。

Veeamの営業担当者からすぐにご連絡を差し上げます。

お問合せ先  new message