リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)
著者: Michele Domanico, Systems Engineer

Microsoft Office 365は、今日のデジタルコラボレーションのための最大のソリューションです。Office 365のお客様は、自身のオンプレミスのワークロードに接続することを選択してシームレスなユーザー体験による利点を活用することで、ハイブリッド・プラットフォームを築くことができます。それはたとえ様々な環境間を移動する場合であっても同様です。Office 365は、あらゆる規模の企業に広く普及しています。

Office 365では、いくつかのソリューションの統合によって誰もが認める柔軟性が提供されると共に、データ管理よりもむしろインフラストラクチャ管理に特に重点が置かれています。データ管理とそのアベイラビリティに関する責任は、Office 365サービスを利用する所有者各自にあります。

実際に、Office 365データセンターの稼動時間は、データセンターでホストされているデータではなくインフラストラクチャを参考にしています。インフラストラクチャ稼動時間には、以下のことから回復するための効果的な方法をデータセンター自体が提供できるケースは含まれていません。

  • 意図せぬ削除
  • データ消失/破損
  • 不正なアプリ/インサイダーの脅威
  • 停止

このホワイト・ペーパーでは、Veeam® Backup for Microsoft Office 365のソリューションとそのアーキテクチャの実装について説明します。

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2019年3月6日
著者: Rick Vanover, VMware vExpert, MCP, MCITP, MCSA and Veeam Director of Technical Product Marketing & Evangelism

まもなく実施されるMicrosoft Windows Server 2008 R2のサポート終了に伴い、組織はこの古いオペレーティング・システムへの対応について計画する必要に迫られています。このホワイト・ペーパーでは、Microsoft Windows Server 2019をはじめとする新しいプラットフォームへのアップグレードに組織がどのように備えればよいかについて説明します。また、Veeam® DataLabsの詳細とMicrosoft Azureの使用に関するVeeamの追加資料もご紹介します。

このホワイト・ペーパーを読むと、Veam DataLabを使用する一般的なユースケースについての理解を深めることができます。これにより、古いオペレーティング・システムを削除し、自信を持ってアップグレードを行うことができます。このホワイト・ペーパーで説明されている主な学習トピックは、次のとおりです。

  • Veam DataLabの仕組み
  • Windows Serverのアップグレードの仕組み
  • プロセスのテスト方法 
詳細についてはこちら

ビジネス・アジリティを向上して、投資に対する金銭的な利益率を高めつつ、リスクを軽減しながらデジタル変革の驚くべき潜在能力を引き出すために、組織はどのようにITを簡素化できるでしょうか?多くはITインフラストラクチャの再定義から始まります。実際には、それを超え、ハイパー・コンバージェンスやエンタープライズ・クラスのハイパー・アベイラビリティ・ソリューションを使用した次世代データセンターの再構想を行います。

TechTargetの新しいCIOサマリー『ハイパー・コンバージド・ソリューションでデジタル変革を加速』では、ITリーダーやビジネス・リーダーが、エンタープライズ・データセンターの再設計を通して、ITの複雑さにどのように対応できるかについて注目しています。

  • ITの複雑さの原因と影響
  • ITの簡素化のための戦略
  • ITインフラストラクチャに応じて正しいアプローチを選択する方法
  • その他多数
詳細についてはこちら

組織が攻撃を受けると壊滅的な影響を受ける可能性があるため、組織のリーダーたちはランサムウェアを最も注視しています。

ESGはITリーダーたちと組織にアンケートを実施し、ランサムウェアがどれほど大きな問題となるか、ランサムウェア攻撃によって生じるダウンタイムがビジネスにどのような影響を与えるか、保護のために組織に必要なベスト・プラクティスと機能は何かを調査しました。

ESGの調査によれば、アンケートに回答した北米および西欧の組織の約3分の2が、昨年のいずれかの時点でランサムウェア攻撃を受けており、22%が週に1回攻撃を受けたと報告しています。攻撃を受けたことで、ITではサイバーセキュリティが投資対象となり、その費用は加速度的に増加しています。

この災難を回避するために必要となるのが、以下を可能にするベスト・プラクティスとツールです。

  • 攻撃を防ぐ、または少なくとも緩和する
  • データを保護し、データのバックアップをとる
  • 信頼性の高い方法で復元する
詳細についてはこちら

これまでに、テープが使用されなくなり、クラウド・バックアップが最も使われるようになったことについて聞いたことが多くあると思います。しかし、まだテープをやめる段階ではないかもしれません。

バックアップに対するハイブリッド・アプローチは、激動の環境の中でデータを保護するスマートな方法です。本文書をお読みいただき、以下をご確認ください。

  • オフラインのテープ・バックアップがランサムウェアとの闘いにどのように役立つか
  • 多様なバックアップ媒体が、最先端のデータセンターにおいて魅力的である理由
  • その他多数の機能
詳細についてはこちら

最先端のデータセンターを構築すると同時に、サーバー仮想化、最先端のストレージ・アプリケーション、およびクラウドベースのサービスにも投資を行っています。しかしながら企業は、エンド・ユーザーの新たな要求に直面しており、中にはダウンタイムやデータ消失が発生することなくデータやアプリケーションに常にアクセスできる状態を求める声もあります。企業はデータセンターの近代化を進め、次を実現しました。

  • ITサービスのプロビジョニングの高速化
  • セキュリティと管理の強化
  • 運用コストの削減

ソリューション:Veeam Availability Solution for Cisco UCS

Veeam®とCiscoが提携して、Cisco UCSとVeeamテクノロジーをベースとした、事前構成済みの統合データ・アベイラビリティ・ソリューションを提供します。Veeam Availability Solution for Cisco UCSはすぐに導入可能であり、VeeamとCiscoが共同で検証しています。

Veeam Availability Solution for Cisco UCSは、仮想環境でエンタープライズ・クラスの高度なデータ・アベイラビリティ・ソリューションを必要とするお客様に最適な、最高のターンキー・ソリューションです。注文、導入、管理が簡単で、需要の増加に応じて徐々に容易に拡張できます。

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2018年9月28日
著者: Roger Boss, Product Marketing Manager, Veeam Global Alliances

VMware Cloud on Amazon Web Services(AWS)は、vSphereベースのクラウド環境間でアプリケーションを実行し、AWSのさまざまなサービスにアクセスできるオンデマンド・サービスです。VMware Cloud Foundationと組み合わされたこのサービスは、vSphere、vSAN、NSXとVMware vCenterの管理機能を統合し、専用で柔軟なベアメタル方式のAWSインフラストラクチャで実行できるよう最適化されています。VMware Cloud on AWSを使用すれば、ITチームは使い慣れたVMwareツールでクラウドベースのリソースを管理できます。

このSolution Briefでは、お客様がハイブリッド・クラウドの導入を迅速に進められるよう支援するVMware Cloud on AWSのVeeamサポートの概要を説明し、シンプルかつ効率的にワークロードをAWSクラウドにバックアップ、レプリケート、移行してお客様が投資された既存のVMwareソフトウェア定義のデータセンター技術を活用する方法を説明します。

詳細についてはこちら

Veeam®とNutanixは、デジタル・トランスフォーメーション[TM1] [TM2] の実現を支援するために、展開を加速させ、ハイブリッド・クラウド環境全体でビジネス・アプリケーション・リソースの管理を簡素化します。このVeeamとNutanixによるソリューションブリーフでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • ビジネス・アジリティの向上
  • Webスケールでの弾力性と柔軟性の実現
  • IT運用管理の合理化
  • エンタープライズクラスのクラウド機能の活用
詳細についてはこちら

ほとんどの組織が現在Infrastructure as a Service(IaaS)またはPlatform as a Service(PaaS)の形態でパブリック・クラウド・インフラストラクチャを利用しており、効果的なアベイラビリティ戦略を策定することが、優先事項となりつつあります。

ESGは、マルチクラウド戦略の採用に関する最新の傾向について理解を深めるため、先頃、北米地域における318名の中小企業向け市場およびエンタープライズ市場のITに関するディシジョン・メーカーを対象に、調査を実施しました。パブリック・クラウド・インフラストラクチャの採用が増加していることに加えて、オンプレミスからオフプレミスにワークロードが移行していることが、現在の大半の企業が本質的にマルチクラウドである主な理由となっています。 

新しいESGのサマリーをお読み頂くことで、以下の内容についてご理解いただけます。

·         クラウド・コンピューティング・サービスの利用計画における傾向

·         組織が現在利用しているサービス・プロバイダーの平均数

·         クラウド・サービス選定時によく検討される戦略

·         その他多数

詳細についてはこちら
もっと見る
本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

素敵な年末年始を

チャットは現在オフラインになっています。フォームに入力してください。後ほど、担当者よりお電話を差し上げます。

技術関連

全般およびライセンス

販売

パートナーシップ

保守更新

問題が発生した場合、または販売後の技術サポートが必要な場合
*適切な製品の選択に関してサポートが必要な場合は、「販売」チャットをお選びください

Webサイトについての説明、アップグレードのヒント、ライセンスやアカウントに関するサポート

追加ライセンス、価格の詳細、製品情報に関するお問い合わせ、その他の販売関連のご質問

パートナー登録のご依頼、または既存パートナー様からのサポートのご依頼

保守更新に関してご質問がございますか? 最長5年間分の保守費用を前払いすることで、費用を削減することが可能です。

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

プライバシー通知。個人情報を送信するとVeeamプライバシー・ポリシーに同意したことになります。
戻る

メッセージをお願いいたします


ご依頼をいただき、ありがとうございました。

Veeamの営業担当者からすぐにご連絡を差し上げます。

お問合せ先  new message