vSphere 6.5への正しいアップグレード方法

vSphere 6.5は2016年10月の初回リリース以降、これまで数か月にわたって広く入手可能です。ただし、誰もが興奮してすぐvSphere 6.5に飛びついたわけではありません。それにはもっともな理由があります。リリース時には、製品の互換性の問題がありました(NSXに注目です)。言うまでもなく、企業は問題を確実に回避できるように、最初のメジャー・アップデート・パッケージがリリースされるまで待つのが一般的です。とはいえ、早くから採用していたユーザーを苦しめた問題の多くは、ESXiとvCenterサーバー・プラットフォームのマイナー・パッチ・アップデートで解決されたようです。vSphere 6.5 VCSA(vCenter Server Appliance)は、vSphere用に最適化された最軽量のLinuxコンテナ・ホストであるVMware Photon OSに移行しました。vSphereユーザーである私たちにとって、これは、VCSAプラットフォームのアップデートがより素早く頻繁に出ることを意味します。この記事の執筆時点では、VCSAの6回目のマイナー・リリースである6.5.0eになっています。アップデートはほぼ月に1度の頻度でリリースされています。

どのようなプロジェクトでも、計画段階が成功の鍵を握ります。プロジェクトは念入りに計画し、潜在的な問題は実装段階の前に特定します。プロジェクト実装の所要時間もこの段階で定義します。

続きを読む