vSphere 6.5は2016年10月の初回リリース以降、これまで数か月にわたって広く入手可能です。ただし、誰もが興奮してすぐvSphere 6.5に飛びついたわけではありません。それにはもっともな理由があります。リリース時には、製品の互換性の問題がありました(NSXに注目です)。言うまでもなく、企業は問題を確実に回避できるように、最初のメジャー・アップデート・パッケージがリリースされるまで待つのが一般的です。とはいえ、早くから採用していたユーザーを苦しめた問題の多くは、ESXiとvCenterサーバー・プラットフォームのマイナー・パッチ・アップデートで解決されたようです。vSphere 6.5 VCSA(vCenter Server Appliance)は、vSphere用に最適化された最軽量のLinuxコンテナ・ホストであるVMware Photon OSに移行しました。vSphereユーザーである私たちにとって、これは、VCSAプラットフォームのアップデートがより素早く頻繁に出ることを意味します。この記事の執筆時点では、VCSAの6回目のマイナー・リリースである6.5.0eになっています。アップデートはほぼ月に1度の頻度でリリースされています。

どのようなプロジェクトでも、計画段階が成功の鍵を握ります。プロジェクトは念入りに計画し、潜在的な問題は実装段階の前に特定します。プロジェクト実装の所要時間もこの段階で定義します。

vSphereアップグレード・プロジェクトでは、既存のvSphereインフラストラクチャに関わる環境内のものをすべて調べます。おおまかに言うと、ESXiホスト、ストレージ・アレイ、ネットワーク機器などや、Veeam Backup & Replication、モニタリング・ソフトウェア、ほかのVMware製品(Horizon View、vRealize Operations、NSXなど)といったソフトウェア統合が挙げられます。RV Toolsを使用すると、この情報の一部を取得できます。ホスト・モデルや仕様については、このツールと最新のvCenterバージョンを使って収集できます。この情報が重要な理由をさっそく説明しましょう。

vSphere 6.5 upgrade

アセスメントが終わったら、インフラストラクチャの全項目をハードウェア、VMwareソフトウェア、その他のソフトウェアに分類します。

ハードウェアの計画

VMware Compatibility Guide』に目を通し、vSphere 6.5インフラストラクチャの基盤にするハードウェアが互換性リストにあることを確認します。前述のRV Toolsで特定したDell R630サーバーの場合、互換性は次のようになります。

vSphere 6.5 upgrade

 

[Systems/Servers]ドロップダウン・リストを見てください。この項目は、[SAN/Storage]などほかのタイプの項目に変わることがあります。

vSphere 6.5 upgrade

自社ソリューションを検証してリストに追加するかどうかはベンダーにかかっています。リストにデバイスがない場合は、ベンダーに問い合わせてください。

VMwareソフトウェアの互換性

VMware Product Interoperability Matrices』が役立ちます。vCenter 6.5とHorizon View 6.2の例で実行してみましょう。以下からわかるように、これらの2つのソリューションは相互互換性がありません。

vSphere 6.5 upgrade

そうなると、サポート対象のVMware製品のアップグレード・パスに関する記事の『VMware Update sequence for vSphere 6.5』を確認する必要がでてきます。上記の例の場合、View Connection ServerをvCenter serverの前にアップデートする必要があります。

vSphere 6.5 upgrade

VeeamによるvSphere 6.5のサポート

Veeam Backup & Replicationは、初期リリースからわずか3か月後、2017年1月にリリースしたVeeam 9.5 Update 1でvSphere 6.5をサポートしました。ただし、その3か月間、2016年にvSphere 6.5に飛びついた多くのユーザーは、仮想マシンをVeeamでバックアップできない状況に陥ってしまったことにすぐに気付きました。これは、プロジェクトの実装段階に移る前にアップグレード・プロセスを計画することがなぜ重要なのかを示す1つの良い例です。vSphere環境に統合しているソフトウェア・ベンダー全社に、その製品がテストおよびサポートされているかどうかを確認してください。

ハードウェアとソフトウェアの互換性に関してはこれで準備万端です。今度は、アップグレード・プロセスでほかの問題がないかオンライン・チェックを実行してみましょう。たとえば、この記事の執筆時点では、vSphere 6.0 U3からvSphere 6.5への直接のアップグレード・パスはありません。最後のハードルでつまずくのは、このようなことが原因です。

話をまとめると、アップグレード後にすべてを確実に機能させるには、とにかく調査の上に調査を重ねることが重要だということです。アップグレード中に問題につまずくよりも、事前に問題を排除しておいた方が楽です。これらのおおまかなステップに従えば、アップグレード・プロジェクトの成功は折り紙つきです。

その他の参考資料:

 

GD Star Rating
loading...
vSphere 6.5への正しいアップグレード方法, 5.0 out of 5 based on 1 rating

Veeam Availability Suite — 30日間の評価版をダウンロード

今すぐダウンロード