セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

NEW Veeam Backup & Replication 9.5

Veeam Availability Suiteの一部

Veeam Backup & Replicationに関するFAQ

Veeam Backup & Replicationとはどのような製品ですか?
Veeam® Backup & Replication™ 9.5では、1つの管理コンソールで、仮想、物理、クラウドVMware vSphereMicrosoft Hyper-VNutanix AHVを含む)のあらゆるワークロードのアベイラビリティを実現します。 アプリケーションおよびデータの高速かつ柔軟で信頼性の高い復元を提供するとともに、バックアップとレプリケーションを単一のソリューションに統合します。
Veeam Backup & Replication 9.5にはどのような新機能がありますか?

Veeam Backup & Replicationの最新リリースでは、複数のエリアでクラウド・サポートが拡張されており、場所を問わず、仮想、物理、クラウドのあらゆるワークロードを管理し保護する機能が強化されています。次のような新機能が含まれています。

  • 新登場のVeeam Cloud Tierによるネイティブのオブジェクト・ストレージ・インテグレーションで、長期データの保持コストを最大10倍削減
  • Veeam Cloud MobilityNEWで、オンプレミスやクラウドベースのあらゆるワークロードをAWS、Azure、Azure Stackに簡単に移行、復元
  • Veeam DataLabs™ENHANCEDで、GDPRやマルウェア防止など、セキュリティおよびコンプライアンスを強化
  • Microsoft Windows 2019のサポート
  • vSphereのRBACサポート
  • その他多数の機能。

9.5の新機能の詳細はこちら

Veeam Backup & ReplicationのVMware vSphere版とMicrosoft Hyper-V版では価格に違いはありますか?
ありません。Veeamは、すべてのハイパーバイザーに対して同一の価格を設定しています。また、ライセンスは、ハイパーバイザー間で簡単に切り替えることができます。
使用している仮想環境にvSphereとHyper-Vの両方が実装されている場合はどうなりますか?
Veeamのライセンスはハイパーバイザーが限定されていないため、どのハイパーバイザーを組み合わせても、管理し、保護することができます。
Veeam Backup & ReplicationからLinuxベースのエージェントとWindowsベースのエージェントを管理するには、どのようなライセンスとインストールが必要ですか?
エージェント管理機能を利用するには、Veeam Backup & Replicationと一緒にVeeam Agent for Microsoft Windows 2.1以降、Veeam Agent for Linux v2以降の再配布可能なパッケージのインストールが必要です。エージェント・ライセンスはサブスクリプション・ベースで利用可能で、LinuxまたはMicrosoft Windowsベースのワークロードに利用できます。
Veeam Cloud & Service Provider(VCSP)パートナーは、どこを見れば詳細がわかりますか?
エンド・ユーザーのお客様には、こちらのFAQをご利用いただけます。VCSP導入に特化した情報の詳細については、Veeam営業担当者にお問い合わせください。

ライセンス

ライセンス供与の基準やライセンス用語など、Veeamのライセンスに関する一般的な情報については、こちらを参照してください
Veeam Backup & Replicationのライセンス体系はどのようになっていますか?

Veeam Backup & Replicationのライセンスは、次の2つの方法で購入できます。

  1. ソケット単位の永久ライセンス(基本保守サポートまたは本番保守付き)をご利用いただく方法
  2. ポータブルなインスタンス・ライセンス(24時間365日のプロダクション・サポート付き)をご利用いただく方法

特定の機能は、環境やワークロードの性質によっては、サブスクリプション・ライセンスでしか利用できない場合があります。

Veeam Backup & Replicationの永久ライセンスは、バックアップ、レプリケーション、監視またはレポートの対象となる仮想マシン(VM)があるホストのCPUソケット単位でライセンス供与されます。ハイパーバイザAPIによって報告される、マザーボード上のソケットごとにライセンスが必要です。

インスタンス・ライセンスは、ポータブルなサブスクリプション・ライセンスで、バンドルで販売されています。これらのインスタンスは多数の製品やワークロードにわたり相互にご利用いただけます。1年~5年のインスタンス・ライセンス期間があり、インスタンス・ライセンス・バンドルを前払いで購入するか、1年ごとに支払うかをお選びいただけます。ポータブル・インスタンス・ライセンスの詳細はこちら

注:レプリケーション・ジョブおよび移行ジョブのターゲットとなるホストのライセンスは必要ありません。

個別にライセンス供与される製品コンポーネント(バックアップ・サーバー、バックアップ・プロキシ、バックアップ・リポジトリなど)はありますか?
ありません。製品コンポーネントは個別にライセンス供与されません。適切なソケット数分のライセンスを購入すれば、これらのコンポーネントを必要な数だけ実装できます。
環境内に複数のエディションを混在させることができますか?

できません。同じ環境で使用できるのは、Standard、EnterpriseまたはEnterprise Plusのエディションのうちいずれか1つだけです。また、1つのVeeam Backup Enterprise Managerで複数のロケーションを管理する場合、ライセンスを取得するエディションは、それらのロケーションですべて同一でなければなりません。

この要件は、マルチハイパーバイザー環境および、永久ライセンスやインスタンス・ライセンスが一部含まれる環境など、全てのVeeam Backup & Replication導入に適用されます。

既存のお客様がEnterpriseまたはEnterprise Plusにアップグレードしたい場合、1つにまとめたライセンス・ファイルを受け取るには、現行のライセンスをすべてアップグレードする必要があります。

9.5 Update 4のインストール時に、何か必要な処理はありますか?
はい。2019年1月22日より前に既にサブスクリプション・ライセンスをお持ちのお客様は、Veeam Availability Suite™、Veeam Backup & Replication、Veeam ONE™の9.5 Update 4のインストール時にライセンスファイルを更新していただく必要があります。この処理は、ユーザー・ポータルで行います。詳細は、サポートにお問い合わせください

アップグレード

ライセンスを別のエディションにアップグレードする方法は?
アップグレードするには、Veeamライセンス・ポータルにアクセスしてください。各エディションに含まれる機能については">エディションの比較表を参照してください。
ライセンスを9.5にアップグレードする方法は?
エディションをアップグレードする予定がなくても、9.5をインストールするには、新しいライセンス・ファイルが必要です。9.5のライセンス・ファイルをダウンロードするには、Veeamライセンス・ポータルにアクセスしてください。
永久ライセンスのサポートを更新するにはどうすればよいですか?
サポート契約を更新するには、更新のお見積り請求フォームに必要事項を入力してください。
「ライセンスの自動更新」とは何ですか。
ライセンスの自動更新は、Veeam Backup & Replicationのv7 patch 4からサポートが開始された機能です。この機能を有効にすると、Veeamのバックアップ・サーバー(または導入されている場合は、Veeam Backup Enterprise Managerサーバー)が、現在のライセンスの有効期限が切れる前にVeeamライセンス・ポータルにアクセスして、新しいライセンスを取得します。この機能を有効にする方法については、Veeam Backup & ReplicationのvSphere用ユーザーガイドまたはHyper-V用ユーザーガイドを参照してください。

他にご不明な点がある場合は、

ライブ製品デモをご覧いただくか、Veeamセールス担当者にお問い合わせください。