ホワイトペーパー
2021年10月18日

Windowsおよび物理サーバーのバックアップのベストプラクティス

登録して読む

登録することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

Windowsおよび物理サーバーのバックアップのベストプラクティス
現在、多くの組織が仮想化されたITインフラストラクチャに依存しています。Veeam®はそれらの組織が自社のシステムで稼働する重要なワークロードのアベイラビリティを実現し、向上できるよう支援します。様々な要因により、仮想化できない物理サーバーや、仮想化されたシステム向けに構築されたバックアップソリューションを利用することで全体を保護できなくなるエンドポイントがあります。そのため、接続の切断、ハードウェアの不具合、ファイルの破損などの日常的に発生する障害のほか、ランサムウェアや盗難さえも、組織のデータを危険にさらす可能性があります。
Veeam Agentは、大規模な物理および仮想の混在環境を運用する企業が抱えるギャップを解消することでこのような問題を解決し、クラウドベースのワークロードでアベイラビリティを実現することでワークロードのモビリティをさらに向上させます。
この資料では、以下について説明します。
  • Veeam Agentの主な概念(Veeam Agent for Microsoft Windowsを中心に)
  • Veeam Backup & Replication™への統合によってエージェントを一元管理する方法
  • Veeam Agent for LinuxおよびVeeam Agent for MacとVeeam Agent for Microsoft Windowsの比較
  • その他多数