>   >   >   >  高度なレプリケーション
New Veeam Availability Suite 9.5 Veeam Backup & ReplicationとVeeam ONEを含む

高度なレプリケーション

バックアップデータを安全に保護

新しいレプリケーション機能による災害復旧計画の改善とデータ消失の回避
NEWレプリケーション機能による災害復旧計画の改善とデータ消失の回避

組織のミッションクリティカルなデータを常に利用可能な状態に維持することは、Availability for the Always-On Enterprise™を実現する上で必要不可欠です。Veeam®が提供する高度なレプリケーション機能を使用すると、データ消失を回避することができ、しかも「すべての」アプリケーションおよびデータについてRTPO™ (目標復旧時間および時点) を15分未満に大幅に短縮して、インフラストラクチャに対する影響を最小限に抑えることができます。

製品概要 エディションの比較 What's New in 9.5 (ONE) What's New in 9.5 (Backup)
無償評価版をダウンロードする
体験版では機能制限はありません

2-in-1のバックアップとレプリケーション™

レプリケーションはもはや贅沢な機能ではなく、可用性戦略の — 部になっています。Veeamの2-in-1のバックアップとレプリケーション™は、仮想マシン (VM) のコピーをすぐに起動できる状態で提供するので、VMがダウンしても、スタンバイVMに即座にフェールオーバーできます。

  • 仮想化アプリケーションの可用性の向上
  • 高可用性を目的としたオンサイト、または災害復旧に備えたオフサイトでのイメージベースのレプリケーション
  • バックアップファイルからレプリケーションを実行することによる本番環境への影響を排除
バックアップファイルからソースを選択。
バックアップファイルからソースを選択。

クラウドベースの災害復旧:高速かつセキュア

現在、クラウドベースの災害復旧は、あらゆる規模の企業が一般的に利用できるサービスです。Veeam Cloud Connectを使用すると、VMレプリカをオフサイトのVeeam Cloud & Service Provider(VCSP)に作成することができ、組み込みのDisaster Recovery as a Service (DRaaS)を通じた可用性戦略を達成することができます。VMレプリカ用のセカンダリサイトを構築したり保守をする必要はありません。

  • 最先端のDRaaSプロバイダーへのセキュアで直接的な接続
  • 真のクラウドベースの災害復旧を提供するための費用効果が高いイメージベースのVMレプリケーション
  • VPNは不要
Veeam Cloud Connectの詳細はこちら
Сloud-based disaster recovery: fast and secure
無償評価版

Veeam Availability Suite 9.5

体験版では機能制限はありません

フェールオーバーとフェールバック

レプリケーションは、セーフティネットです。本番VMがダウンした場合、即座にVMレプリカにフェールオーバーして、ユーザーが必要とするサービスやアプリケーションにアクセスできるようにし、問題が解決されるまでのダウンタイムを最小限に抑えます。レプリケーションが容易になるので、災害復旧(DR)計画を改善し、データ消失を回避することができます。

  • レプリカの稼働中、本番VMまたは新しい場所にフェールバックすることにより、または単にレプリカVMを新しい本番VMにすることにより、通常の運用が再開されます。また、複数のレプリカ復元ポイントが保持されるので、最新のレプリカが破損した場合、前の復元ポイントへのロールバックをオプションとして使用することができます。
  • あらかじめフェールオーバーの全体を計画しておき、新しいフェールオーバープラン機能を使用して1回のクリックだけでフェールオーバーを開始することができます。VMをレプリカから追加し、それらを上または下に移動して起動順番を決定し、各VMの遅延を設定します。VMは、前のVMの起動が完了するまで起動されません。実に簡単です。
  • 新しい計画済みフェールオーバー機能を使用して、データセンターの移行を円滑に進めるか、または本番ホストに対してメンテナンスを実行します。計画済みフェールオーバー機能は、ソースVMをシャットダウンし、すべての変更をターゲットVMにレプリケートした後、VMを起動します。この間、データが消失することはなく、ダウンタイムもほとんど発生しません。
ビデオを見る「failover and failback (フェールオーバーとフェールバック)」
ワンクリックでフェールオーバープラン機能を開始
データセンターの移行を円滑に進めるか、計画済みフェールオーバー機能を使用してメンテナンスを実行

SureReplica*

SureReplicaを使用すると、すべてのレプリカのすべての復元ポイントを自動的に検証することができます。SureReplicaは、分離した環境内でVMを起動し、スクリプト化されたテストをすべてのアプリケーションに対して実行します。手動による追加のテストフェールオーバーは必要ありません。

*現在、VMwareのみサポート

詳細はこちら
ビデオを見る「Virtual Lab for Replicas demo (Virtual Labのレプリカデモ)」
ビデオを見る「Virtual Lab for Replicas demo (Virtual Labのレプリカデモ)」

レプリケーション用の組み込みWANアクセラレーション

WANを介してレプリカを作成することは困難であり、帯域幅の確保はコストが掛かります。Veeamの組み込みWANアクセラレーションをレプリケーションに使用すると、Rawデータをコピーする場合と比べて最大50倍の速度で、かつ帯域幅を1/20に削減して、選択したレプリカをオフサイトにコピーすることができます。

Veeamの組み込みWANアクセラレーションは、高度なデータ削減技術を利用し、WANを介して転送されるデータ量を大幅に削減します。WANアクセラレーションは組み込み機能であるため、簡単に使用することができ、サードパーティのWANアクセラレーション技術を取得および保守するコストを節減することができます。さらに、(汎用のWANアクセラレーターとは異なり) バックアップとレプリカの内容を把握することにより、データ削減率を大幅に向上することができます。

バックアップ用のVeeam組み込みWANアクセラレーションの詳細はこちら録画ウェビナー「Replication over the WAN (WANを介したレプリケーション)」を見る

バックアップのためにVeeamを購入したのですが、災害復旧ツールとしてもこれまで使用した中で最も優れたツールです。レプリケーションをオフサイトで自動的に行うため、Active Directoryを5分以内で稼働させ、500GBのデータベースを10分以内に稼働することができます。Veeamを購入するまでは、この同じプロセスに最大12時間もかかっていました。

Chelsea Groton銀行
副頭取兼データ処理責任者
Larry Walker氏

リリース開始!Veeam FastSCP for Microsoft Azure

Veeam® FastSCP™ for Microsoft Azureは、オンプレミスとAzureベースのVMとの間での使いやすく、信頼性の高い、高速のファイルコピーを無償で提供します。

ダウンロード

その他の機能 :

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

を今すぐお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ