セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

クラウド・バックアップと&DRaaS

クラウドの活用によるデータ保護および災害復旧

オンプレミスのあらゆるデータをクラウド上で保護

データを保護してハイパー・アベイラビリティを確保するには、企業はデータをオフサイトでバックアップまたはレプリケートし、災害時にそのデータに簡単かつ安全にアクセスする方法が必要です。

Veeam®を使用すると、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、IBM Cloudなどのあらゆるパブリック・クラウド・プロバイダーや、マネージド・サービス・プロバイダーを利用してオフサイトでデータを保護することが可能です — いずれの場合も、セカンド・サイトを構築したり維持したりするコストはかかりません。また、Veeamを使用することで、災害復旧(DR)のためにクラウドを利用し、レプリケーションと組み合わせてRTOおよびRPO要件に対応できます。

クラウド・バックアップおよびDRaaS

クラウド上へ移行することで、オフサイトでデータを保護し、災害復旧を利用できます。
  • パブリック・クラウドへのバックアップ
  • サービス・プロバイダーへのバックアップ
  • オンデマンド復元のためのパブリック・クラウド
  • サービス・プロバイダーへのレプリケート

VTLによるAWSへのバックアップ

現在でも依然として多くの企業がテープ・インフラストラクチャを管理していますが、これはとても面倒なプロセスになる可能性があります。仮想テープ・ライブラリ(VTL)技術を用いることで、これらの企業はテープ・ロジックをクラウドへのバックアップに使用でき、テープからクラウドベースの最新のストレージ・システムへ移行することができます。

Veeamには、Veeam Availability Suite™と組み合わせることができる2つの強力な仮想テープ・ライブラリ(VTL)統合があります。Amazon Web Services(AWS)Storage GatewayとStarWind Cloud VTL for AWS and Veeamです。これらのVTLを使用すると、AWSオブジェクト・ストレージをスケーラブルで投資対効果の高いテープの代替手段として活用できます。ユーザー・プロセスには変更がなく、Glacierストレージに長期間保持しながらテープ・データをS3へ容易に送信することが可能です。

AWSへのバックアップ — 詳細はこちら

リモート・オフィス / ブランチ・オフィス(ROBO)環境のバックアップ

ROBO環境およびモバイル・ユーザーを抱える企業は、場所に関係なくあらゆるエンドポイント、リモート・ユーザー、およびリモート・オフィスの完全な制御を維持する必要があります。

Veeam® Cloud Connect for the Enterpriseを使用すると、データを一元化してVeeamによるバックアップの完全な制御を維持でき、これによってVeeamバックアップを複数の場所に存在する複数のオフィスからプライベート・クラウド(HQデータセンター)へ簡単に送信できます。

ROBO環境のバックアップ — 詳細はこちら

帯域幅の制限、データ量の急増、またはオフサイトのバックアップ・リポジトリの構築や維持に必要なリソースや予算の不足により、バックアップをオフサイトに保管することが困難な場合があります。 

Veeam®を使用すると、Veeam Cloud Connectを活用して、オフサイトの仮想または物理ワークロードをVeeam Cloud & Service Provider(VCSP)パートナーによって提供されたホステッド・クラウド・リポジトリに、安全なSSL接続を経由して簡単に送信できます。全て、オフサイト・インフラストラクチャを構築して維持するコストがかからず、しかも簡単に実行でき、追加のVeeamライセンスも必要ありません。

サービス・プロバイダーへのバックアップ — 詳細はこちら

Azureを使いこなしているユーザーに対しても、クラウドを初めて利用するユーザーに対しても、Veeam®はクラウドにおける次世代の復元技術をもってビジネス継続性とアプリケーションおよびデータのアベイラビリティの維持を可能にします。

Veeam® Recovery to Microsoft Azureを使用すると、パブリック・クラウドをオンデマンド復元サイトとして利用でき、あらゆる規模の企業が投資対効果が高いエンタープライズレベルの復元を手に入れることができます。この完全で即使用可能なソリューションは、Veeamバックアップにクラウド上への復元機能を提供し、ネットワーク構成を簡素化してMicrosoft Azureに完全な復元サイトを構築します。

Microsoft Azureへの復元 — 詳細はこちら

Disaster Recovery as a Service(DRaaS)ソリューションを戦略に組み込むことで管理が複雑化し、災害発生時の復元が不確実になる可能性があります。

Veeam®を使用したDRaaSの導入は、ハイブリッド・クラウドを通じて既存の仮想化およびストレージへの投資を活用する包括的な戦略の一環です。投資対効果が高く、効率的なイメージベースでのVMのレプリケーションにより、世界で最も信頼性の高いサービス・プロバイダーから、あらゆるアプリケーションに対する真のクラウドベースの災害復旧が提供されます(RTPOs < 15分)。

サービス・プロバイダーへのレプリケーション — 詳細はこちら

クラウド・バックアップと&DRaaSリソース

1.jpg

ホワイト・ペーパー

Veeam Cloud Connect Replication: き極めて強力かつ極めて簡単なDRaaS

今すぐ読む

 

2-1.jpg

ホワイト・ペーパー

クラウド・バックアップおよび&クラウド災害復旧の最大の課題に対処するための基本ガイド

今すぐ読む

3.jpg

ホワイト・ペーパー

Microsoft Azureでの復元:Veeam PNによって簡単になる4つの理由

今すぐ読む

 

4.jpg

アナリスト・レポート

クラウドによるデータ保護のベスト・プラクティス

今すぐダウンロード

Veeam Availability Suiteから始めましょう。

Veeam® Availability Suite™は、仮想、物理、クラウドなどのあらゆるワークロードに単一の管理コンソールからハイパー・アベイラビリティを提供し、ハイパー・アベイラビリティを実現したエンタープライズにアベイラビリティを提供します。

既にVeeam製品をご利用頂いていますか?

サービス・プロバイダーへバックアップを送信

サービス・プロバイダーを検索

Azureへバックアップを復元

VEEAM PN FOR MICROSOFT AZURE