リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語のみ)

Veeamの委託でESGが先頃実施した調査で、半数の組織がバックアップ・ソフトウェアに関する課題を抱えていることが判明しました。この調査は、アジア太平洋地域に拠点を置く組織でデータ保護を担当するIT専門家250人を対象に実施されました。このインフォグラフィックをご覧になり、アジア太平洋地域の組織における仮想サーバーのデータ保護の主な課題をお確かめください。

レポートの完全版:詳細については、https://go.veeam.com/esg-veeam-protects-virtualized-it-environments-jpをご覧ください。

詳細についてはこちら

『IDCエグゼクティブ・サマリー―ゼロへの新たな競争におけるVeeam®の利用:ユーザー企業への調査結果』は、Veeamのアベイラビリティ・ソリューションを利用するお客様が、ビジネスでどのような成果をあげているかに焦点を当てています。

主な調査結果:

  1. Veeam製品を導入した企業は全体で90.9%のSLA達成率を実現
  2. Veeamのお客様は復元時間を平均77%削減、計画外ダウンタイムから3倍のスピードで復旧、以前のソリューションと比べてエラーを2.5倍抑制
  3. Veeamのお客様はダウンタイムを平均で年間10.2時間削減。この数値を業界平均の1時間あたり10万ドルというコストに換算すると、削減額は100万ドル以上
  4. その他多数の成果
    1. 無料のエグゼクティブ・サマリーでは、Veeam製品を活用したダウンタイムの最小化と、Always-On Enterprise™の実現のために必要なソリューションについてご覧いただけます。

      詳細については完全版のレポートをダウンロードしてご覧ください。

      詳細についてはこちら

IDCは新たな調査『Veeam® Customer Survey:Using Veeam in the New Race to Zero』において、975社を対象に、SLAの遵守、ソリューションの信頼性、コストの影響、人材の効率性というビジネス関連のトピックについて調査しました。この調査では、Veeamのお客様がVeeamソリューションを利用して得た体験とビジネスの成果に焦点を当てています。是非この調査結果をご覧ください。

  1. Veeamのお客様は、SLAを削減(向上)しつつも、その達成率が70.7%から90.6%へと、19.1%向上したと回答しています。
  2. Veeamのお客様は、ダウンタイムを平均で年間10.2時間削減しています。この数値を、業界平均の1時間あたり10万ドルというコストに換算すると、100万ドル以上を節減したことになります。
  3. Veeamのお客様の3分の2は、スタッフがバックアップとリカバリの作業に費やす時間を削減し、その節約できた時間は他の業務に費やすことができたとしています。
  4. Veeamのお客様は、オンプレミスとオフプレミスの両方のバックアップ・インフラストラクチャで費用を削減することができました。
  5. 他にも多くの成果があります。

Veeam製品を活用したダウンタイムの最小化と、Always-On Enterprise™の実現のために必要なソリューションについては、是非レポート全文をご覧ください。

詳細についてはこちら
著者: Pete Zerger, Consultant, author, speaker, Microsoft MVP

企業管理にSCOM(Microsoft System Center Operations Manager)を使用し、VMwareをプライベート・クラウド・インフラストラクチャの基盤に据えようとお考えであれば、インフラストラクチャ管理の問題解決と、運用効率や投資活用の強化をVeeam®が支援します。SCOMにはVMware環境の監視機能がありません。そのため、影響を最小限に抑えながら、VMware環境とアプリケーションに対する監視と管理を統合できる管理パックが必要です。Veeam Management Pack™(MP)であれば、Operations Managerの機能にvSphereの監視機能を効果的に統合し、Operations Managerの管理画面から物理システムと仮想システムの監視を簡単に実行することができます。

このホワイトペーパーでは、Operations Managerを利用してVMwareインフラストラクチャを全面的に可視化し、VMwareのパフォーマンス・メトリックス(メモリ、CPU、ESXiホストの正常性とパフォーマンス、クラスター、vCenter Serverなど)を監視する方法を説明します。

このホワイトペーパーをダウンロードして、SCOMを利用してVMware vSphereの監視機能を最大限活用するための、次の重要な6つの概念をご確認ください。

  • vSphereを高レベルで監視するための、データソースとソリューションのアーキテクチャに関する考え方
  • 無関係または重複した通知によるアラートの「雑音」の中から対応が必要なアラートを選別するための、Operations Managerアラート機能の調整
  • オーバーライドを活用したOperations Managerを調整するベスト・プラクティス
  • SCOMを利用したトレンド特定、キャパシティ・プランニング、予測のためのレポート作成
  • など
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年12月26日

企業によるデータ・センターの最新化とAlways-On Enterprise™のアベイラビリティの達成を支援するため、Veeam® Availability Suite™ v9では、Direct NFS Accessなど多くの機能を導入しました。この機能は、VMware環境のNFSデータストアからデータを転送するVeeamの専用転送モードです。VeeamのネイティブNFSクライアントはVMwareバックアップ・プロキシに置かれ、より高速なバックアップ、レプリケーション、リストアを実現します。しかも、ESX(i)ホストには一切影響がありません。

Veeam Backup & Replication™ユーザー・インターフェース内のVMwareバックアップ・プロキシからDirect Storage Accessまたは自動選択転送モードを選択すると、Direct NFS Access機能が自動的に実行されます。その他の明示的な2つのオプション(仮想アプライアンスとネットワーク)を選択すると、バックアップ、レプリケーション、Quick Migration、VMコピー、レプリカ・フェールバック、またはリストアの各ジョブの実行中、Direct NFS Accessは転送モードに関わるオプションとして除外されます。

この技術概要では、VMwareのエキスパートであり、Veeamの製品戦略マネージャーであるRick Vanoverが、Direct NFS AccessがVMware vSphereで動作する仕組みを詳述し、この強化機能を最大限に活用するための技術的なアドバイスを紹介します。Veeam Backup & Replication GUIでDirect NFS Accessオプションを構成する方法について紹介し、Direct NFS Access固有の要件について概要を説明します。さらに、Direct NFS、vSphereのカテゴリとタグを併せて使用する方法についても説明します。また、vSphere Webクライアントでカテゴリとタグを構成し、さまざまなVeeamのジョブに応じてVMまたはデータストアに適用する場合の指針を示します。このホワイト・ペーパーでは、バックアップ・ジョブの読み取りおよび書き込みI/Oなど、Direct NFS Accessを使って達成できるパフォーマンスの向上に関わる使用例と推奨事項も扱います。

Direct NFS Accessの使用方法やトピックの詳細については、この無料のホワイト・ペーパーをご覧ください。

  • Direct NFS Accessの構築と構成
  • NFSストレージ・システム用のvSphereのカテゴリとタグ
  • Direct NFS Accessの使用例
  • その他、多数
詳細についてはこちら
著者: Kirsten Stoner, Product Strategy Coordinator

Tier-1ビジネス・アプリケーションを展開する際、ハードウェア依存関係の低下、ワークロードの統合、可搬性、およびアプリケーション・パフォーマンスの向上など、多くの理由から大部分の管理者は仮想化を選択します。仮想化は、Microsoft Exchange、Active Directory、SharePoint、およびSQL Serverなどの重要なビジネス・アプリケーションをデータ損失なしで24時間365日利用できるようにする、適切な復元ツールを持っていることも意味します。

アプリケーションの整合性を維持したバックアップ・ツールは、Microsoft Exchange、SharePoint、SQL Server、およびActive Directoryなどのアプリケーションに対して有益です。これらはデータが肥大化する可能性があり、組織の運営に非常に重要なため、バックアップ中や復元中でもシステムを止めないことが求められます。データ全体の復元は必ずしも必要ではなく、むしろ完全な復元はダウンタイムやデータ損失をもたらす可能性があります。アイテムレベルの復元では、管理者はシステムを止めることなく1つまたは複数のアイテムをバックアップ・ファイルから選択できます。

このため、すべての管理者にとってアイテムレベルの復元が一番頼れる手段でしょう。Tier-1アプリケーション全体のリストアには非常に時間がかかりますが、ほとんどの場合では不要です。Tier-1の復元要求を満たすために、Veeam®が提供するアプリケーション専用のExplorerを使用し、アプリケーション特有の方法で個々のアイテムを復元することができます。

このホワイト・ペーパーを読んで、特定のアプリケーション・ワークロードの詳細と、Veeamを使用したアイテムレベルの復元方法を確認してください。その他、以下の点についても説明しています。

  • Veeamが提供する47の復元シナリオ
  • Tier-1アプリケーションのアイテムレベルの復元方法
  • データ損失の回避
  • その他、多数
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年10月12日
著者: Rick Vanover, VMware vExpert, MCP, MCITP, MCSA and Veeam Director of Technical Product Marketing & Evangelism

Veeam Explorer™ for Oracleによって、Veeam® Availability Suite™ v9はITの世界に旋風を巻き起こしました。最高のレベルでOracleデータベースのアベイラビリティを実現するこの新機能を使用するに当たり、いくつかの考慮事項があります。このホワイト・ペーパーでは、Rick VanoverがVeeam Explorer for Oracleを紹介し、このソフトウェアを使用するのに必要な条件やリストア機能の使い方について取り上げます。さらに、このホワイト・ペーパーでは以下の項目を含みます。

  • バックアップ・ジョブの設定方法
  • Veeam Explorer for Oracleを使ったリストア方法
  • 他のバックアップ製品がOracleのログを管理している場合の対処法

加えてこのホワイト・ペーパーでは、Veeamを使ってOracleデータベースをバックアップする最適な方法と、Oracleデータベースのリストアを最も効率的に実行する方法について説明します。最高レベルのアベイラビリティが求められる環境においてVeeamを検討すべき理由をご理解いただけることでしょう。

詳細についてはこちら

Veeam®とCiscoは連携し、Always-On Enterprise™のための高速で効率的な災害復旧を提供します。Cisco Unified Computing Systems(UCS)とVeeam Backup & Replication™によってあらゆるアプリケーションおよびデータについて<15分の復旧時間を実現する方法を見てみましょう。

このCiscoによるソリューションの概要では、どのようにVeeamとCisco UCSが連携しモジュール型の高密度ストレージ・サーバーのパフォーマンス、柔軟性および信頼性により、VMware vSphere環境およびMicrosoft Hyper-V環境を保護するかについて説明します。

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年8月24日

市場の混乱が収まるにつれ、新たなスタンダードが急速に定着しているため、新しいトレンドと専門家の知見を常に把握しておくことが重要です。詳細については、VeeamUPの2016年版をご覧ください。今すぐダウンロードして、以下の内容を含む最新の記事やニュースをご覧いただけます。

  • Veeam CEOのRatmir Timashevが、2016年のクラウド、技術、データ・センターを予測
  • ハイアベイラビリティを目指す - Volvoが顧客事例を共有
  • アベイラビリティのギャップ解消に必要な年間コスト1,600万ドルを回避
  • など
詳細についてはこちら
もっと見る