製品デモ
2022年8月10日
時間: 00:56

ランサムウェア攻撃シミュレーション:検出、保護、復元

登録して視聴する

登録することで、Veeamのプライバシー通知に従って当社が個人情報を管理することに同意したものと見なされます。
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシー通知に従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したものと見なされます。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

 video

Please register to get access to watch the webinar

ご存じでしたか‍?ランサムウェア攻撃は11秒に1回発生しています‍。ランサムウェア攻撃の増加率は‍、2021年だけでも93%を記録しました‍。平均で‍、被害を受けた組織は少なくとも17万ドルを支払い‍、35%のデータを消失‍。被害額は総額で185万ドルにものぼります‍。この事実が‍、2022年にもたらす意味は何でしょうか‍?

2022年もランサムウェアは進化の一途をたどっています‍。そこで‍、サイバー攻撃に対する守りを固め‍、最小限の被害で抑えられるよう対策することがより一層重要になっています‍。

こちらのオンラインセミナーでは‍、Veeamのシステムズエンジニアが疑似ランサムウェア攻撃を用いて‍、サイバーセキュリティでありがちな課題をご紹介するとともに‍、以下の機能についてもご説明します‍。

  • インスタントリカバリ
  • セキュアリストア
  • イミュータビリティ
  • ランサムウェアの検出とアラーム