Active Directoryにおけるバックアップと管理のベストプラクティス

Active Directoryはユーザやコンピュータ等を統合管理するために非常に多くの企業、組織に導入されていますが、もしActive Directoryに障害が発生したり、管理データが失われた場合、その影響は非常に甚大となります。多くの組織では、そのような事に備えて「マルチドメインコントローラ(マルチDC)」で構成するなど対策を取られていらっしゃいます。また、新しいWindowsでは「ごみ箱機能」も備えており、誤削除してしまったADオブジェクトを復元することができます。ただ、Windowsの機能で提供されている「マルチDC」+「ごみ箱機能」では保護できない障害、管理データ損失パターンがあることを忘れてはいけません。Veeamが実施したウェビナー「Active Directory:管理とバックアップのベストプラクティス」のトピックをご紹介しながら、そのバックアップと管理のベストプラクティスについてご紹介します。 続きを読む
望月 秀人
望月 秀人

システムズ・エンジニア

ホワイトペーパーのご紹介:富士通株式会社 様

パートナー企業様にて様々なホワイトペーパーを作成されていらっしゃいます。各パートナー企業様の取り扱い製品とVeeamを組み合わせてのソリューションのメリットや実際にお使いになられる際のメリットや利用方法を各社の視点から記載されており、Veeam社視点ではお伝えしきれていなかった、お客様にとって新しい気づきとなるような点もあるのではと考えております。 続きを読む
望月 秀人
望月 秀人

システムズ・エンジニア