リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語のみ)

最先端のデータセンターを構築すると同時に、サーバー仮想化、最先端のストレージ・アプリケーション、およびクラウドベースのサービスにも投資を行っています。しかしながら企業は、エンド・ユーザーの新たな要求に直面しており、中にはダウンタイムやデータ消失が発生することなくデータやアプリケーションに常にアクセスできる状態を求める声もあります。企業はデータセンターの近代化を進め、次を実現しました。

  • ITサービスのプロビジョニングの高速化
  • セキュリティと管理の強化
  • 運用コストの削減

ソリューション:Veeam Availability Solution for Cisco UCS

Veeam®とCiscoが提携して、Cisco UCSとVeeamテクノロジーをベースとした、事前構成済みの統合データ・アベイラビリティ・ソリューションを提供します。Veeam Availability Solution for Cisco UCSはすぐに導入可能であり、VeeamとCiscoが共同で検証しています。

Veeam Availability Solution for Cisco UCSは、仮想環境でエンタープライズ・クラスの高度なデータ・アベイラビリティ・ソリューションを必要とするお客様に最適な、最高のターンキー・ソリューションです。注文、導入、管理が簡単で、需要の増加に応じて徐々に容易に拡張できます。

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2018年9月28日
著者: Roger Boss, Product Marketing Manager, Veeam Global Alliances

VMware Cloud on Amazon Web Services(AWS)は、vSphereベースのクラウド環境間でアプリケーションを実行し、AWSのさまざまなサービスにアクセスできるオンデマンド・サービスです。VMware Cloud Foundationと組み合わされたこのサービスは、vSphere、vSAN、NSXとVMware vCenterの管理機能を統合し、専用で柔軟なベアメタル方式のAWSインフラストラクチャで実行できるよう最適化されています。VMware Cloud on AWSを使用すれば、ITチームは使い慣れたVMwareツールでクラウドベースのリソースを管理できます。

このSolution Briefでは、お客様がハイブリッド・クラウドの導入を迅速に進められるよう支援するVMware Cloud on AWSのVeeamサポートの概要を説明し、シンプルかつ効率的にワークロードをAWSクラウドにバックアップ、レプリケート、移行してお客様が投資された既存のVMwareソフトウェア定義のデータセンター技術を活用する方法を説明します。

詳細についてはこちら

Veeam®とNutanixは、デジタル・トランスフォーメーション[TM1] [TM2] の実現を支援するために、展開を加速させ、ハイブリッド・クラウド環境全体でビジネス・アプリケーション・リソースの管理を簡素化します。このVeeamとNutanixによるソリューションブリーフでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • ビジネス・アジリティの向上
  • Webスケールでの弾力性と柔軟性の実現
  • IT運用管理の合理化
  • エンタープライズクラスのクラウド機能の活用
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2018年2月28日
著者: Sam Nicholls, Global Product Marketing Manager at Veeam

デジタル技術の進化と導入の広がりは、戦略的優先順位を実現する際に前向きで深い影響を及ぼしてきましたが、変わらない事実が1つあります。それは、完全にまたは部分的にITが停止した場合、事業継続性に大きく影響するということです。オーケストレーションを通じて、組織はコンプライアンスに対応した適切なDR戦略の計画、文書化、検証、および実行に関連する時間、コスト、および労力を軽減できます。

このディザスタ・リカバリ・オーケストレーションの概要をご覧いただくと、一般的なディザスタ・リカバリの課題と、それらを新しいVeeam® Availability Orchestratorによって克服する方法が分かります。

詳細についてはこちら

ほとんどの組織が現在Infrastructure as a Service(IaaS)またはPlatform as a Service(PaaS)の形態でパブリック・クラウド・インフラストラクチャを利用しており、効果的なアベイラビリティ戦略を策定することが、優先事項となりつつあります。

ESGは、マルチクラウド戦略の採用に関する最新の傾向について理解を深めるため、先頃、北米地域における318名の中小企業向け市場およびエンタープライズ市場のITに関するディシジョン・メーカーを対象に、調査を実施しました。パブリック・クラウド・インフラストラクチャの採用が増加していることに加えて、オンプレミスからオフプレミスにワークロードが移行していることが、現在の大半の企業が本質的にマルチクラウドである主な理由となっています。 

新しいESGのサマリーをお読み頂くことで、以下の内容についてご理解いただけます。

·         クラウド・コンピューティング・サービスの利用計画における傾向

·         組織が現在利用しているサービス・プロバイダーの平均数

·         クラウド・サービス選定時によく検討される戦略

·         その他多数

詳細についてはこちら
著者: Brian Maher, Senior Manager, HPE Alliance Product Marketing, Veeam Software

ランサムウェアは強力なサイバー脅威へと進化しており、強固なセキュリティ・ソリューションを打破できます。ランサムウェア攻撃は範囲を広げ、より高度な攻撃へと変化しつつあり、重大な財政上の損失、ブランド・アイデンティティへのダメージ、ビジネスにおけるデータの消失などを世界中で引き起こしています。

ランサムウェアの脅威に対する強固なデータ保護には、事前対応型のアプローチ、注意深い計画、そして3-2-1バックアップ・ルールのような業界のベスト・プラクティスの実装が必要です。このルールを活用することで、IT管理者は高レベルの冗長性を確保でき、アプリケーションの稼働時間およびデータ保護を最大化できます。そうすることによって、組織はサイバー攻撃を受けた場合に身代金の支払いを回避でき、強力なデータ・アベイラビリティ・ソリューションの恩恵を受けられます。

VeeamとHewlett Packard Enterprise(HPE)のソリューションは簡単に展開して使用でき、テスト環境、迅速なデータのリストアおよびリカバリ、インフラストラクチャのロックダウンなど、エンタープライズクラスのデータ・アベイラビリティ・ソリューションを実現するとても便利な機能を備えています。

このVeeamとHewlett Packard Enterprise(HPE)による共同のランサムウェア・ソリューションの概要では、ランサムウェア攻撃の増加と、ビジネスおよびITにおけるランサムウェアのリスクについて詳述し、HPEストレージ・プラットフォームとVeeamソフトウェアとの統合ソリューションを展開してハッカーによるあらゆるランサムウェア脅威

と闘う方法について説明します。

詳細についてはこちら

企業が仮想化されたプライベート・クラウド環境にアプリケーションのワークロードを統合する中で、予測可能なパフォーマンス、可用性、および管理の簡素性を求める要件がますます高まっています。このVeeam®とPure Storageのソリューション・カタログでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • アプリケーションSLAの一貫した達成
  • より高い投資対効果を実現
  • IT運用管理の合理化
  • その他多数
詳細についてはこちら

Veeam Backup & ReplicationとStoreOnce Catalystクライアントを統合し、ソース側重複排除仮想合成フル・バックアップを実現すると、従来型のNASプロトコル(CIFSおよびNES)を使用したバックアップと比較して、バックアップ・データ転送が効率化し、ネットワーク使用率が低減し、全体的なパフォーマンスが向上します。このガイドでは、オンサイトとオフサイト双方のバックアップ・コピーにおいて、HPE StoreOnce Catalystを使用したVeeam Backup & Replicationをどのように設定および構成するかについて説明しています。 詳細についてはこちら

ホワイトペーパー
2017年7月31日
著者: Alexis de Pablos,

私たちは毎日、手元にあるリソースでワークロードを実行することを求められています。データは常に増え続け、そのデータをいつでも利用できるようにする必要があります。それが、ストレージが必要不可欠で貴重なアセットである大きな理由の1つです。Veeamは、今あるストレージ領域を可能な限り利用できるようにする柔軟なソリューションを提供しています。

異なる技術を個別に、あるいは一緒に使用することで、今あるストレージへの投資を最大限に生かし、現時点のニーズに従って自由に管理できるようになります。

多数のストレージがあっても合理的に利用できなければ高いコストが発生します。このドキュメントでは、ストレージ使用量を最適化するためのVeeamの全オプションを解説しています。

詳細についてはこちら
もっと見る