https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvdm0tYWR2YW5jZWQtcmVwbGljYXRpb24uaHRtbCIsImhhc2giOiJmYmQzMjFkMS1iYmQ3LTRiYWEtYjk1MS0xNDBlM2I5NzY4ZGMifQ

組み込みのレプリケーション機能によるアベイラビリティ

組織のミッションクリティカルなデータを常に利用可能な状態に維持することは、SLAを実現する上で必要不可欠です。現代では、非構造化データが膨大に増え、DRやデータの保持では規制コンプライアンスへの準拠が求められます。また、悪意のある行為によってデータが脅かされることも頻繁にあります。このような状況において、3-2-1ルールの重要性はかつてないほどに高まっています。Veeam® Backup & Replication™なら、組み込みのレプリケーション機能で、3-2-1ルールも簡単。暗号化された形式で、目的の場所にデータを素早く送信できます。データ消失を防ぎ、あらゆるアプリケーションやデータについて、15分未満という、目標復旧時間と目標復旧時点(RTO、RPO)の大幅な向上を実現。インフラストラクチャへの影響を最小限に抑えることができます。

データをしっかりと保護するには、データのコピーを少なくとも3つ作成し、それらを2つの異なる場所に格納し、1つはオフサイトに保存しておく、という3-2-1ルールに従うことが推奨されます。このルールにもう1つ「1」を追加して、メディアコピーのうちの1つをオフライン、または書き換え不能な状態にし、さらに「0」も追加して、バックアップが検証済みですぐに復元可能な状態であることが分かるようにしましょう。

オフサイトのデータも高速で移動

組み込みの
レプリケーション機能

Veeam Backup & Replicationでは、優れた目標復旧時間(RTO)を実現するために、VMの完全なコピーをすぐに起動できる状態で作成することができます。このコピーは、VMware vSphereやHyper-Vのスペアホストにネイティブに格納されます。

1

あらゆるWANを加速

Veeam Backup & Replicationは、オフサイトのバックアップでよく発生する問題を解決し、圧縮、マルチストリーミング、重複排除が1つになった組込済みのWANアクセラレーション機能で、データを目的の場所に移動します。

データは常に安全

256ビットの高度暗号化標準(AES)による暗号化で、移動先までデータを安全に送信します。ネットワークトラフィックの暗号化の追加は、グローバル・ネットワーク・トラフィック・ルールの一部として設定されているため、管理もシンプルで、包括的に行うことができます。

確かな計画で目標を達成

15分未満のRPOを実現

ソフトウェアやハードウェアで不具合が発生した場合でも、VMのレプリカにフェイルオーバーすることで、レプリケートされたVMに元のVMの役割が引き継がれるため、破損したVMも素早く復元することができます。

フェイルオーバー計画

フェイルオーバー計画でアベイラビリティを維持しましょう。フェイルオーバー計画では、組み込みのオーケストレーション機能によって、事前に定義された起動の順番でレプリカのVMware VMを追加および調整することが可能で、サイトフェイルオーバーをワンクリックで実行できます。

オフサイトのコピーも自動で

自動レプリケーション機能によって、バックアッ
プが完了したら、即座にバックアップファイルが
オフサイトにコピーされるので、データの完全な
コピーを1つオフサイトに保存することが求めら
れる3-2-1ルールにも対応できます。

主な特長:復元

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeamコミュニティ・フォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます