ストレージスナップショットから のバックアップ

  • ストレージスナップショットから直接バッ
    クアップとレプリカを作成
  • 生産性を低下させることなくデータ消失を最小化
  • 世界トップレベルのストレージプロバイダーとの統合
  • 15分ごとのバックアップとレプリカ

低RPOでのVMware vSphereの高速バックアップ

Veeam® Backup & Replication™と世界トップレベルのストレージプロバイダーの組み合わせにより、ハイアベイラビリティを実現します。営業時間中でも本番環境にほぼ影響を与えずに、必要な頻度でスナップショットから真のバックアップとレプリカを作成できます。

ストレージスナップショットからのバックアップ
		ストレージスナップショットからのバックアップ

ビジネスごとのストレージパートナー

Veeamのストレージパートナーは拡大を続けているため、ほぼ全てのビジネスでスナップショットを活用して本番への影響を減らし、RTOとRPOを短縮することができます。
パートナー
ストレージ
ストレージスナップショットからの
バックアップ
スナップショットの保持による
ストレージスナップショットからのバックアップ
Veeam Explorer for
Storage Snapshots
On-Demand Sandbox
for Storage Snapshots
プライマリスナップショットのオーケストレーション セカンダリスナップショットのオーケストレーション
Cisco HyperFlex            
Dell EMC
Unity, VNX, VNXe            
SCシリーズ*            
Fujitsu ETERNUS DXおよびAFシリーズ*            
Hewlett Packard Enterprise
(HPE)
3PAR StoreServ           **
StoreVirtual            
Nimble Storage           ***
Huawei OceanStor*            
IBM
Spectrum Virtualize、Storwizeファミリー、SVC
           
Nシリーズ           ***
INFINIDAT 
InfiniBox*
           
Lenovo
Vシリーズ            
DMシリーズ
          ***
NetApp
FASおよびAFFシリーズ           ***
HCIおよびSolidFire*
           
Pure Storage
FlashArray*
           
Western Digital IntelliFlash*            

* 別途プラグインのダウンロードが必要
** Peer Persistentのターゲットのスナップショット作成
*** スナップショットのレプリケーション

:上記の統合ストレージソリューションを使用するコンバージド・インフラストラクチャ・プラットフォームは全てサポートされています。

VMware vSphereバックアップの大幅な改善

VMware vSphereスナップショットの取得は仮想マシン(VM)のパフォーマンスを大幅に低下させる可能性があり、SLAに対応するのに多大な努力が必要になります。

Veeamは、本番ストレージとの組み込み統合とストレージスナップショット機能の活用で、vSphereスナップショットの削除によりバックアップおよびレプリケーション時の環境への影響を軽減することで、このプロセスを改善します。

I/O負荷の高いワークロードの場合、1日1回のバックアップにこだわる必要はありません。バックアップとレプリカを15分ごとに行えばよいのです。


ジョブはVMスナップショットをほんの少しの間しか保持しないため、VMスナップショットは瞬時にコミットされます
		ジョブはVMスナップショットを少しの間しか保持しないため、VMスナップショットは瞬時にコミットされます

環境への影響を軽減

多くの場合、ストレージスナップショットは、本番環境に対する影響を最小限に抑えて取得できますが、これだけではバックアップソリューションにすることはできません。万一ストレージ自体が停止したり、破損したりしたらどうなるでしょうか。ストレージベースのレプリケーションを使用している場合でも、単一障害領域の外でデータを保管する必要があります。多くのお客様が、バックアップをさらに別のストレージにも保存しようとするのはこのためです。

Veeamでは、アプリケーション整合性バックアップというvSphereスナップショットの長所と低RPOというストレージスナップショットの長所が生かされています。以下を実現できます。

  • バックアップを用件に応じた頻度で実行し、RPOを大幅に向上
  • プロセスをスピードアップし、競合他社製品の最大50倍の速度でのストレージスナップショットからバックアップ
  • バックアップアクティビティが本番環境に与える影響を大幅に軽減

Veeamブログで、ストレージスナップショットに対するサポートの詳細をご紹介しています。

動作のしくみ:

Veeam Backup & ReplicationはストレージプロバイダーやVMwareと連携して、ストレージスナップショットからバックアップとレプリカを作成します。バックアップ/レプリカのジョブ:

  1. ジョブ内のどのVMが、サポートされるストレージ上にディスクを持つか分析します。
  2. 同一のストレージボリュームに配置されている全てのVMのvSphereスナップショットを作成します。(vSphereスナップショットの一部として、各VMに対するVeeamのアプリケーション認識処理が通常通り実行されます。)
  3. 全てのVMスナップショットが作成されたら、上記のストレージボリュームのスナップショットを作成します。
  4. ステップ2で作成されたVMスナップショットのCBT情報を取得します。
  5. 本番VM上のvSphereスナップショットの削除を開始します。
  6. ストレージファブリックに接続されているバックアッププロキシにスナップショットをマウントします。
  7. 仮想ディスクの新しいデータブロックと変更されたデータブロックをストレージスナップショットから直接読み取り、それらをバックアップリポジトリまたはレプリカVMに転送します。
  8. 全てのVMがバックアップされたら、ストレージスナップショットを削除します。

結果として、VMがスナップショットを保持する時間は可能な限り短くなる一方、ジョブは、ストレージスナップショット上に保持されているVMスナップショットファイルからデータを取得します。このため、VMスナップショットからバックアップする従来の方法のように、VMスナップショットが肥大化する可能性はなく、マージ処理の余分なI/Oによって本番ストレージに過負荷を生じることなくスナップショットを素早くコミットすることができます。


ストレージスナップショットからのバックアップのしくみ
		ストレージスナップショットからのバックアップのしくみ

Veeam Explorer for Storage Snapshots
によるストレージスナップショットからの復元

バックアップは、復元できなければ意味がありません。Veeamを使用すると、ストレージスナップショットからのきめ細かな復元を含めて、ほとんど全ての復元シナリオに対応することができます。