リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語のみ)
ホワイトペーパー
2016年10月12日
著者: Rick Vanover, VMware vExpert, MCP, MCITP, MCSA and Veeam Product Strategy Specialist

Veeam Explorer™ for Oracleによって、Veeam® Availability Suite™ v9はITの世界に旋風を巻き起こしました。最高のレベルでOracleデータベースのアベイラビリティを実現するこの新機能を使用するに当たり、いくつかの考慮事項があります。このホワイト・ペーパーでは、Rick VanoverがVeeam Explorer for Oracleを紹介し、このソフトウェアを使用するのに必要な条件やリストア機能の使い方について取り上げます。さらに、このホワイト・ペーパーでは以下の項目を含みます。

  • バックアップ・ジョブの設定方法
  • Veeam Explorer for Oracleを使ったリストア方法
  • 他のバックアップ製品がOracleのログを管理している場合の対処法

加えてこのホワイト・ペーパーでは、Veeamを使ってOracleデータベースをバックアップする最適な方法と、Oracleデータベースのリストアを最も効率的に実行する方法について説明します。最高レベルのアベイラビリティが求められる環境においてVeeamを検討すべき理由をご理解いただけることでしょう。

詳細についてはこちら

Veeam®とCiscoは連携し、Always-On Enterprise™のための高速で効率的な災害復旧を提供します。Cisco Unified Computing Systems(UCS)とVeeam Backup & Replication™によってあらゆるアプリケーションおよびデータについて<15分の復旧時間を実現する方法を見てみましょう。

このCiscoによるソリューションの概要では、どのようにVeeamとCisco UCSが連携しモジュール型の高密度ストレージ・サーバーのパフォーマンス、柔軟性および信頼性により、VMware vSphere環境およびMicrosoft Hyper-V環境を保護するかについて説明します。

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年8月24日

市場の混乱が収まるにつれ、新たなスタンダードが急速に定着しているため、新しいトレンドと専門家の知見を常に把握しておくことが重要です。詳細については、VeeamUPの2016年版をご覧ください。今すぐダウンロードして、以下の内容を含む最新の記事やニュースをご覧いただけます。

  • Veeam CEOのRatmir Timashevが、2016年のクラウド、技術、データ・センターを予測
  • ハイアベイラビリティを目指す - Volvoが顧客事例を共有
  • アベイラビリティのギャップ解消に必要な年間コスト1,600万ドルを回避
  • など
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年8月24日
著者: Michael van Horenbeeck, Microsoft Certified Solutions Master, an Exchange Server MVP

Microsoft Exchange Serverと仮想化は、両者とも登場してから長い月日が経ちましたが、Exchangeの仮想化はいまだに大きな議論を呼んでいます。それは、Exchangeの仮想化を成功させる方法について、ハイパーバイザーの観点から見たベストプラクティスと推奨事項は、必ずしもMicrosoftの観点によるものと一致しないためです。結果として、管理者は虚無感を抱くことが多くなり、どのアプローチが最適なのかを考え続けることになります。

このホワイト・ペーパーでは、基礎となるプラットフォームに関係なく、展開のサポート性を追跡しつつもExchangeを最適に仮想化する方法をお伝えします。ここで仮想化をしない理由は十分にありますが、適切な条件の下では、Exchangeが仮想化にうってつけであることを認識しておくことが重要です。

ここでは、アプリケーションの観点から、Exchange 2016を最適に仮想化する方法、およびさまざまな推奨事項やサポート声明について述べ、これらの推奨事項が非常に重要である理由について説明します。推奨事項と合致しない可能性はありますが、柔軟性には十分な余裕があるため、仮想化で提供される最適な機能を利用することができます。

このホワイト・ペーパーをお読みいただくと、次のことが可能になります。

  • 仮想化すべき時期と仮想化すべきでない時期の把握
  • Microsoftのベスト・プラクティスに従った、仮想化されたExchange 2016サーバーの適切な展開
  • Exchangeの組み込み機能によってデータを保護する方法、およびVeeam® Backup & Replication™を使用して簡単にデータを復元する方法の理解
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年8月18日
著者: Orin Thomas, Microsoft Press and Pluralsight Author, Microsoft MVP and Regional Director, Technical Raconteur

オフサイトの災害復旧に対する従来のアプローチと比較して、クラウドはさまざまな利点を提供します。バックアップ・メディアを別の場所に物理的に移動する必要性を減らすことができ、また、柔軟性が高く容量制限の無いストレージを低コストで利用できます。

パブリック・クラウド・プロバイダが複雑なオンプレミス環境のレプリケーション機能を強化し、ソフトウェア・ベンダーがDRaaSを実現するより強力なテクノロジを開発するにつれ、組織にとってDRaaSは従来の災害復旧サイトよりも有力な選択肢となってきています。

このエッセンシャル・ガイドでは、クラウド・バックアップと災害復旧に関連する課題について説明します。

  • 従来のオフサイト・バックアップと復元
  • クラウドのセキュリティに関する懸念
  • コスト増に関する懸念
  • クラウド・バックアップと災害復旧の管理と監視
  • DRaaSの利用
詳細についてはこちら

結果は明らかです。Veeamが提供するこの新しいIDCホワイトペーパーでは、VeeamとVMwareを組み合わせた環境において、仮想化の導入を促進するうえで相乗効果があるだけでなく有益だという、Veeamのお客様が何年も前から述べてきた感想が実証されたことが記載されています。1,200を超える世界中のVeeamを利用しているお客様を対象に調査を行った結果、以下のことが分かりました。

  • Veeamを使用した環境の目標復旧時間(RTO)は、VeeamなしのVMware環境に比べ、2倍以上向上
  • Veeamを定期的に使用した環境で達成した平均RTOは、企業のSLAを上回る時間を記録
  • VMware単独の環境に比べ、Veeamを使用した環境の目標復旧ポイント(RPO)は10倍高速
  • 調査対象企業の75%が、仮想化環境が増加した要因はVeeamであったと回答

このIDCホワイトペーパーで、VeeamとVMwareの相乗効果についてご確認ください。

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年6月30日
著者: Andrew Zhelezko, Veeam Technical Marketing Engineer

Active Directoryは強力であるだけでなく、その機能を最大限活用する方法を習得する価値があります。たとえば、Active Directoryオブジェクトの作成と削除は、システム管理者にとってもっとも頻繁な作業の1つです。その他にも偶発的な変更や意図的な削除などにより、管理者がActive Directoryオブジェクト、または属性のグループをリカバリする必要が生じる状況が多数あります。

このホワイトペーパーでは、上記のタスクを実行するためのさまざまなオプション、およびネイティブなWindowsツールと、Veeam® Explorer™ for Microsoft Active Directoryなどの外部ツールについて説明します。また、これらのツールで同じ操作を実行し、それらを比較しながら学習します。さらに、バックアップを説明することなく、リカバリ操作を説明することはできないため、バックアップ・プロセスについても学習します。

この無償のホワイトペーパーで、以下の手順を習得できます。

  • 廃棄済みオブジェクトを復元する
  • Active Directoryのごみ箱を安全に有効化および構成する
  • ネイティブなWindows Serverバックアップを使用してDC全体をバックアップおよびリストアする
  • Active Directoryデータベースを使用して削除済みユーザー・データのリストア、パスワードのリセット、および他のオブジェクトのエクスポートとインポートを行う
  • きめ細かなオブジェクトの復元を実現するためにActive Directoryスナップショットを活用する
  • DCのバックアップとリカバリおよびきめ細かなオブジェクトの復元をはじめ、より多くのことにVeeamを使用する
詳細についてはこちら
著者: Mike Resseler, Veeam Technical Evangelist

多くの人がさまざまな場所でさまざまな時間に、企業に属さない端末で作業しているため、 エンドポイント・バックアップは重要であり、 今後さらに重要性が増します。

エンドポイント・バックアップの戦略策定は、すぐに行う必要があるものではありません。環境内で保護の仕組みを 組み合わせることが理想的です。正しい認識が、 企業のデータ保護における適切なソリューション選定に役立ちます。

Veeam Endpoint Backup FREEは、Windowsベースのエンドポイントを保護するための優れたスタンドアロン・ソリューションです。 他社の追随を許さない価格(無料)で ファイル、フォルダ、ボリューム、またはコンピュータ全体を非常に簡単に保護でき、有償版で得られるのと同じ優れた信頼性が得られます。

詳細についてはこちら
著者: Eric Siebert, VMware vExpert

VMware vSphereのアーキテクチャは、サーバーのバックアップと復元に数多くの利点を提供します。仮想化の機能を利用してバックアップと復元を簡素化および効率化できるため、従来のバックアップ手法が変わります。また、バックアップ、VMのリストア、および災害復旧(DR)の柔軟性も向上します。

このホワイトペーパーでは、適切な方法や構成など、VMware vSphere環境でバックアップと復元を実行するのに役立つ10のベスト・プラクティスを紹介しており、バックアップを上のレベルに進めることができます。

また、データ保護戦略の一環としてクラウドを利用する方法や、重要なVMとデータの安全性を維持する方法を把握できます。

この無料のホワイトペーパーを参照すると、次のことを行う方法を理解できます。

  • 個々のVMware環境に適したバックアップ方法を選択する
  • ポリシー・ベースの制御による洗練されたデータ保護
  • VMware環境で発生する可能性がある問題を追跡し、トラブルシューティングを行う
  • その他多数
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年5月31日
著者: Rick Vanover, VMware vExpert, MCP, MCITP, MCSA and Veeam Product Strategy Specialist

ストレージへの投資を最大限に活用しながら、データ損失を防いで高速リカバリを実現します。新しいVeeam® Availability Suite™ v9は、ハイブリッド・フラッシュストレージEMC VNXおよびVNXeファミリとの統合により、Availability for the Always-On Enterprise™を実現します。ストレージ・スナップショットからのバックアップやVeeam Explorer™ for Storage Snapshotsなどの強力な機能により、可用性レベルを高く保つとともに、EMC Data Domain Boostの強化されたサポートを利用できます。

このホワイトペーパーを参照すると、VNXおよびVNXeストレージ・スナップショットの機能を活用し、バックアップ、レプリケーション、およびリストアにおいて新たな価値が得られます。次のことを理解できます。

  • この新しい統合により、データセンター内のどのような問題が解決されるのか
  • VNXおよびVNXeストレージ・アレイをVeeam Availability Suiteに接続する方法
  • すぐに成果が確認できる箇所
  • その他、多数
詳細についてはこちら
もっと見る