資料ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

資料の種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)
ホワイトペーパー
2020年6月29日
IDCは、Veeamのクラウド・データ・マネジメント・ソフトウェアとHPE Nimble Storageを組み合わせて構成されたソリューションの価値を検証し、数値化して、理解を深めるべく、このソリューションセットを利用する企業にインタビューを実施しました。

以下の調査結果をご覧ください。



  • 5年間で278%のROI
  • 損益分岐点まで7ヶ月
  • 5年間の運用コストを68%削減
  • データバックアップ量を3.5倍以上に
  • RPOを56%短縮
  • RTOを43%短縮
  • データのバックアップチームと復元チームの作業効率を72%向上
  • 計画外ダウンタイムを99.6%削減
詳しくは、ご登録のうえ、VeeamおよびHPE Nimble Storageの調査結果をダウンロードしてご覧ください。 詳細についてはこちら
Frost & Sullivan社によるデジタル変革についての調査の結果、企業の99%がこの変革のいずれかの段階にあることがわかりました。しかし、デジタル変革には次のような課題が伴います。
  • 57%のITリーダーが、デジタル変革に関する取り組みの導入を阻む要因として、「専門知識が不十分」を挙げています
  • ランサムウェア対策コストは、2021年までに200億ドルに達すると予測されています
  • 52%のITリーダーが、ITの取り組みを妨げる主な課題として、「クラウドへのアプリケーションやデータの移行」を挙げています このような課題を解決し、停滞するデジタル変革の取り組みを前進させ、企業の成功に必要な結果を得るには、どうすればいいでしょうか?
Frost & Sullivan社による新しいエグゼクティブブリーフでは、バックアップモダナイゼーション、データのセキュリティとコンプライアンス、ハイブリッドクラウドへの加速化を実現する方法をご紹介します。是非、ご一読ください。 詳細についてはこちら
ランサムウェアとの戦いは現実に起こっています。今日の組織には、ランサムウェアに対抗するための強力で多層的な防御と戦略が必要です。このホワイトペーパーでは、Veeam®のRick Vanoverが、データを保護し、データ消失や身代金の支払いが被害を逃れる唯一の手段とならないよう、組織にとって役立つ実用的な手順を説明します。
本ドキュメントで説明する戦略は、Veeam製品の設定方法やランサムウェアからの復元方法だけにとどまりません。問題が発生する前に、ランサムウェアに対抗するために利用できるツールや手法についてもご紹介します。 詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年6月16日
データ保護から人材活用の課題、事業継続性の懸念点やコストまで、データマネジメントの課題と成果について、Veeamは、1,500社を超えるグローバル企業を対象にした調査を実施しました。

その調査結果をまとめたレポートです。ぜひ、ご一読ください。 詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年6月16日
データ保護から人材活用の課題、事業継続性の懸念点やコストまで、データマネジメントの課題と成果について、Veeamは、1,500社を超えるグローバル企業を対象にした調査を実施しました。

こうした問題への対応方法について、ビジネスリーダーとIT部門の意思決定者の見解をご紹介します。 詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年4月27日

AWSバックアップの究極ガイド

データは自分で自分を保護してくれるわけではありません。Amazon Web Services(AWS)は、安全で信頼性の高いコンピューティングプラットフォームですが、データの消失が絶対に起こらないとは言い切れないのです。AWSバックアップに関する入門書の電子ブックを読み、データの保護について計画を立てる際には、ベストプラクティスを導入しましょう。 詳細についてはこちら
現在、多くの組織が仮想化されたITインフラストラクチャに依存しています。Veeam®は、それらの組織が自社のシステムで稼働する重要なワークロードのアベイラビリティを実現し、向上できるよう支援します。様々な要因により、仮想化できない物理サーバーや、仮想化されたシステム向けに構築されたバックアップソリューションを利用することで全体を保護できなくなるエンドポイントがあります。そのため、接続の切断、ハードウェアの不具合、ファイルの破損などの日常的に発生する障害のほか、ランサムウェアや盗難さえも、組織のデータを危険にさらす可能性があります。 Veeam Agent for Microsoft Windowsは 、大規模な物理および仮想の混在環境を運用する企業が抱えるギャップを解消することでこのような問題を解決し、クラウドベースのワークロードでアベイラビリティを実現することでワークロードのモビリティをさらに向上させます。
この資料では、以下について説明します。
  • Veeam Agent for Microsoft Windowsの主な概念
  • Veeam Backup & Replication™への統合によってエージェントを一元管理する方法
  • その他多数
詳細についてはこちら
2020年、データ保護を促進するうえで重要なポイントは、バックアップと復元だけではなく、クラウド、仮想、物理環境で他に類を見ないデータのアベイラビリティ、可視性、自動化、ガバナンスを実現することです。
現在のIT組織はイノベーションの更なる加速を目指しているため、従来のバックアップと復元のインフラストラクチャでは将来を見据えた取り組みに対応できません。
このレポートでは、2020年、強い影響力をもつ真の変化を組織にもたらす、成功への5つの原則をご紹介します。 詳細についてはこちら

Office 365データの保護が大切な理由を、わかりやすくレポートにまとめました。このレポートでご紹介する内容は、次のとおりです。

  • Office 365に対するMicrosoftの責任とIT組織の責任の確かな理解
  • Office 365のバックアップが重要である6つの理由
  • Office 365データを管理するのは誰か
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年3月4日

皆様の企業では、テクノロジーの停止に伴う収益や生産性の損失が発生しても平気ですか?競争の激しい市場において、そのような企業はほとんどありません。ITプロフェッショナルの多くは、ビジネスのダウンタイムという問題は、ワークロードをクラウドに移動さえすれば対処できるはずだと考えています。これは、クラウドプロバイダのセンターにある顧客のデータは、当然、クラウドプロバイダが保護してくれるだろうと考えているためです。しかし、実際は、企業のデータを保護するためにクラウドプロバイダができることには限りがあり、基盤となるインフラストラクチャに対してのみ責任を負うクラウドプロバイダがほとんどです。このようなバックアップ手法は、停止や障害発生時のデータ保護に適切な手段としては設計されていません。こちらのホワイトペーパーでは、クラウドのデータ保護に対する企業の責任についてご説明します。

  • 多数のクラウドプロバイダが採用している一般的な責任共有モデルなど、IaaSパブリッククラウド環境におけるデータ保護の必要性について
  • バックアップと復元の戦略として、クラウドプロバイダを利用するだけでは不十分な理由
  • 責任共有モデルが災害復旧とセキュリティの両方に与える影響とは
  • その他
詳細についてはこちら
もっと見る
本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

素敵な年末年始を

チャットは現在オフラインになっています。フォームに入力してください。後ほど、担当者よりお電話を差し上げます。

技術関連

全般およびライセンス

更新

販売

パートナーシップ

問題が発生した場合、または販売後の技術サポートが必要な場合
*適切な製品の選択に関してサポートが必要な場合は、「販売」チャットをお選びください

Webサイトについての説明、アップグレードのヒント、ライセンスやアカウントに関するサポート

Veeamとの契約更新についてご不明な点がございましたら、お問い合わせください。コストを最大限削減できる方法についてご説明します

追加ライセンス、価格の詳細、製品情報に関するお問い合わせ、その他の販売関連のご質問

パートナー登録のご依頼、または既存パートナー様からのサポートのご依頼

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

プライバシー通知。送信することにより、Veeamがお客様の個人情報をプライバシーポリシーに従って管理することに同意するものとします。
戻る

メッセージをお願いいたします


ご依頼をいただき、ありがとうございました。

Veeamの営業担当者からすぐにご連絡を差し上げます。

お問合せ先  new message