暗号化を行うトロイの木馬、ランサムウェアなど:保護と可用性を今すぐ入手

暗号化を行うさまざまな形態のトロイの木馬に関する報道が急増しています。こうした脅威は、感染したシステムから金銭を奪うことを目的とし、別名、身代金を意味するランサムウェアとして知られています。

現在、企業を攻撃するためにLocky、TeslaCrypt、CryptoLockerなどのトロイの木馬型マルウェアが使用されています。

多くの場合に、このセキュリティ侵害の入り口となっているのが、Webブラウザとそのプラグインにあるセキュリティのループホールか、または不注意で開いてしまった電子メールの添付ファイルです。ランサムウェアがいったん企業に入り込むと、凄まじい速さで広まり、貴重なデータが暗号化されてしまうことがあります。FBIは、CryptoLockerやその他のトロイの木馬によって引き起こされるデータ消失に対する効果的な保護を実現するため、ランサムウェアに対する堅牢なバックアップおよび復元戦略を導入することを企業に推奨しています。

続きを読む